RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12-07-16 #01  JR津軽線  〔青森県〕

08 05, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
120716_1.jpg
2012年7月16日(月)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。
3日目第1回は、雨の青森駅から。
津軽半島の北端・三厩(みんまや)駅までを結ぶ、未乗路線のJR津軽線(つがるせん)の旅。
6:16発の下り始発列車でスタートです。

120716_2.jpg
青森を発ってしばらくは建設中の北海道新幹線を左に、やがて陸奥湾を右に見ながら北上。

120716_3.jpg
6:55、蟹田(かにた)駅でこの気動車に乗り換え。

120716_4.jpg
7:07の発車まで蟹田駅舎を見に外へ出てみます。太宰治は小説『津軽』で「蟹田つてのは、風の町だね。」などとのたまってるけど、この日はただ雨が降りしきるのみ。

120716_5.jpg
天気の悪い三連休でした。

120716_6.jpg
蟹田から最初の停車駅、中小国(なかおぐに)。津軽線と、青函トンネルへと向かう海峡線との分岐駅。

120716_7.jpg
実際に分岐するのは中小国駅の先の、新中小国(しんなかおぐに)信号場。右手に分かれていくのが海峡線。
青函トンネル経由で函館へと向かう特急・寝台特急・貨物列車はみんな海峡線へ。路線の管轄も、まだ青森なのにこの先からJR北海道。

120716_8.jpg
さて、先の信号場で分岐した当の津軽線の方は、電化もされていない単線に。

(つづく)

撮影日:2012年7月16日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 12-07-16 #02  津軽線 三厩駅  〔青森県〕 ダニエルラノワ@ビルボードライブ大阪 »

- Comments
2 Comments

こんばんは。

一度訪問した蟹田駅は外装変わりましたね。
新幹線開通が絡んでのリニューアルだと思います。

特急からは先頭の展望出来ないんですが信号所の表情が見れる普通列車は少ない本数ながらも貴重な画を見れてありがたいです。

新中小国から高架線に入ると青函トンネル通って北海道だという楽しみと期待を持ってしまいます。

by burning s | 08 05, 2013 - URLedit ]

★burning sさん

こんばんは。
蟹田駅、Wikipediaの写真なんかを見ても、カタチはそのままに外観がリニューアルされたみたいですね。
北海道新幹線が開通してもほとんど関係も実益もなさそうな駅ですけども(苦笑)。

確かに、現在この信号場を前面展望できるのは津軽線の普通列車だけかもしれませんね。
実を言うと、雨のせいで側面窓があまりにも曇りすぎて何も見えないような状態だったので、
止むを得ずデッキに立って前面展望を眺めることにしたんですけど、怪我の功名でした(笑)。

by Kyo-to | 08 06, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。