RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-09-04 #05  養老鉄道終点 揖斐駅  〔岐阜県〕

09 18, 2013 | 養老鉄道

8 Comments
100904_36.jpg
2010年9月4日(土)、3年前の蔵出し近県私鉄散歩旅。
第5回、大垣(おおがき)駅からはいよいよ養老鉄道の終点、揖斐(いび)駅へ。
揖斐より到着したデンシャから結構な数のお客さんが降りてきます。

100904_37.jpg
再び揖斐へ折り返すデンシャに乗ったワケですが、同じかそれ以上の数のお客さんが入れ替わって座席にあぶれました(泣)。養老駅以降、学生さんが目立ちますが、下校時間と重なったみたいですねどうも。

100904_38.jpg
車内の喧騒とは無関係に、車窓は長閑。

100904_39.jpg
大垣から20数分、ほとんど乗客が減らないまま終着駅の揖斐に到着。

100904_40.jpg
揖斐(いび)駅舎。大正8年、初代養老鉄道養老線全通時に開業。型はオーソドックスだけど、ローカル線の終着駅はこうであって欲しいと思えるナイスな木造駅舎。

100904_41.jpg
起点の桑名から57.5km、養老鉄道の終点です。


100904_42.jpg
さて、養老鉄道全線完乗は果たしましたが、気になる駅舎がまだあったので揖斐から折り返して訪問。
大垣駅の西隣、西大垣(にしおおがき)駅です。大正2年開業の駅。

100904_43.jpg
養老駅でさえメッキも眩しい鉄パイプ製だったのに、改札口のラッチが木製!

100904_44.jpg
風格はやはり養老駅がピカイチですが、この日訪問した中ではこの西大垣駅が最も、えも言われぬ雰囲気をかもし出している駅舎だと思いました。

100904_45.jpg
養老鉄道の車庫も併設されていて、ラビットカーが遅い昼休み(午後3時前だった)をとっていました。
(車庫内に立ち入ってるように見えますが、ホームからの撮影です)

(つづく)

撮影日:2010年9月4日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« お知らせ 10-09-04 #04  養老鉄道 大垣駅へ  〔岐阜県〕 »

- Comments
8 Comments

おばさんが、しつこくコメントしてごめんなさい。揖斐駅先月訪問したばかりなのに懐かしいです。実は、その日高山本線が大雨で遅延し予定していた樽見鉄道に乗り遅れ、仕方なく養老鉄道に乗りました。ところが、揖斐駅が思いのほか風情があって、気落ちしていた心を癒してくれました。 kyo-toさんの魂込めて撮るという言葉、胸に刺さりました。息子に、お母さんは無駄撮りが多すぎる。と言われます。魂込めてきちんと撮ってないと反省しました。kyo-toさんの写真は魂が込もっているから、素晴らしい写真なのですね。それから地球からの警鐘説は、オバ鉄も賛同いたします。それでも、鉄旅続けてますけど(笑い)

by オバ鉄 | 09 18, 2013 - URLedit ]

こんばんは
なんとなんと養老鉄道ってすんばらしい路線ぢゃないですか!!
西大垣駅は特に要チェック!です。
現役の木製ラッチに萌えました。

前回記事の自転車だらけの車内は一瞬海外の写真?
と思いましたよ(笑)

いつだったか、都内のJR駅(何処だか忘れたけど)で
「JR線の電車内に自転車は持ち込めません」といった貼紙がありました。
地方鉄道で乗りなれた若者が上京して
ある日自転車と一緒にJRの改札口に現れたのでしょうか?

by nori | 09 18, 2013 - URLedit ]

★オバ鉄さん

こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありません。

いえいえ、コメントはいつでもお気軽に。ありがたく拝読しております。
っていうか、他の方への返信コメントまで読んでいただいてて恐縮です(笑)。

魂込めて、なんてよく考えたらめっちゃエラそうなこと書いてましたね僕(苦笑)。
いや、僕も無駄なカットいっぱい撮ってますよいつも。それも含め、一日千枚前後は撮ります(笑)。
その中から比較的マシなのを選んで載せてるので、何となく良さ気に見えるかもしれません。
数打ちゃ当たる、的なやり方です(笑)。
ただ、「好き」という気持ちとそれをどうしたら一番イイ感じに撮れるか、
ってことだけは忘れないようにしてます。じゃなかったらただのメモなので(笑)。
とか言いつつ、疲れてくると雑になって「メモ」が増えたりしますけども(笑)。

そうですか、養老鉄道にはそんな経緯で乗られたんですね。
でもホント、揖斐駅は風情のある癒やされる終着駅ですよね。
駅舎のある駅にはちゃんと駅員さんが居るのも養老鉄道のイイところです。

by Kyo-to | 09 20, 2013 - URL [ edit ]

★noriさん

こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありませんでした。

養老鉄道、訪れたときもイイと思ってましたが、
こうして3年も経ってからまとめても改めてイイなと感じました(笑)。
西大垣駅はJR大垣駅から歩いても行ける距離にある駅ですけど、
ここはぜひ、養老鉄道の応援のためにフリー切符などをちゃんと購入して、
そして歩いて行って下さい(何でやねん)。

貼り紙のエピソード、面白いですね。
輪行(分解して運ぶサイクリスト)の可能性も考えられますが
貼り紙までするぐらいだから、それなりの事例が発生してるんでしょうね。
昨今問題になってるようなツイッターのネタのためじゃなければ(笑)、
やっぱり地方で自転車持込が当たり前の環境で育った人たちかな?

by Kyo-to | 09 20, 2013 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 09 21, 2013 - [ edit ]

こんばんは。
養老鉄道の記事、楽しく拝見しています。
大阪の難波や上本町、阿倍野橋のターミナル駅とは全然違う雰囲気、関東の僕には近鉄はなかなか縁のない路線ではありますが、流石に長距離を保有している鉄道会社だけあって、表情も豊かなのだと感じました。
今では近鉄から切り離された路線ですが、雰囲気は変わっていないようですね。
揖斐駅の終点、線路が途絶えるところのお写真、味があって好きです。
機会を見つけて、訪れてみたい路線が、また一つ増えてしまいました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 09 23, 2013 - URLedit ]

★鍵コメさん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

拙ブログへの嬉しいご評価、本当にありがとうございます。
実は当方も足跡から時折お邪魔させていただいてましたが、
「乗り鉄」的な意味においても大先輩ですね!
またHNなどから漂うRockなニオイも(笑)、僕も音楽好きなのでシンパシーを感じます。

お申し出をいただいた件ですが、もちろん快くお受けいたしますよ~。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

by Kyo-to | 09 26, 2013 - URL [ edit ]

★風旅記さん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

国内の私鉄最長路線網を持つ近鉄、この年(2010年)秋に全線制覇したんですが
それもまたお蔵入りしたままです(滝汗)。
おっしゃる通り、路線ごとに異なるような様々な表情を持つ鉄道でしたけど、
経営分離された養老鉄道はまた一層味わい深い趣きがありました。

というか、三岐鉄道北勢線や伊賀鉄道もそうですが、
近鉄が不採算で手放した路線ゆえに古の私鉄の面影が強く残っているというのが
また何とも皮肉というか、そうしたものを好む僕のような者にとっては嬉しくもあり、
ビミョーな心情ではありつつも声を大にしてオススメしたくなります(苦笑)。
風旅記さんもぜひ、養老鉄道へご訪問なさってみて下さい。

by Kyo-to | 09 26, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。