RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-09-04 #08 END  樽見鉄道終点 樽見駅  〔岐阜県〕

09 29, 2013 | 樽見鉄道

2 Comments
100904_66.jpg
2010年9月4日(土)、3年前の蔵出し近県私鉄散歩旅も、今回が最終回。
名鉄谷汲駅跡への寄り道を終え、再び樽見鉄道の谷汲口駅から終点の樽見駅を目指します。
まだ9月のはじめとはいえ、もう夕方5時過ぎ。時間的にも樽見鉄道の旅は終点までの往復で終わりそうです。

100904_67.jpg
谷汲口駅から乗ったのは、2008年3月末に廃線になった兵庫県の三木(みき)鉄道からやって来た車両。車体側面にラッピング広告など入っているものの、基本的に車内も含めて三木鉄道の頃のままで、ちょっと嬉しかったです。

100904_68.jpg
山間の集落にも夕暮れが迫っています。

100904_69.jpg
ずっと寄り添ってきた根尾川も、「渓流」と呼べるほどの上流域まで遡ってきたようです。

100904_70.jpg
そして終点・樽見駅に到着。起点の大垣駅からは1時間ほど。

100904_71.jpg
駅は樽見の集落を見下ろす位置にあります。

100904_72.jpg
駅前はバスロータリーと待合所的なものしかなく、この写真の右手にあった駅舎も2007年春に不審火で全焼してしまったという、ちょっと寂しい場所。

100904_73.jpg
大垣から34.5km、行き止まりの終点。大正時代は何と金沢まで繋ぐ計画もあったそうですが、国鉄樽見線時代の終点・神海(こうみ)駅からここまで延伸されたのでさえ平成元年(1989年)のことでした。

100904_74.jpg
滞在時間わずか10分ほどでまた同じデンシャで大垣へと折り返します。

100904_75.jpg
国鉄時代の終点・神海駅(当時は美濃神海駅)で列車の行き違い待ち。ここはぜひ訪問したかった駅なんですが、国鉄な雰囲気の残るホームに降り立てただけでよしとして、次回の楽しみに。

100904_76.jpg
大垣に近い平野部へ戻ってきた頃にはもう夕闇が迫っていました。

100904_77.jpg
大垣駅に帰着。折り返す便にそれなりの乗客の列ができているのはホッとする光景です。


100904_78.jpg
これにて今回の養老・樽見の2私鉄の旅は終了。大垣駅からの帰りはJR東海道線経由で。

日帰り旅なので10回以内に収めようとしてそれは叶ったものの、更新間隔が間延びした結果、やはりいつも通り冗長な印象になってしまったと思われますが(汗)、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回からは久々にお蔵入りモノではない「最新」旅の模様をお伝えできるかと思います。

(おわり)

撮影日:2010年9月4日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2010-09-04   2010年9月 近県私鉄散歩旅index 10-09-04 #07   名鉄谷汲駅跡   〔岐阜県〕 »

- Comments
2 Comments

キョートさん、こんにちは。
樽見鉄道は、私にしてみれば神海~樽見は「新しい」鉄道の部類です。最初の訪問は1982年の8月で、神海~樽見の区間は未成線でした。確かに延伸計画はあるものの、本当に開通するのか半信半疑でしたが、と言うより本当に現在の姿があるのが信じられないくらいの雰囲気でした。

未乗車区間の制覇の為2008年に再訪してますが、やはり大垣~神海は国鉄時代とほぼ同じ姿でかなり懐かしかったです。それがキョートさんは日帰り圏内なんて素晴らしいですね。ちなみに私が訪問の際の乗車した列車は下から4番目のお写真の神海に停車中の列車です。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 09 30, 2013 - URLedit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんばんは。せっかく初コメント戴いてたのに、お返事が大変遅くなって失礼しました。

ダイヤモンド☆トナカイさんは僕にとっては大先輩にあたるワケで、
JRは既に全線制覇、その他も沖縄ゆいレール以外は全部乗られてるんですよね!
1982年なんて、僕は樽見線なんてものが存在することすら知らずに、
近所の野池や川にチャリンコで通うような釣り少年でした(苦笑)。
つい数年前まで鉄道自体にも何の興味も持ってませんでした…。

今回、この旅で乗車した際も、神海~樽見は乗客もほとんど皆無で、
よく延伸できたなぁ、とかしみじみ思ったものでしたが、
ダイヤモンド☆トナカイさんが未成線時代に半信半疑だったというのも頷ける気がします。
でも、それだけ鉄道経験が豊富でいらっしゃるので、そんな風に再訪された際にも
当時との違いを悲喜こもごも感じることができるのが羨ましいです…。

by Kyo-to | 10 04, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。