RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山地方鉄道  東新庄駅  〔富山県〕

09 11, 2008 | 富山地方鉄道

4 Comments
h_shinjoh1

越中デンシャ旅2日目、最終回。
富山地方鉄道本線・東新庄(ひがししんじょう)駅です。

h_shinjoh2

h_shinjoh3

h_shinjoh4

h_shinjoh5

終点・電鉄富山まで2駅、稲荷町のお隣のこの東新庄駅で約1ヶ月も(ブログ上で)続いた富山地方鉄道の旅をひとまず終わりにします。長々とお付き合いありがとうございました。
個性的で訪ね甲斐のある駅ばかりで、本当に楽しい地鉄の旅でした。降り残した駅もたくさんあるので、再訪を誓ったことは言うまでもありません。

1枚目=インパクトあり過ぎの駅舎正面。
2枚目=駅舎全景。瓦屋根なのに大胆なこのファサードのデザイン!
3枚目=駅舎内から駅前を見たところ。
4枚目=ホームから見たのと全然印象の変わる駅舎です。
5枚目=電鉄富山方面へ去って行く地鉄の電車。一日どうもありがとう。また会う日まで。


地鉄を訪れるキッカケにもなった、『新NOBUNOBU写真談』というブログの地鉄情景写真には、僕が今回訪ね損ねた駅やまったく違った視点の地鉄写真がいっぱいなので、ぜひご覧になってみてください。
また、訪問前の下調べに利用した『北陸の私鉄』というサイトの地鉄のページには、行かなくていいんじゃないか(笑)と思えるほど充実した情報が満載なので、地鉄に興味が湧いたという方はこちらも併せてどうぞ。

撮影日:7月20日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ←10位/385サイト中(9、10日現在) ありがとうございます

« JR氷見線  〔富山県〕 富山地方鉄道  越中荏原駅  〔富山県〕 »

- Comments
4 Comments

Kyo-toさんが見てこられた、富山地方鉄道のたくさんの駅舎を ひとつひとつ、丁寧に紹介して頂きありがとうございました。
どれも 素晴らしいものばかりで毎回。。感動させて頂きました。更新が楽しみでした。

この駅もまた個性的。
どの駅も、それぞれに、魅力がありますね。

地鉄のサイトも、、『新NOBUNOBU写真談』も拝見させて頂きました。
何日もかけて、ゆっくり訪れてみたい私鉄ですね。

 私も、きっといつか。。と思っています。

by yume | 09 11, 2008 - URLedit ]

こちらこそ、楽しんでいただけてたら幸いです。
画一的で無味乾燥な昨今の駅舎へのアンチテーゼのように
存在の許されている地鉄の駅舎群。
ぜひ今度はご自身の目で堪能してみてください。

by Kyo-to | 09 12, 2008 - URLedit ]

こんにちは。
過分なご紹介いただき、ありがとうございます。

自分も地鉄は大好きです。
とにかく、これだけの規模で、色々残っている鉄道は
多分ここが日本最後でしょう。

Kyo-toさんも、すっかりはまられたご様子。
富山は路面電車も複数あるし、
本当に楽しめる地ですね。

by NOBUNOBU | 09 13, 2008 - URLedit ]

NOBUNOBUさん、こんばんは。
僕が初めてNOBUNOBUさんのブログを見つけた時、
地鉄の交換待ちシーンの美麗写真に度肝を抜かれたのを鮮明に覚えてます。
なので、過分でないばかりか賞賛しきれてないぐらいです(笑)。

以来、地鉄に憧れそして今回、
富山を訪れて感じたことはおっしゃられた通りです。
NOBUNOBUさんが何度も通われてるのも
今ではホントによく分かります。

by Kyo-to | 09 14, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。