RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-22 #04  旧関善酒店  〔秋田県〕

10 26, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
130922_39.jpg
2013年9月22日(日)、みちのく9月の三連休旅二日目・第4回。
JR花輪線の旅、鹿角花輪(かづのはなわ)駅で途中下車して花輪の町を散策しています。
残り時間も少なくなってきた頃に辿り着いたのがここ、旧関善酒店(せきぜんしゅてん)さん。

130922_40.jpg
江戸時代、安政3年創業の造り酒屋で、大火で類焼した明治38年に再建されましたが、明治時代の商家として日本最大級の吹き抜け木造架構の、国登録有形文化財です。

130922_41.jpg
見学料(保存維持費)500円が必要でしたが、ガイド付き、ということでこちらの方が付きっ切りで逐一丁寧に案内して下さいました。

130922_42.jpg
内部の様子の、ほんの一部。ココへ来る前に気まぐれに50mmレンズに替えちゃって、ホントはもっと広角で撮りたいぐらい広々してます。

130922_43.jpg
個人的にめっちゃ気に入ったのがコレ。ちょっとくたびれた何でもない障子に見えますが…。

130922_44.jpg
スライドさせると市松模様になるんですよ!
掲載写真枚数を抑えるため泣く泣く割愛しましたが、他にも色んな部分の意匠がとにかく凝っていて、「粋」だなぁと思いました。

130922_45.jpg
創業当時の着物だとか。歴史を感じます。

130922_46.jpg
花輪地域有数の財産家だった「関家」ゆかりの品々、例えば蓄音機やタイプライター、顕微鏡など多数展示されてましたが、中でもツボだったのは、この「自の魂(ミヅカラノタマシヒ)」という真空管式の民間医療器具。今となっては眉唾モノな感じですが…(笑)。

130922_47.jpg
伊藤博文の直筆の書なんかも。

130922_48.jpg
子供用の遊具。

130922_49.jpg
他にも、地域の工芸・美術品などが常時展示されています。言い忘れてましたが、もう酒店としての歴史は幕を閉じていて、現在はNPO法人「関善 賑わい屋敷]さんが保存活用に取り組んでおられるためです。

130922_50.jpg
蔵は、ライブなんかもできるイベントスペースに。

130922_51.jpg
雪国のアーケード「こみせ」が残っているのも特徴です。
駆け足の訪問でしたが、観光案内所の方もプッシュされてただけあって見応えのあるスポットでした。

(つづく)

撮影日:2013年9月22日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2013-09-22 #05  ガッカリ沢鉱山  〔秋田県〕 2013-09-22 #03  鹿角花輪  〔秋田県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。