RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR氷見線  〔富山県〕

09 12, 2008 | デンシャ旅 -北陸(JR)

2 Comments
himi1

越中デンシャ旅3日目、第1回。
富山から再び高岡へ。JR氷見(ひみ)線を訪れてみました。

himi2

himi3

himi4

himi5

7月21日の話です。富山の旅の最終日、青春18きっぷで京都まで帰る前に高岡から伸びるJR氷見線と城端(じょうはな)線へ寄り道。まずは路線距離16.5km、駅数8の氷見線です。

富山7:14発の422M列車で高岡へ、7:43発の氷見線下り527D列車で終点・氷見8:11着、8:18の上り526Dで高岡へ折り返すという、ホントにただ往復しただけの氷見線訪問になってしまいましたが、評判の高い沿線風景は確かに一見の価値がありました。
ただちょっと期待が大きすぎたのか、海沿いの区間が割とあっという間に終わるので、正直、物足りない思いがしたのも事実です…。海沿いの駅で降りて海岸に出たりしていたらまた印象も違ったことでしょう。

1枚目=義経伝説の残る名勝、雨晴(あまはらし)海岸。ホントに海のすぐそばを走ります。
2枚目=僕が乗った氷見線のキハ47形。高岡駅で。
3枚目=雨晴駅で交換待ち。
4枚目=運転席越しに見る、女岩と呼ばれる岩礁。
5枚目=上り列車内での写真。時間帯にもよるのでしょうが乗客は高岡へ出る地元の方がほとんどでした。

撮影日:7月21日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ←メンテ中とのことで順位が分かりません…

« JR城端線  〔富山県〕 富山地方鉄道  東新庄駅  〔富山県〕 »

- Comments
2 Comments

氷見線って こんなに海の近くを走るんですねえ。。
海に対する憧れの大きい私にとっては、魅力いっぱいです。

氷見の海を見たい。。と思い続けて数年。。
やっぱり素晴らしい。

北陸。。 意外にゆっくと電車に乗りに行ったことのない地域です。

by yume | 09 15, 2008 - URLedit ]

氷見線・城端線、そして京都への帰路というのが
僕の夏の18きっぷ初回の使用法でした。
なので、氷見線はホントに往復しただけで、
あとの城端線の印象が強かったのもあって
ちょっと影が薄くなってしまいました(苦笑)。

海に憧れておられるyumeさんでしたら、
たっぷり時間をとって氷見線を訪問されることを
オススメします。

by Kyo-to | 09 16, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。