RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-23 #03  秋田内陸線 米内沢駅  〔秋田県〕

11 04, 2013 | 秋田内陸縦貫鉄道

2 Comments
130923_23.jpg
2013年9月23日(月)、みちのく9月の三連休旅最終日・第3回。
秋田内陸縦貫鉄道、最初の途中下車駅は米内沢(よないざわ)。

130923_24.jpg
昭和9年の国鉄阿仁合線開業時(最初に開通した区間)の終着駅。そんな雰囲気は残ってる気がします。

130923_25.jpg
現在は使用されていない向かいのホーム。吊り下がった看板にもあるように、ここ米内沢は「浜辺の歌」や「かなりや」の作曲者、成田為三(なりたためぞう)の生誕地なんだそう。

130923_26.jpg
限られた時間で、ぜひ3セク化前の国鉄時代の駅(舎)を見ておきたかったんですが、米内沢は相応のイイ趣きを持った駅だったと思います。

130923_27.jpg
駅前風景も味があってイイですし。右手の商店以外閉まってる感じが残念ですが…。

130923_28.jpg
ただ、内陸線は運転本数が少ないので、ここで過ごした時間は何と7:29から8:44の、およそ1時間15分。

130923_29.jpg
委託の駅員さんがおられるんですが、デンシャが来ない時間は「朝ご飯を食べに」と自宅に戻られてました(笑)。

130923_30.jpg
途中からこちらのご夫婦が話し相手になって下さってホント助かりました。何でも前日に行われた、ほぼこの内陸線に沿って走る100キロマラソン(!)への参加で関東から来られたんだそう。これから五能線へ寄られるんだとか。

130923_31.jpg
先のお二人が乗られる鷹巣行きの列車が到着。僕もこのあとの角館方面行きで米内沢をあとにしました。

(つづく)

撮影日:2013年9月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2013-09-23 #04  秋田内陸線 前田南駅  〔秋田県〕 2013-09-23 #02  秋田内陸縦貫鉄道  〔秋田県〕 »

- Comments
2 Comments

こんにちは。

お写真拝見してますと、やはり雪が無い季節の訪問の方がいいかもしれませんね。秋田内陸、私は1983年8月に国鉄時代の「阿仁合線」「角館線」で、2011年の震災2か月前には「秋田内陸」として全線を制覇しました。1983年の訪問の際は比立内~松葉は未成線でしたが、まさかこの区間が本当につながるとは当時思わなかったです。特に松葉までは当然角館からの乗車でしたが、大曲駅で角館に向かう田沢湖線を「始発まで待たせてもらう」事にして駅員さんに交渉しOKもらいました。駅舎の窓のカギを全部閉めてくれて防犯にも気を使っていただき本当にありがたかったのですが、なぜか翌朝に初老の紳士が一名待合室の中にいました・・・駅員さんにお礼を言ったら「どうやってあの人駅舎に入ったんだろう?」と不思議がっていましたが、やはり駅寝はおすすめできませんね。若かったからできたのでしょうか。

2011年の訪問は1月でしたが猛吹雪で列車の運転が遅れてましたが、角館から新幹線で帰郷する予定だったので遅れては非常に困るのでとてもヤキモキした気持ちでの制覇でした。そのためあまり「制覇」としての充実感がほとんどなく、無事に角館に付いた時は新幹線も遅れていたため結局新幹線にも乗れて無事帰郷できました。
そんな思いから、冒頭にも述べたように冬以外の訪問が一番安定してていいかもしれませんね。特に北国に関しては。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 11 04, 2013 - URLedit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんばんは。

>やはり雪が無い季節の訪問の方がいい

僕もそう思いました(笑)。
今年1月に訪問しようとしていた時はまさに大雪で、一応動いてはいるとのことでしたが
いつ止まるかハラハラしながらではやはり満足に内陸線を楽しめなかったと思います。
おまけに、花輪線とセットで一日で周ろうとしていたんですから、なおさらです。
結局は体調を崩し(熱が出た)、旅を断念して朝から大人しく帰途についたというのが顛末ですが(苦笑)。

ダイヤモンド☆トナカイさんの駅寝のエピソード、面白いですね~(笑)。
っていうかその初老の紳士、いわゆる幽霊というヤツじゃないんですか!?
もしくは、寒さにたまりかねた空き巣の名人(笑)。

by Kyo-to | 11 05, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。