RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-23 #06  秋田内陸線 比立内駅へ  〔秋田県〕

11 08, 2013 | 秋田内陸縦貫鉄道

2 Comments
130923_52.jpg
2013年9月23日(月)、みちのく9月の三連休旅最終日・第6回。
秋田内陸縦貫鉄道の旅、阿仁合駅を出発してさらに南下します。

130923_53.jpg
阿仁川に寄り添いながら。

130923_54.jpg
萱草(かやくさ)駅に、こんな案内が。

130923_55.jpg
これがその大又川橋梁。橋を望める場所へ先の萱草駅からは徒歩10数分ぐらいで来れるみたいです。

130923_56.jpg
内陸線の絶景ポイントらしく、徐行運転で阿仁川の渓谷美を堪能させてくれます。

130923_57.jpg
大又川橋梁を渡ってしばらく進むと、難読駅の笑内(おかしない)。アイヌ語の「オ・カシ・ナイ=(漁師)小屋のある沢の意」が語源だそうです。アイヌと言えば北海道だとばかり思っていた僕ですが、その昔「蝦夷(えぞ)」と呼ばれていた東北の人やマタギのルーツはアイヌ、もしくはアイヌと文化を共有していたという説があり、ならばこうして地名として残っていても何もおかしないな~、とオヤジギャグをかましつつ考えを改めたのでした。

130923_58.jpg
岩野目(いわのめ)駅。このあたりの駅は山中で乗降客が少ないからか全部こんな感じ。国鉄時代からこうだったみたいです。

130923_59.jpg
そして、比立内(ひたちない)駅に到着。国鉄阿仁合線だった頃の終着駅です。
(写真は阿仁合方面へ戻る車内からの、駅南側からの撮影)

130923_60.jpg
比立内駅舎。昭和38年、国鉄阿仁合線の駅として開業。改装された駅舎はありますが、無人駅。

130923_61.jpg
手元の国鉄時代の資料には「保線区の詰所を設置」とありますが、右手の廃墟がそうでしょうか。

130923_62.jpg
平成元年の内陸線延伸・全通時に途中駅となりましたが、国鉄阿仁合線の終着駅だった頃の風情はいまも感じることができました。

(つづく)

撮影日:2013年9月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2013-09-23 #07  内陸線終点、角館駅へ  〔秋田県〕 2013-09-23 #05  秋田内陸線 阿仁合駅  〔秋田県〕 »

- Comments
2 Comments

コメントできていませんでしたが、秋田内陸鉄道の旅、楽しく拝見させて貰ってます。
駅舎や駅前風景としては米内沢がイイですねぇ。
ただ、それ以外の何気ない風景も絵になるというか、ほのぼのしてて良いと思います。
天気も良くて気持ち良さそうですし。

これまでちゃんと沿線を調べたこともなかったので、ゼロから知識を吸収してます(笑)
自分が持ってるコンパス時刻表なんか、主要駅しか乗っていないので阿仁合の次が比立内なんですよね。
13kmも離れてるのに中間駅が無いのか、と真面目に思っていました(笑)

by ねじまき | 11 09, 2013 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんばんは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

内陸線の駅舎は、やっぱり国鉄時代のものが残る米内沢が良かったですね~。
あと、合川駅も同様の駅なのでぜひとも寄りたかったんですが、
米内沢から路線バスで戻る計画は休日ダイヤで失敗、歩くには遠すぎるし、
よってタクシーも高額になりそうで、結局断念して次回リベンジ対象に(泣)。

でも確かにどの駅もそれぞれ周りの風景がほのぼのした感じで、
どこで降りても何となくユル~い空気を楽しめると思いました。
今度は国鉄角館線だった区間の駅や、田沢湖にも行ってみたいです。

by Kyo-to | 11 11, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。