RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-23 #07  内陸線終点、角館駅へ  〔秋田県〕

11 11, 2013 | 秋田内陸縦貫鉄道

2 Comments
130923_63.jpg
2013年9月23日(月)、みちのく9月の三連休旅最終日・第7回。
秋田内陸縦貫鉄道の旅もいよいよ終盤。
(写真は上桧木内駅の構内踏切からの撮影)

130923_64.jpg
比立内駅を発って、次の駅が奥阿仁(おくあに)。ここからは国鉄から3セク鉄道として引き継いだ3年後の平成元年(1989年)に開通した区間。

130923_65.jpg
実際の訪問順序とは異なりますが、次の阿仁マタギ駅にも降りてみました。

130923_66.jpg
阿仁マタギ駅。平成元年開業のホームと待合室しかない駅で、先の奥阿仁駅をはじめ新規開業区間の駅はスタイルが統一されている感じです。

130923_67.jpg
駅前風景。ちなみに「マタギ」とは北東北に古から続く固有の文化を持った狩猟者集団のことで、このあたりはそのマタギ発祥の地だそうです。

130923_68.jpg
列車で乗り合わせた、前日100キロマラソンに参加されたというご一行が、駅近くの打当(うっとう)温泉へ送迎バス(予約が必要)で向かわれるところ。「一緒にどう?」とお誘いいただいて有難かったんですが、僕は駅めぐり旅のため泣く泣く断念、お見送りしました。

130923_69.jpg
さて、記事の構成上としては列車はさらに進み、2駅先の上桧木内(かみひのきない)駅。10数分ほど対向列車の行き違い待ち時間があるというので、駅前へ。

130923_70.jpg
ヒマを持て余して一緒に駅前へ出てきた方をふと見ると、何と先の阿仁マタギ駅で温泉にお誘いいただいた一行のお一人(笑)。この再会まで実際は僕がいくつも他の駅を巡っていただけの時間が経過しています。

130923_71.jpg
行き違い相手の急行「もりよし」が上桧木内駅に到着。かつては専用車両が用意されていたという急行列車も、現在は「看板」と運用方法を変えてるだけのようです。よく見ると僕がこの日最初に乗った車両(笑)。

130923_72.jpg
上桧木内駅を発ち、やがて列車は松葉(まつば)駅へ。昭和46年、国鉄角館線(かくのだてせん)の終着駅として開業、18年の時を経て平成元年に北の阿仁合線と繋がり、3セクの秋田内陸線として1本の路線となったワケです。
それはそうと、この時点で車内は激混みだというのに、ここでさらに中国からの観光ツアー客らしき方々が大量に乗車。昨今の社会情勢と内陸線の現状を考えると喜ばしいことですが、車内はすし詰めの修羅場に(汗)。

130923_73.jpg
寄り添う川はいつの間にか「桧木内川」になっていて、八津(やつ)~西明寺(さいみょうじ)駅間でそれを渡っているところ。

130923_74.jpg
写真では以前に1点しかご紹介してませんが、いくつか点在していて、これが最後に見た田んぼアート。

130923_75.jpg
13:21、終点の角館(かくのだて)駅に到着。これにて完乗、内陸線の旅も終わりました。ちなみに左手はJR田沢湖線(たざわこせん、秋田新幹線でもあります)の角館駅ホーム。

130923_76.jpg
秋田内陸線の角館駅舎。大正10年開業のJR駅舎とは別に昭和61年の秋田内陸縦貫鉄道への3セク転換時にできた駅舎のようです。
ここで車中で顔見知りになった100キロマラソン参加者の方々や、相席になって色々楽しくお話しさせていただいたこちらにご実家のあるという女性ともお別れして、せっかくなので角館を観光することにします。

(つづく)

撮影日:2013年9月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2013-09-23 #08  チャリで角館  〔秋田県〕 2013-09-23 #06  秋田内陸線 比立内駅へ  〔秋田県〕 »

- Comments
2 Comments

内陸線、乗ってみたいんですよ!
国鉄阿仁合線時代には乗ってるんですが、その時はまさか今のような姿になるとは思ってもいませんでした。
しかし、大混雑で修羅場とは!うれしい誤算かも。

by サットン | 11 21, 2013 - URLedit ]

★サットンさん

こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありませんでした。

内陸線、何が、というワケじゃないけど雰囲気がとてもイイ鉄道でしたよ。
国鉄時代に乗られてるなら、なおさら違いなど楽しめる部分も多いかと思います。
角館線は当時、朝夕しから走らず、乗りつぶし派泣かせの路線だったようですね(笑)。

企業努力というか結構色々集客プラン考案やメディアへのアピールもされてるみたいですし、
韓国ドラマの舞台になったりもしてるようで、がんばってるみたいです内陸線。
松葉駅から田沢湖が近いのもいいのかな。中国からのツアー客はその帰りの乗車のようでした。

by Kyo-to | 11 23, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。