RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-15 #04  室堂、そして山を下りる  〔富山県〕

12 03, 2013 | 立山黒部アルペンルート(立山黒部貫光/関西電力)

4 Comments
131015_37.jpg
2013年10月15日(火)、家族デンシャ旅2日目・第4回。
立山黒部アルペンルートの旅もいよいよ大詰め、ルート内最高所・標高2,450mの室堂(むろどう)に到着しました。「冬の装備で」とか聞いてた割にはこれまで大したことなかったな、とか思ってましたが、ここはさすがに寒い!

131015_38.jpg
3,000m級の山々が連なる立山連峰が眼前に。フレームに収まり切らないスケール、こんなヘボ写真じゃ到底お伝えできないのが歯痒いです(泣)。

131015_39.jpg
ギザギザのあの山は剱岳(つるぎだけ)。

131015_40.jpg
雄山(おやま)、大汝山(おおなんじやま)、富士ノ折立(ふじのおりたて)の3つの峰の総称が「立山」なんだそうですが、標高3,003mの雄山の頂を望遠で。立山信仰の要、雄山神社峰本社があります。

131015_41.jpg
あの先はどうなってんのかな~と遊歩道を無闇に歩こうとする兄(オレ・中央)と案内板で丹念に確認する弟(右)。(撮影・オカン)

131015_42.jpg
ホテル併設の室堂駅。(撮影・オカン)

131015_43.jpg
室堂駅からは環境に配慮したハイブリッドエンジンの立山高原バスに乗車。

131015_44.jpg
標高2,000m前後にひろがる湿原、弥陀ヶ原(みだがはら)を50分ほど進みながら山を下りて行きます。

131015_45.jpg
バス車内から弥陀ヶ原ごしに望む剱岳。若い頃、山登りが趣味だったオヤジの、山への思いがこもった渾身の一枚(他がヒドいので)。今回の旅の行先は山を諦めていたオヤジのため、みたいなところも多分にあったし、本人も色々思うところがあったんじゃないでしょうか。

131015_46.jpg
美女平(びじょだいら)駅で最後の乗り換え、立山ケーブルカーへ。これから室堂へ向かう人たちと入れ替わりに乗車します。

131015_47.jpg
7分で終点の立山駅へ降りて行きます。この写真では分かりにくいですけど、ついに雨が降り出しました。

131015_48.jpg
終点の立山駅の駅舎(右手)が見えてきました。ここで富山地方鉄道と連絡してるんですけど、今年のGWに訪れた時はまさか家族で再訪することになるとは思いもしませんでした。

131015_49.jpg
ケーブルカーを下車。アルペンルートの旅が終わりました。

131015_50.jpg
実はこの時点でまだ正午前。8:00に扇沢からトロリーバスで出発して4時間、あっという間に駆け抜けただけとなってしまったのは、両親の体調を考えて混雑を避け、「イケそうなら迷わず行く」と乗り継ぎを最優先した結果なんですけど、終わってみればあまりにも焦り過ぎだった気がします…。

(つづく)

撮影日:2013年10月15日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


◆ おまけ ◆
記事中で何度か触れた「水曜どうでしょう」の「サイコロの旅4」、
アルペンルート部分の動画を見つけたので貼っときます。トローリー!



« 2013-10-15 #05 END  旅の終わりは家族で地鉄  〔富山県〕 2013-10-15 #03  乗り継いで乗り継いで室堂へ  〔富山県〕 »

- Comments
4 Comments

大好きな地鉄なんですがこの黒部方面だけまだ行ったことないんですよね。来年には行きたいです。
そのときには「トローリー」…言っちゃうんだろうなー(笑)。

by シトロン | 12 03, 2013 - URL [ edit ]

こんばんは
「トローリー」見ましたよ。
もちろんkyo-toさんもピッケル片手に登山家ルックで
アルペンルートに挑んだハズ・・ですよね?

御家族での旅日記楽しませて頂いております。
この後も楽しみにしております。

by nori | 12 03, 2013 - URLedit ]

★シトロンさん

こんばんは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

11月いっぱいでアルペンルートも終わっちゃったので、
ぜひ来年トライしてみて下さい!
僕もぜひ今度は「トローリー」のあと「オー!」って応えてくれる人間と行きたいです(笑)。

by Kyo-to | 12 06, 2013 - URL [ edit ]

★noriさん

こんばんは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

「トローリー」って番組じゃないですけど、ご覧いただけましたか(笑)。
いやー、あれは熟練の登山家大泉さんだからこそ可能な装備と技で、
シロートの僕が真似しても アホ扱い 怪我するだけなので
僕は大人しくしてましたよ(笑)。

旅記事、楽しみにしていただいてて恐縮ですが、
今宵アップした回で尻すぼみにエンディングでございます(汗)。
お付き合いいただきありがとうございました。

by Kyo-to | 12 06, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。