RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端の町で   〔富山県〕

09 16, 2008 | デンシャ旅 -北陸(JR)

5 Comments
jouhana6

越中デンシャ旅、最終回。
JR城端(じょうはな)線の沿線風景がとても気に入った僕は、
終点・城端駅を降りて、城端の町も歩いてみることにしました。

jouhana7

jouhana8

jouhana9

jouhana10

予定では9:54に城端に着いたあと10:10の332D列車ですぐ折り返すつもりだったのですが、城端線の印象が良すぎて、デンシャを1本遅らせることにして城端の町も散策してみました。そんなに大きな町ではないのですが、『越中の小京都』と謳われるだけあって、たった5枚の写真では伝えきれないほど魅力にあふれた素晴らしい場所でした。もう少し山の方へ行けば世界遺産の五箇山(ごかやま)もあり、いつか今度、この辺りだけを目的に再訪しようと心に決めました。

1枚目=川島と呼ばれる地区。京都川島織物の創業者・川島甚兵衛氏の誕生地だそうです。織物工場らしいですが、初めて目にする渡り廊下のある古い建物に感動。
2枚目=坡場(はば)の坂を下ったところの家並み。
3枚目=2枚目の近くの家の庭先の何でもない風景なんですが、目に入るものすべてが輝いて見えるほどこの町が気に入ってしまいました。
4枚目=川島地区の、川沿いの織物工場。
5枚目=城端駅でたまたま町のことを尋ねただけなのに、「車で送ってあげるよ」と町の中心部まで乗せて下さった地元のおばさん。五箇山まで周ってあげる、とまで言って下さって(僕の時間の都合で断念)涙が出そうなほどありがたかったです。城端、町も風景も素晴らしいけど人の温かさも最高でした。

こうして数々の素敵な光景と思い出を胸に富山を後にし、引き続き青春18きっぷで普通電車を乗り継いで6時間ほどかけて京都へ帰ったのでした。
7/25以来、延々と続けてきた越中デンシャ旅の記録、お付き合いいただいて本当にありがとうございました。

撮影日:7月21日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ←またメンテ中とのことでログインできず…

« 山陰本線完全制覇の旅 【1】  小倉~幡生  〔福岡県~山口県〕 JR城端線  〔富山県〕 »

- Comments
5 Comments

越中富山の旅、お疲れ様でしたッ!!!
  {^盃^}/

私も時間をかけて、昔に住んでいた場所や、
元南海の車両が活躍する路線をまわってみたいんですが、
いかんせん、全然暇がなくて。。。
  /{+д+;}

それにしても、富山の街並みや風景は
のどかながらも、ホンマにインパクトがあって
なんだか私も、ぶらっと、
訪れてみたくなってきました。。。
  /{^希^;}

by 風来坊 | 09 16, 2008 - URLedit ]

レスが遅くなってすいません。

ブログ名の「激暇」とは裏腹に
お忙しそうな風来坊さんですが、
いやいや、風来坊さんには本筋の南海を
とことんまで追求していっていただきたい!
と存じます(笑)。
期待してますホント。

by Kyo-to | 09 18, 2008 - URLedit ]

いい風景ですね。。

先日 コメントのレスに書かれていた「全然何の縁も知識もなく、訪れる動機すらない土地なのに ただ路線図に「~線」があるから乗ってみよう、というのがキッカケでこんな風景に出会えるのも 鉄道の旅の素晴らしい点だと今つくづく思ってます」

そうですね。。
有名な観光地でもなく、勿論ガイドブックがあるわけでもない土地にこそ、たくさんの美しい日本の風景があるんだなと。。

こういう旅をすると、パック旅行、ツアーには参加したくなくなりますね。

素晴らしい富山の旅。。、美しい風景を見せて頂けて、心和みました。 ありがとうございました。

by yume | 09 18, 2008 - URLedit ]

越中の旅シリーズ、お疲れさまでした。
地元民ネイティブでありますが、まさに数ヶ月にわたる掲載で「堪能」させていただきました。
最近は鉄道写真がブームですが、Kyo-toさんのような沿線の生活感がしっとり写しこまれたものは少なく思います。
自分も、アプローチこそ違いますが、大いに触発されました。
これからのシリーズも楽しみにしております。自分もデンシャで出かけようっと!

by shockatz | 09 18, 2008 - URLedit ]

>yumeさん
こちらこそ長々とお付き合い、ありがとうございました。
さらに他の方へのレスまで読んでいただいてて恐縮です(笑)。

パック旅行などは確かに僕も今は参加したいと思いませんが、
企画モノの団体さんだけしか見れない場所/モノなどもあるので
その辺りはニュートラルに対応した方がいい場合もありそうですよ。

>shockatzさん
こちらこそ、富山に目が向いたのはshockatzさんの存在も大きかったんですよ。
面白そうなことやってる方を生む土地だけに、何か面白そうな匂いがするぞ、と(笑)。
実際訪れてみて想像以上に面白くてイイところでしたよホント。
すっかり大好きな場所になりました。
2泊じゃ足りませんでしたね~。必ず再訪します。

写真についてそんな風に言っていただけるのは
目指すところでもあるのでホントに嬉しいです(感涙)。
ありがとうございます。

by Kyo-to | 09 19, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。