FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

山陰本線完全制覇の旅 【2】  幡生~滝部  〔山口県〕

09 19, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

2 Comments
san-in6

青春18きっぷでJR山陰本線を西から乗り通す旅の第2回。
幡生(はたぶ)からいよいよ山陰本線に入り、1時間ほどかけて最初の乗り換え駅、滝部(たきべ)へ。

san-in7

san-in8

san-in9

san-in10

1枚目=6:46、幡生発。山陰本線に乗り入れてしばらく経つと「ようこそ」とばかり、車内に日差しが。
2枚目=幡生から3駅目の安岡で早くも学生たちが降りていきます。
3枚目=小串(こぐし)でも大量に生徒たちが下車。さながら通学専用列車です。
4枚目=吉見で下り(下関方面)列車の待ち合わせ。書き忘れてましたが、山陰本線は幹線扱いでありながら、ほとんどの区間が単線・非電化の路線です。
5枚目=7:53、滝部着。この列車は再び下関へ折り返していきます。

撮影日:9月6日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ←10位/392サイト中(18日現在) ありがとうございます

余談はこちらで。
本編(?)の方では主に通学生の写真を取り上げましたが、日本海沿いを走る山陰本線、やはり車窓の楽しみは海です。冬は演歌の歌詞の世界のような暗い表情を見せるのかもしれませんが、この日は穏やかで透き通った美しい海でした。
s6
▲小串~湯玉(ゆたま)間
s7
▲湯玉付近


■幡生6:46~滝部7:53

僕の乗った列車番号822Dは下関~滝部間の運転。普通列車なのでもちろん各駅に停車します。
幡生から順に、綾羅木(あやらぎ)→梶栗郷台地(かじくりごうだいち)→安岡(やすおか)→福江(ふくえ)→吉見(よしみ)→梅ヶ峠(うめがとう)→黒井村(くろいむら)→川棚温泉(かわたなおんせん)→小串(こぐし)→湯玉(ゆたま)→宇賀本郷(うかほんごう)→長門二見(ながとふたみ)→滝部。

川棚温泉や滝部のあたりのように海から離れて山間部の様相を見せる場所がいくつかありました。
s8
そして、滝部駅でもやはり学生たちが下車。ここからバスに乗って行く生徒たちも見受けられました。
列車の運転本数が少ないから、寝坊したりしたら大変そうやな…。

下の写真は滝部駅構内のようすを跨線橋から。
左の3両編成の列車がここまで乗ってきたヤツで、右がこれから乗る列車(ついに1両…)。
s9

s10
(つづく)

« 山陰本線完全制覇の旅 【3】  滝部~長門市  〔山口県〕 山陰本線完全制覇の旅 【1】  小倉~幡生  〔福岡県~山口県〕 »

2 Comments

またまた 海辺を通るんですね。

ローカル路線で、合う学生さん、駅には、発車の10分以上前に着いて本を読んだりされています。。
バタバタとせず、余裕を持った行動が、ローカル路線には必要ですものね。

by yume | 09 19, 2008 - URLedit ]

山陰本線、ほとんどの区間が海沿いなので
これからも同じようなアングルの海の写真は
続く予定です(苦笑)。

ローカル路線の学生さん、そうなんですか。
いやー、僕だったらやっぱり無理かなぁ…(苦笑)

by Kyo-to | 09 20, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)