RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-04 #06  惜別・江差線 神明駅  〔北海道〕

05 31, 2014 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
140404-77.jpg
2014年4月4日(金)、JR江差線惜別訪問・第6回。
江差線全線走破と江差の町の散策を終え、あとやりたいことと言ったらやっぱり駅めぐり。
江差駅に戻ってデンシャ旅の再開です。

140404-78.jpg
13:07発の131D、江差線下り函館行きに乗車。キハ40の1792+808の2両編成でしたが、行列ができるほどの、かなりの乗車率。

140404-79.jpg
江差線の車内から望む日本海もこれで見納め。さようなら…。

140404-80.jpg
再び内陸部へ。

140404-81.jpg
13:42、目的の駅に到着。

140404-82.jpg
他に乗降客はなく、僕ひとりを残して131D列車は去っていきます。若干、心細い(苦笑)。

140404-84.jpg
降りた駅の名は、神明。

140404-83.jpg
北海道ならではの、板張りホームの駅を訪問してみたかったんです。その初体験が、廃駅となる運命の神明駅だなんて…。

140404-85.jpg
神明駅全景。江差線全通から21年後の昭和32年(1957年)に開業。ホームと待合室しかない小さな無人駅です。(踏み切り脇からの撮影)

140404-86.jpg
木造の待合室の中もとても綺麗な状態に保たれていました。

140404-87.jpg
去り難い思いのするイイ駅です。

…とはいえ、次の列車は上り便が15:18、下りに至っては16:52までありません。周りは民家が数軒あるだけで、さすがにすることがなさ過ぎるので、隣駅の湯ノ岱(ゆのたい)まで歩くことに。これなら同じ時間で駅をもう一つ訪問できます。

140404-88.jpg
湯ノ岱駅までの駅間距離は2.8km。いくら運転本数が少ないからって線路は歩いちゃダメなので、ほぼ並走する道道5号線を往きます。
ちなみに反対側の隣駅・吉堀(よしぼり)へは13.2kmと江差線内最長の駅間距離なのでハナから却下(苦笑)。

140404-89.jpg

140404-90.jpg
ごくたまにクルマが通るほかは、心ゆくまで北海道の自然を満喫できます(クマ出んといてや~)。

140404-92.jpg
湯ノ岱の集落に入ったのかな、と思ったら…あれ?どう見ても廃屋…。

140404-91.jpg
こっちは廃工場みたいだし…。まだ町外れのようです。

140404-93.jpg
江差線も寄り添って走る天の川を渡ります。正式な登録名称は「天野川」のようで、和名の河川。

140404-94.jpg
天の川支流を渡るこんな小さな橋梁も、廃線後は「遺構」となってしまうんですね…。

140404-95.jpg
写真を撮りながらのんびり歩いて30分ほど、湯ノ岱の町が見えてきました。

(つづく)

撮影日:2014年4月4日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-04-04 #07  惜別・江差線 湯ノ岱駅  〔北海道〕 2014-04-04 #05  惜別・江差線 江差かもめ島  〔北海道〕 »

- Comments
4 Comments

  こんにちは  昨年九月に江差線に乗りましたが すぐ折り返してしまい 江差を散策出来ませんでした。 kyo-toさんの写真で 江差の町並みを堪能させていただきありがとうございます。 しかし 秘境駅神明で降りるとは 凄い鉄魂ですね。 でも私も板張りホームに一度でいいから降りてみたいんです。

by オバ鉄 | 05 31, 2014 - URL [ edit ]

★オバ鉄さん

こんにちは。
盲腸線ダイヤの典型ですが、江差線も早朝以外は終点ですぐ折り返すパターンでしたね。
なので、僕も今回ばかりは江差で1時間滞在できる便を選んでみたんですが、
結果的には4時間も長居しながらまだ足りないぐらいのイイ町でしたよ江差。

松前線なき現在、行ってみたいと思いつつ松前訪問の機会がなかなかつくれないように、
江差線廃線後に江差訪問は難しいかな、と思い切ってみてよかったと思ってます。

神明駅、僕自身は秘境駅というカテゴリーにはさほど興味がないのでその自覚はありませんでしたが、
念願の板張りホームに降り立てて満足でした。そのまま滞在し続けるのはちょっと無理でしたが(苦笑)。

by Kyo-to | 06 01, 2014 - URL [ edit ]

こんにちは。
神明駅、数年前に私は車窓から眺めていました。こんな駅にも降りてみたいと思いながら…
寂しい場所で、長く居続けるのは無理かもしれませんが、鉄道の中でも最も質素な形、駅ができたときからの時間の蓄積を含めて体感してみたいと感じた駅でした。
木古内方面に向かう列車は、ここから峠越え
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-1596.html
素敵な路線が、最後の一瞬の賑わいとともに永遠に失われてしまったのは、残念ですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 06 10, 2014 - URLedit ]

★風旅記さん

こんにちは。
風旅記さんの江差線訪問、初回の僕と同じころだったんですね~。
僕も何枚か撮ってはいますが、新幹線建設中の木古内駅のお写真、今となっては貴重ですね。
神明駅は、確かに長時間居続けるのは厳しいですけど、
佇まいはホントに良かったですよ。
廃線から一ヶ月、まだ残ってるかもしれませんが、
二度と列車が来ないと思うとやっぱり寂しいですね…。

by Kyo-to | 06 11, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。