RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-05 #01  京都まで帰る旅 函館~青森  〔北海道~青森県〕

06 04, 2014 | デンシャ旅 -北海道(JR)

10 Comments
140405-1.jpg
2014年4月5日(土)。
JR江差線廃止区間・惜別訪問の翌朝。悩んだ挙句、やっぱり帰ることにします。訪問できてない駅も4つあるし、二度と乗れなくなる路線だからまだまだ別れを惜しむべきだと思ったんですが、本来なら叶わなかったはずの再訪を果たせただけで幸せだったし、未練を残すぐらいの方が記憶にも残るはず、というような心境でした。

ということで、前日と同じく函館6:53発の江差線上り120D列車に乗車。車両まで同じキハ40-1793でしたが、この日は+1812の2両編成。週末で増えそうな惜別訪問客への対応でしょうか。写真は江差線起点の五稜郭(ごりょうかく)駅停車中。

140405-2.jpg
五稜郭停車中、カメラを手にした乗客が隣のホームのこの機関車にみんな群がるので、僕もワケも分からず撮ってみましたが、何でも、もうすぐ引退するんだというようなことを親切な方が教えて下さいました。何かの記録になれば、とアップしておきます。

140405-3.jpg
さよなら函館。次回この光景を眺めるとき乗っているのは、3セク後の江差線か、はたまた北海道新幹線か…。

140405-4.jpg
7:54、木古内(きこない)駅に到着。天気も回復してるし、「やっぱ江差線の旅を続けるか!?」と心はグラグラ揺れます。

140405-5.jpg
が、結局大人しく8:03の津軽海峡線上り4014M、特急「スーパー白鳥」14号・新青森行きに青春18きっぷの特例にならって乗車。

140405-6.jpg
海峡線から右手に離れていくJR江差線廃止区間。さよなら。さようなら。

140405-7.jpg
さよなら、北の大地。

140405-8.jpg
青函トンネルを抜け、本州に戻ってきました。車窓には奥津軽(仮称)駅付近の北海道新幹線工事の様子が。

140405-9.jpg
8:52、特例区間の終わり、JR津軽線の蟹田(かにた)駅で特急「スーパー白鳥」14号を下車。

140405-10.jpg
蟹田駅からは8:57発の津軽線上り332M、青森行きに乗車。

140405-11.jpg
下りの時のような蟹田での40分待ちなんてのがウソのように、上りは接続がスムース。

140405-12.jpg
ただ、下りの時はなかった、中沢駅での7分間の停車がありましたが。

140405-13.jpg
この時の時刻表を見ても該当する列車が見当たらないので、貨物列車との交換待ちだったのか何だったか忘れましたが、時間があれば駅舎が見たい僕は例のごとく駅の外へ。が、駅舎はなく、長いホームとここに写ってるのがすべてという、簡素な中沢駅でした(苦笑)。

140405-14.jpg
9:43、332Mの終点・青森駅に到着。JR奥羽本線(おううほんせん)特急「つがる」4号が9:51の発車を待ってました。

140405-15.jpg
青森駅。18きっぷの旅なので、もちろん「つがる」には乗りませんが、その奥羽本線か、往路と同じ青い森鉄道か、問題はこの先のルートです。

(つづく)

撮影日:2014年4月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-04-05 #02  京都まで帰る旅 青函連絡船 八甲田丸  〔青森県〕 2014-04-04 #09 END  惜別・江差線 渡島鶴岡駅  〔北海道〕 »

- Comments
10 Comments

今年中に北海道に行こうか現在計画中ですが
津軽海峡線本州側も信号所から新幹線高架橋が出来てるので
通過時に何をとろうかと参考になりますね。

江差線末端区間廃止からもうすぐ1ヶ月迎えますが
未だ廃止になったことが残念なりません(泣)
江差駅の大きな駅舎、湯ノ岱駅のタブレット授受
神明駅の板張りホーム素晴らしい路線であるのに
何故こんなことになるんやと言いたいです。

余談ですが上ノ国と聞くと水曜どうでしょう
212市町村カントリーサインの旅Ⅱで暗闇の中
最後に訪れた所で
ミスターの雪が溶けたらのラストシーンのセリフから
16年経過しています。
去年アフリカに行ったんですが今度はあえて道内でやるのも
おもしろいかなと・・(有名になりすぎて難しいですが・汗)

by burning s | 06 04, 2014 - URLedit ]

行きよりも帰りの方が何か哀愁漂う雰囲気ですね。というか特にkyo-to様の気持ちがしっかりと記事に表現されているという感じです。
私の津軽線初訪は1979年8月でした。上野より583系寝台特急「ゆうづる」に乗り青森を旅しました。当時は小学5年生だったので当然親も参戦しましたが、当時の事を考えると青森~蟹田の変貌ぶりは全く信じられません。
特にお写真の中沢は立派な跨線橋など無かったし、確か朝の時間帯はDC牽引の客車列車が運転されてました!現在の蟹田駅などに停泊する「電車」は全く信じられない光景です。と言う私も今年の1月に「奥津軽」に訪問の際に津軽線を乗車した際に蟹田をはじめ津軽線の各駅の変貌ぶりを目の当たりにしました。

JR東の方から発表はありませんが、将来的にこちらの津軽線も末端区間はもしかしたら江差線と同じ運命を辿る予感がしなくもないですね。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 06 04, 2014 - URL [ edit ]

こんばんは、お疲れ様です、3枚目の画像が好きです。汽車が速度をあげて北海道から去ってゆくのに、函館山がまだ見えているこの区間の景色。旅の最後に函館山が見送ってくれる、戻りたいけどもう戻れない、そんな切なさがよみがえってきます。

by ねこすけ | 06 05, 2014 - URL [ edit ]

旅先で、『昨日も行ったのだけど、今日のほうがよりより景色に出会えるかも。』と、直前まで行こうか迷うことよくあります。。まさにそんな状況だったんですね。しかも、次に来るときにはなくなっている風景なので、とても迷いますよね・・

by mcd | 06 05, 2014 - URLedit ]

スーパー白鳥がホームに走り込んでくる所を正面から見ているとすごく縦横比が不思議な感じに感じてしまうのは実物でも写真でもやっぱり同じですね~。
自分の鉄道訪問最北端は青森駅、南は鹿児島駅。
もう少しで北の大地だったのですが時間が足りなかったです...

by バナOKA | 06 05, 2014 - URLedit ]

★burning sさん

こんにちは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

ホントですね、江差線末端区間の廃線からもう一ヶ月が経とうとしてるんですね…。
鉄道ファンにとっては素晴らしい路線でしたが、
地元の方の利用がホントに少なかったと聞いてますし、
遅かれ早かれ無くなる運命だったのかもしれません(泣)。

しかしburning sさんGO・I・S!
カントリーサインの旅の最後の訪問地が上ノ国だなんてよく覚えてましたね~!
完全に忘れてた僕は、なので記事中でもまったく触れておりません(恥)。
どうでしょう班にはホント、大して面白くなかったアフリカなんかより(苦笑)、
国内でサイコロでも振ってもらった方がイイんですけど、さすがに厳しいでしょうね…。

by Kyo-to | 06 07, 2014 - URL [ edit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんにちは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

583系寝台特急「ゆうづる」、DC牽引の客車列車…何と羨ましい響き。
やっぱ「昭和50年代の国鉄」のころの光景が僕は見たいんですね。最近すごく自覚してきました(笑)。
「昭和」っていうとナゼか取り上げられるのは30年代ばっかで、鉄道もSLだったりしますが、
僕にとっては遠過ぎる過去でピンとこないし、昭和末期や平成に入ると何にも面白くないしで…。

津軽線も将来(いまもですが)厳しそうな路線ですよね…。
新幹線の奥津軽(仮称)駅ができても好転する要素が思いつきませんし…。

by Kyo-to | 06 07, 2014 - URL [ edit ]

★ねこすけさん

こんばんは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

3枚目の写真の区間、もうまったくコメントでおっしゃって下さった通りで、
そういう切なさも含めて鉄道の旅の良さを味わえる素晴らしい場所だと思います。
新幹線であっという間に通り過ぎるのはもったいないですよね…。

by Kyo-to | 06 07, 2014 - URL [ edit ]

★mcdさん

こんにちは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

いつもイイお写真を撮られてるmcdさんだけあって、
より良い瞬間を追及される姿勢が伝わってきます。
どこで折り合いをつけるか難しいですよねホント…。

by Kyo-to | 06 07, 2014 - URL [ edit ]

★バナOKAさん

こんにちは。ご無沙汰しているうえに
お返事まで大変遅くなって申し訳ありません(汗)。

スーパー白鳥は何か色も含めて昆虫みたいですよね(笑)。
殿様バッタ的な。
バナOKAさんは海外にもよく出かけてらっしゃいますが、
何と、北海道の鉄道での訪問は未踏っていうのは意外でした。

by Kyo-to | 06 07, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。