RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-05 #03  京都まで帰る旅 八戸~仙台  〔青森県~宮城県〕

06 08, 2014 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
140405-36.jpg
2014年4月5日(土)、函館から京都まで青春18きっぷで帰る旅・第3回。
12:05到着の青森県・八戸(はちのへ)駅。ホームで次の乗り継ぎ列車を待っていると、ナゼか新幹線によく似た列車が滑り込んできました。

…っていうのはウソです。乗り場が違うのでありえません。

140405-37.jpg
八戸から先、盛岡までは18きっぷ不可の区間、というのは往路で痛感してましたが、八戸に至る道中で閃いたんです。どうせ不可なら新幹線もアリじゃないかと。並行在来線(青い森鉄道+IGRいわて銀河鉄道)3,040円に対して東北新幹線(自由席)は3,500円と、差額はわずか460円。
ということで迷わず新幹線の切符を買って乗り込んだというワケです。

140405-38.jpg
東北新幹線「はやぶさ」18号東京行き。八戸12:16発、盛岡12:45着と、並行在来線だと1時間47分もかかるところを、わずか30分で。たった数百円でこれほどの差があるとは、こうして見捨てた分際で言うのも何ですが、並行在来線の未来に大いなる不安を覚えます…。

140405-39.jpg
盛岡駅では5分間の停車で秋田新幹線から合流してくる「こまち」18号を連結、その瞬間を見ようと人だかりができてます。

140405-40.jpg
僕は18きっぷの旅に戻って在来線ホームへ向かうため連結を見届けるのは諦めたので、別のホームのスーパーこまちの写真でお茶を濁しておきます。

140405-41.jpg
そんなこんなで、新幹線ルートに気づかなかったら14:27到着だった岩手県・盛岡駅。

140405-42.jpg
ということで、2時間も早い13:01発の便、JR東北本線上り1540Mで18きっぷの旅を再開です。

140405-43.jpg
が、何だか楽な手段を選択した戒めのように天気が急変、吹雪です。どうもこの日の東北は天気が不安定。

140405-44.jpg
14:28、往路で町をプチ散策した一ノ関駅に到着。

140405-45.jpg
一ノ関駅からは14:41発の538M、小牛田(こごた)行きに乗車。

140405-46.jpg
右手が北なんですが、どうも暗雲に追いかけられてるような気が…(苦笑)。

140405-47.jpg
15:28、小牛田駅。

140405-48.jpg
小牛田から15:49発の2554Mに乗り継ぎ、仙台へ。宮城県まで来ると暗雲も諦めたのか松島湾には青空が。

140405-49.jpg
16:35、仙台駅に到着。

140405-50.jpg
仙台駅からは17:01発の588M、東北本線上り福島行きに乗車。

140405-51.jpg
仙台~長町(ながまち)間の震災仮設住宅、一向に解消される気配がありません…。復興、ってどこの国のお伽話なんでしょうか…。

140405-52.jpg
そうこうするうちに、また今日も夕暮れ時が迫ってきました。

(つづく)

撮影日:2014年4月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-04-05 #04 END  京都まで帰る旅 伊達駅と桑折駅  〔福島県〕 2014-04-05 #02  京都まで帰る旅 青函連絡船 八甲田丸  〔青森県〕 »

- Comments
4 Comments

新幹線に遭遇されるとはラッキーですね~(笑)
新幹線と在来線(?)でそれだけしか差がないとは驚きです…。
この事実はそっと胸に仕舞っておくべきかもしれませんね。

それにしても朝から出発して新幹線を使っても福島に入る頃には夕暮れになってしまうんですね。
改めて、東北は遠いなぁ、と思います。

by ねじまき | 06 08, 2014 - URL [ edit ]

  こんにちは  先週 息子一人おいて家族で キリストの墓に行ってきました。 その帰り八戸からはやぶさに乗り撮った写真が kyo-toさんのトップの写真とアングルが同じだったので すぐはやぶさに乗ったと分かりましたよ。 私ずっと はやぶさに自由席はないと思ってました。自由席車両が連結されているのもあると時刻表で確認して初めて知りました。 イヤー勉強になりました。ありがとうございます。 運賃の差も460円とは 驚きですね。

by オバ鉄 | 06 08, 2014 - URL [ edit ]

★ねじまきさん

こんにちは。
いやー、ラッキーでした(笑)。
っていうか、往路でも新幹線の存在はもちろん認識はしてましたが、
まさか料金の差額がそれっぽっちなんて思いもしなかったので、
復路で気付いた時はマジか!?って若干小躍りしてしまいました(苦笑)。
並行在来線の未来のためにも、ねじまきさんもぜひこの件についてはどうかご内密に(?)。

by Kyo-to | 06 09, 2014 - URL [ edit ]

★オバ鉄さん

こんにちは。
アングルも何も、もう「はやぶさ」写っちゃってますから1枚目の写真(笑)。
っていうか、キリストの墓って何ですか!?
と思って調べてみたら、青森の三戸にそんな場所があるそうですね。

で、「はやぶさ」の「自由席」ですが、本文にちゃんと書いておけばよかったんですけど、
正確には全車指定席なので自由席も自由席車両もなく、
盛岡~新青森間のみ「立席特急券」という、キホンはデッキ部に乗車、
空いている指定席があれば座ってもいい、という形の切符の販売がある、
ということ(のハズ)だったと思います。

by Kyo-to | 06 09, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。