RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-05 #04 END  京都まで帰る旅 伊達駅と桑折駅  〔福島県〕

06 09, 2014 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
140405-53.jpg
2014年4月5日(土)、函館から京都まで青春18きっぷで帰る旅・第4回。
仙台駅17:01発の588M列車で福島まで南下中、かねてから訪れてみたいと思っていた伊達(だて)駅に寄り道してみました。
八戸~盛岡間の新幹線利用で浮いた時間をどう活かそうか道々考えたんですが、やはり駅めぐりに使ってしまった次第です(苦笑)。

140405-54.jpg
18:12着の伊達駅。
明治28年(1895年)、東北本線の前身・日本鉄道(私鉄)の長岡(ながおか)駅として開業。同39年の日本鉄道国有化を経て大正3年(1914年)、現駅名に改称。

140405-55.jpg
駅前には東北新幹線の高架が立ちはだかってます。

140405-56.jpg
駅前風景。かつては福島交通軌道線の伊達駅前電停があって、路面電車が発着していたそうです。素晴らしい写真ブログを見つけたのでその様子をこちらでどうぞ!

140405-57.jpg
業務委託駅のようで、訪問時は窓口は無人でした…。

140405-58.jpg
跨線橋から福島駅方面を。左手が駅舎と東北新幹線の高架。

140405-59.jpg
下り線(仙台方面)ホームから見た駅舎。都合でたった9分間の滞在でしたが、訪問が叶って大満足の、ダテじゃない名駅舎のある伊達駅でした。


140405-60.jpg
伊達駅18:21の下り1197Mで一駅戻って18:25着、桑折駅。「こおり」と読みます。

140405-61.jpg
桑折駅舎全景。明治20年(1887年)、伊達駅よりも早く日本鉄道の駅として開業。
ダイヤをやり繰りしてたとえ一駅でも多く訪問してみただけで、特に見たかったというワケでもないんですが(苦笑)、でもなかなかナイスな駅舎。

140405-62.jpg
下り線ホームのすぐ脇が東北新幹線。

140405-63.jpg
同じホーム上にこんなものがあったので何かの起点なのかと一応撮っておいたんですが、どうも事故ゼロ、駅の無事故を記念/祈念したものらしいです。

140405-64.jpg
伊達駅同様、跨線橋から福島駅方面を。

140405-65.jpg
ここも業務委託駅のようで、時間外で窓口が閉まってました。

140405-66.jpg
駅前風景。近年整備されたような感じです。駅舎の向かいの酒屋さんでお聞きした話では、駅から少し歩くと奥州街道の桑折宿があるそうです。時間があれば寄ってみたかったな。

140405-67.jpg
桑折駅から18:44の1194Mで18:58、福島駅に到着。

140405-68.jpg
郡山まで行こうかとも思いましたが、旅も4日目でさすがに疲れもあり、最終日に向け英気を養うためにも今宵は早めにここ福島で打ち止めにします。

140405-69.jpg
っていうか、往路の2日目もここで泊まったんでした(苦笑)。さすがに別のホテルにしましたが。

(最終日の旅につづく)

撮影日:2014年4月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-04-06 #01  京都まで帰る旅 福島~宇都宮  〔福島県~栃木県〕 2014-04-05 #03  京都まで帰る旅 八戸~仙台  〔青森県~宮城県〕 »

- Comments
2 Comments

  こんにちは  全車指定のはやぶさに 立ち席で乗る時は kyo-toさんのご説明の通りでした。 私 つい息子にはやぶさの自由席の件を聞いたら 時刻表を見せられて はやぶさ95・96号には 自由席車両が連結されているんです。 そんな事もしらないのというクールドライな目で見られました。(しょんぼり…。) キリストの墓には イスラエルのエルサレム市から友好の石碑が贈られていました。 ちなみに 三戸じゃなく新郷村です。

by オバ鉄 | 06 09, 2014 - URL [ edit ]

★オバ鉄さん

いや、このお話は前回のコメントに繋げていただきたかったですね~。
今回の記事と関係なくて、ココだけ見ると脈絡なさすぎるので…(クールドライな目で)
↑っていうか、カタチにこだわる五月蠅いヤツ(苦笑)

脈絡と言えば、そもそも「キリストの墓」自体が唐突すぎて若干ビビりましたが、
一応調べたところでは「三戸郡新郷村」とのことでしたよ…??

「はやぶさ」自由席に関しては、息子さんがおっしゃってるようなレアな便を選んだワケでもなく、
スマホの乗り換え検索結果をもとに窓口で訊いてフツーに購入できたので、
多分、全車に有効な、ある意味裏ワザ的な乗車方法だったんだと思います。

by Kyo-to | 06 10, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。