RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-05 #07  北陸本線 倶利伽羅駅  〔石川県〕

07 11, 2014 | デンシャ旅 -北陸(JR)

5 Comments
140505-115.jpg
2014年5月5日(月)、GWの北陸本線駅めぐり2日目・第7回。
今回の旅通算37ヶ所目の訪問駅は、ふたたび石川県へ戻って倶利伽羅(くりから)。
高岡駅から16:33の456M、上り金沢行きで16:53着。

140505-116.jpg
鉄道紀行作家で故人の宮脇俊三氏はこの駅の名をこよなく愛され、著作にも折に触れ登場するので、いつしか僕も憧れの駅となっていました。処女作にして名著、「時刻表2万キロ」の第一章、高岡発10時30分の米原行特急「加越3号」に乗車した宮脇氏はこんな風に記されています。

(倶利伽羅峠の)トンネルを出て二キロほどの地点に倶利伽羅駅がある。北陸本線屈指の小駅で、急行券なしで乗れる列車にさえ通過される気の毒な駅である。が、駅名の魅力においては北陸本線随一だと私は思っている。だから、いつもながら駅名標をしかと見ておきたい。右側の窓に頬を近づけて待機していると、下り線との間隔が少し広くなったなと思うまもなく、特急電車は一気に通過する。飛び去る駅名標に合わせてすばやく首を振るようにすると、「くりから 倶利伽羅」という文字がはっきり見えた。一つ、二つ、もう一つ見たいと思ったら、もう駅はなかった。

1975年(昭和50年)の乗車記なので現在は「加越3号」も「急行」もありませんし、氏が目にされた駅名標も国鉄時代の木製のものだと思われますが。

140505-117.jpg
ともかく、今回初めてこの駅に降り立つことができて、天気は優れませんが清々しい気分。
1908年(明治41年)12月16日、官設鉄道北陸線の倶利伽羅信号所として開設され、翌年6月15日に駅に昇格。駅舎はかなり改装されてはいるものの、基本的に開業当時のものだそうです。

140505-118.jpg
無人駅。待合室にはナゼかランチュウの水槽…。

140505-119.jpg
駅前で出会ったおばあちゃんとワンコ(名前お聞きしたのに、何だったっけな…)。

140505-120.jpg
駅舎と島式ホームが、跨線橋で結ばれています。

140505-121.jpg
跨線橋、ホーム側の階段。季節や時間によっては手書きのメッセージが逆に怖く感じることもあるかも(苦笑)。

140505-122.jpg
長い島式ホームには上屋と風よけの付いたベンチ、奥(富山方面)に詰所の建屋があるだけ。ネットで見かけた少し前の写真では木造の待合室が見受けられたんですが、撤去されたみたいです。

140505-123.jpg
貨物を取り扱っていた頃のものでしょうか、使用されていないホームの跡も。

140505-124.jpg
下りの特急「北越」7号が通過していきます。

140505-125.jpg
同じく下りの特急「しらさぎ」9号。

140505-126.jpg
下りの普通列車、富山行き467M。やっぱ北陸本線の鈍行といえばこの色、このカオ!旅2日目の夕方にしてやっと会えました。乗る列車じゃないのが残念ですが…。

140505-127.jpg
石川と富山の県境の駅、倶利伽羅。来春の北陸新幹線延伸開業時に3セク鉄道の「IRいしかわ鉄道」と「あいの風とやま鉄道」の営業上の境界駅となる予定です。

(つづく)

撮影日:2014年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-05-05 #08 END  北陸本線 森本駅、津幡駅、東金沢駅、金沢駅  〔石川県〕 2014-05-05 #06  北陸本線 富山駅と高岡駅  〔富山県〕 »

- Comments
5 Comments

倶利伽羅は10年近く前に一度途中下車したことがあります。
まだデジカメも持っておらず、当然blogなんてやるとは思ってなかった頃。
駅舎はあんまり変わってないように思いますね。

倶利伽羅駅、運営会社が変わって何か変わったりすると嫌ですね…。
石川県側の駅だからIRいしかわ鉄道の管理になるんでしょうか。
難読だから平仮名じゃ!と『くりから』駅に改名されたりしないか密かに心配(笑)

by ねじまき | 07 11, 2014 - URL [ edit ]

世間では「秘境駅」や「日本一○○駅」などがクローズアップされがちですが、私はこうした「地味な」駅が好きです。そしてこの倶利伽羅ですが、私もいつかは訪問してみたいです。勿論宮脇氏のように何度か通ってはいますが・・・

とはいえこの倶利伽羅も地味な駅の部類の中では以外にメジャーかもしれませんね。更に来年には「メジャーデビュー」もする事でしょうし。
こういう駅を選択するとはkyo-to様はなかなかセンスありますね。私は全く地味な駅として大糸線の「飯森駅」を訪問してますが、地味さではおそらく全国1でしょう。なんの特徴もない、特に目立った話題はない、棒線1本のホームと、何かと地味な駅の典型ですがその地味さが素晴らしいと思います。
倶利伽羅もそうですが、はっきり言ってあまりメジャーになって欲しくないですね。地味ならではの味がしっかり出てますが、私がかつて所有していたコロタン文庫の「国鉄駅名全百科」にはこの倶利伽羅駅が紹介されていたはずです。現在は所有していないので定かではありませんが、私はこのコロタン文庫の本を見てこの駅の事を知りこの駅にいつかは訪問したいという気持ちになりました。近い将来実現してみたいです。
とはいえ、小学生が「倶利伽羅駅に行きたい」とは、私も本な小学生でしたね。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 07 11, 2014 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 07 11, 2014 - [ edit ]

★ねじまきさん

こんにちは。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

倶利伽羅駅はIRいしかわ鉄道管理の駅になるみたいですね。

> 難読だから平仮名じゃ!と『くりから』駅に改名

うわーーーーっ!!めっちゃあり得ますねそれ!!(笑)
増え続ける萌え&ゆるキャラのラッピング車に平仮名駅…。
こどもの国かい!!とツッコみたくなります…。

by Kyo-to | 07 14, 2014 - URL [ edit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんにちは。お返事が大変遅くなってすみませんでした。

駅に限った話じゃなく、日本人って何でも「日本一」とか好きですよねぇ。
何か付加価値がついてないと注目しないっていうか、
例の富岡製糸場にしたって、いままで誰も見向きもしなかったクセに
世界遺産になった途端「ワーっ!!」てなもんですし…。

要するに、目的地の本質はどうでもよくて、
行ったことが自慢になるようなお墨付きがあるかどうかが大事という。
幼稚なんですよねホント。
でなければ、本来なら世界遺産や産業遺産級の駅舎たちも
こんなにもたくさん消えてしまうことはなかったと思います。

なんて、そんな自論はともかく、そのコロタン文庫「国鉄駅名全百科」、
ヤフオクで国鉄時代の駅関係の本を漁ってる時に見かけましたよ。
いまでも人気があるのか、結構高かったり、すぐ誰かが競り落としたり、
なかなか入手困難ですね(泣)。

by Kyo-to | 07 14, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。