RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-06 #03  北陸本線 滑川駅、入善駅、西入善駅  〔富山県〕

07 20, 2014 | デンシャ旅 -北陸(JR)

4 Comments
140506-31.jpg
2014年5月6日(火)、GWの北陸本線駅めぐり3日目・第3回。

140506-32.jpg
この旅通算46ヶ所目の訪問駅、滑川(なめりかわ)。水橋駅から8:19の427M、下り黒部行きで8:24着。

140506-33.jpg
ホタルイカの産地として有名な滑川。あと、蜃気楼も見れるそうです。

140506-34.jpg
1908年(明治31年)11月16日、官設鉄道北陸線の富山~魚津間延伸時の開業。駅舎は昭和43年(1968年)7月改築の国鉄時代のもの。みどりの窓口もある有人駅です。

140506-35.jpg
駅前の道の突き当りが富山湾のようですが、時間が微妙で行けずじまい…。

140506-36.jpg
直江津方面側の駅舎脇の留置線が半分、駅関係者の方のだと思うんですがクルマ置き場になってました(笑)。車止めは右手前にあるんですが。

140506-37.jpg
駅の南側には地鉄こと富山地方鉄道の滑川駅があります。かつては跨線橋で結ばれていたそうですが、現在は改札外の地下道で連絡。

140506-38.jpg
47駅目、入善(にゅうぜん)。

140506-39.jpg
滑川駅から8:41の533M、下り糸魚川行きで9:07着。

140506-40.jpg
1910年(明治43年)4月16日、国鉄北陸本線の魚津~泊間延伸時に開業。みどりの窓口もある有人(業務委託)駅。

140506-41.jpg
昭和46年(1971年)12月改築の国鉄駅舎。時代を感じる駅名フォントがイイっすね。

140506-42.jpg
駅の裏手(北側)には京セラの関連会社(KCS富山入善工場)、そしていつも通る度に気になってた「入善海洋深層水」の看板。どうやら、町を挙げて産業活用や製品化にこれを広く推進したい入善町のPR活動の一環のようです。

140506-43.jpg
駅前風景。関係ないけど、同じ車内から同じタイミングで改札を出た女の子に明らかにめっちゃ意識されてエラく困りました(苦笑)。いやお嬢さん違うんです、と言いたいところですが、ホントにそんなことをすればさらにドツボです。幸い今まで通報も職質も受けたことはないけど、駅めぐり旅の唯一の難点がこういうシチュエーションです…。

140506-44.jpg
こういう時、花には癒されるなぁ。ホームにも花壇があったし、花がキレイな駅という印象の入善でした。

140506-45.jpg
9:22の538M、上り富山行きで次の駅へ。利用客も多い入善駅です。

140506-46.jpg
48駅目、その名のごとく入善の西隣の駅、西入善(にしにゅうぜん)。9:26着。

140506-47.jpg
1959年(昭和34年)3月31日、国鉄北陸本線の西入善信号場として開設、翌年7月1日、駅に昇格。無人駅。
駅舎は開業当時のもののようです。

140506-48.jpg
駅前風景。

140506-49.jpg
ホーム。

140506-50.jpg
ホーム同士は跨線橋で結ばれています。

(つづく)

撮影日:2014年5月6日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-05-06 #04  北陸本線 泊駅と生地駅  〔富山県〕 2014-07-17  祇園祭 山鉾巡行前祭  〔京都府〕 »

- Comments
4 Comments

今回はどれも415系ばかりでしたね!
3駅とも昭和レトロな感じですし、今回の記事全体が昭和っぽく感じられました。
入善のお客さんの多さを見て、「あいの風とやま鉄道」(まだ恥ずかしい)も心配ないかと思ってしまいましたが、
そんな甘いもんじゃないですよね~。

それはそうと、そのお嬢さん、さぞかし怖い思いを…(笑)
自分も同じような状況、経験ありますね。
いったいどう対処するのが正解なのか。話しかけたりすると間違いなく不審者認定コースですね(笑)

by ねじまき | 07 20, 2014 - URLedit ]

入善、泊、市振・・・この付近の駅名って妙に旅情をそそります。
奥の細道とだぶるのか、日本海沿いの鄙びた風景との取り合わせがいいのか。
3セク化前に是非もう一度行っておきたいですね。

by サットン | 07 20, 2014 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんにちは。
米原~富山までJRの新型車両ばっかでどうなることかと思いましたが、
ここまで来るとようやく国鉄型が頻繁に往来しててホッとしました。
ただ、車両に詳しくない僕ですけどこの大きい目玉のヤツは、
かつて急行だった、来春には引退するという475系なのでは!?

ねじまきさんも僕の入善駅と同じような経験がおありですか(笑)。
いや、もう時代が時代だけに、仕方ないとも思うし、
できるだけ一般(?)の方にイヤな思いはさせたくないとも思ってるんですけど…。
っていうか、何か入善のような中途半端(失礼)な乗降人数の駅の場合に
妙に怪しまれるというかヘンに浮いて見られてるような気がしません?

by Kyo-to | 07 21, 2014 - URL [ edit ]

★サットンさん

こんにちは。
サットンさんの感覚、僕も激しく同意します。
特に関西からだと、ちょうどこの辺りが「遠くまで来たな」って感じる頃ですし、
日本海の存在を強く意識するポイントでもあると思います。

越中宮崎までが「あいの風とやま鉄道」、市振からは「えちごトキめき鉄道」となる前に、
サットンさんも是非ぜひ(涙)。

by Kyo-to | 07 21, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。