RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-10 #04  南海高野線 下古沢駅と上古沢駅  〔和歌山県〕

07 31, 2014 | 南海電鉄

2 Comments
140510-47.jpg
2014年5月10日(土)、南海高野線の駅めぐり第4回。
高野下駅から先は、かつての高野山電気鉄道が開通させた、最大50‰(パーミル)の急勾配区間。2つの「古沢」駅が続きます。まずは下古沢(しもこさわ)。

140510-48.jpg
1928年(昭和3年)6月18日、前述の高野山電気鉄道の高野下~神谷(現・紀伊神谷)開通時に開業。
余談ですが、ここだけ駅名標がこれ1枚しかなく、隣駅の上下関係の「向き」を合わせられないことに今頃気付きました…。

140510-49.jpg
駅舎は開業当時のもののようですが、車寄せの方杖(ほうづえ=庇を支える補強材)がちょっと気を利かせてる以外、外観は目立った特徴のない実用本位の印象。

140510-50.jpg
学文路(かむろ)駅同様、駅前に引きのスペースがなく全景を収めにくい。

140510-51.jpg
というのも、もうほとんど崖の上に駅がある、といった立地だから。手持ちの飲料が尽きて眼下の集落へ買いに行ったんですが、戻るときのキツイことといったら!
しかも自販機さえ見当たらず、出会った方に「高野下駅付近のガソリンスタンドにしかない」と聞いてガックシ(泣)。

140510-52.jpg
駅前へ勢いよく飛び出すと身投げになってしまう駅です(苦笑)。通勤・通学で毎日利用されてる方がいるとしたら、頭が下がります。

140510-53.jpg
ここも無人駅。

140510-54.jpg
1線剥がされ、現在は駅舎側のホームしか使用されていません。なので、本来向かいのホームにもあるハズの駅名標まで省かれてしまってるようです。
(かつての構内踏み切りからの撮影)

140510-55.jpg
では、もうひとつの「古沢」駅へ。
(※ 実際の訪問順と異なるので写ってるのは上り列車ですが…)

140510-56.jpg
上古沢(かみこさわ)駅。
この辺り一帯「古沢」という地名らしく、駅はありませんがあと一つ、「中古沢」の3地区で構成されているようです。

140510-57.jpg
下古沢と同じく、1928年(昭和3年)6月18日の開業。

140510-58.jpg
純和風といっていい、峠の茶屋のような可愛らしい駅舎。
前身の会社も違いますが、明らかに高野下駅までの大正時代のものとは建築様式が異なってて面白い。

140510-59.jpg
駅舎側面。白いです。塗り替えた?塗り直した?

140510-60.jpg
駅舎内の天井は、かつて照明が下げられていた部分も含め、意匠が共通。ちなみにここにきてやっと有人(業務委託)駅。

140510-61.jpg
ここも崖の上の駅。駅舎の窓の外がこんなにパノラミック。

140510-62.jpg
ところで、この駅舎ひょっとして。
もしかしてだけど、もしかしてだけど~、レンズの歪みを差し引いたとしても傾いてるんじゃないの~!?

140510-63.jpg
ほら、やっぱり。出入口が歪んでます。

140510-64.jpg
決定的なのは、ホームから見たこの光景。手前の駅付属の建物や左手の架線柱と比べても明らかに…。

140510-65.jpg
ちなみにホームは駅舎から独立した相対式。高野線の山岳区間は単線なので列車の行き違い待ちが生じ、時にはこんな風に特急が普通列車を待ったりすることも。

140510-66.jpg
傾き疑惑も含めて強く印象に残った上古沢駅。僕はすごく好きになっちゃったので、問題なければこのまま残って欲しいなぁ…。

(つづく)

撮影日:2014年5月10日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-05-10 #05  南海高野線 紀伊細川駅と紀伊神谷駅  〔和歌山県〕 2014-05-10 #03  南海高野線 高野下駅  〔和歌山県〕 »

- Comments
2 Comments

子供のころの感覚だと、自動改札=都会 というイメージでしたから、無人駅に新しいタイプの自動改札機が付いている光景にちょっと違和感を感じたりします。
自動改札機に、ALSOKのステッカーが貼られている辺りが、無人駅らしい感じもしますが。

by mcd | 08 03, 2014 - URLedit ]

★mcdさん

こんにちは。
趣味人の感覚としては、改札も木製の古いラッチであって欲しいとか思いますが、
省力化&無人化の時代に自動改札はもう止まらない流れですね…。


っていうか、細かいトコまで注目されてますねALSOKステッカーとか!(笑)
有事には吉田沙保里選手とか駆けつけてくれるんでしょうかね。

by Kyo-to | 08 03, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。