RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南薩線100周年とストラト60周年

08 06, 2014 | その他

8 Comments
110504.jpg
30年前に廃止になった鹿児島交通枕崎線、通称「南薩線(なんさつせん)」の開業から今年で100年。乗ることの叶わなかった僕は2011年のGWに、廃線ルートを転換した路線バスで訪問しています。
「GW2011-九州 #15  南薩線の面影を求めて  〔鹿児島県〕」

つい先日、そっくりな記事を目にしました。対象もルートも同じだから似通うのは不思議じゃないですけど、フツーは感じられる、その人なりの視点というものが何もない。見知らぬ人ならまだしも、僕の記事を見てないハズはない、という方なんですが…。
何が悲しいって、限られた旅の時間で必死にひねり出したプランを、さも自分で発案したようにしれっと記事化していること。これまでもちょいちょいそんなことがあって、見るたびに自分の思い出を単に消費されてるような嫌な気がしました。僕だって拙ブログが誰かの旅の役に立てたら嬉しいとは常々思ってますが、こんな形は望んでません…。

僕が自意識過剰なだけで言いがかりに過ぎないかもしれませんけど、もっと以前にはこんなこともありました。デジカメで初めて16:9というアスペクト比で撮影できるようになったころ、「京都16:9」っていう写真ブログを作ったところ、直後に「東京16:9」って、まんまパクられたんです。それは全然知らない人でコンタクトも皆無でしたが、ご丁寧に勝手にリンクしてあって、まるで僕のが姉妹サイトみたいな扱いに。オレが先だ、って証拠もないし、第一気味が悪いし、ただただ唖然とするしかありませんでした。

140805.jpg
エレクトリックギターの代名詞と言える、Fender社のストラトキャスターがデビューして今年で60年。いまハリウッド版もウケてるゴジラと同い年なんですね(笑)。
僕は釣り歴の次に長いのがギター歴(その次がデンシャ旅)なんですけど、ストラトは音と弾きやすさにホレて2本所有してます。もちろん本物の54年モノのヴィンテージなんて持てるハズもなく、コピーモデルですが。

ピンからキリまでメーカー問わず星の数ほどコピーされてきたストラト、考えてみれば60年経ってもこれを超える革新的なギターは登場してないんですね。最初から完成形、ってスゴイことだと思います。
僕とそのブログがそんなイノベーティブなオリジナリティを目指しても土台無理ですけど、少なくとも先人の方々やオリジンに対するリスペクトだけでも忘れずにいたいです。


1枚目
撮影日:2011年5月4日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

2枚目
撮影日:2014年8月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2009-08-13 #01  2009年のお盆の旅  〔京都府~福井県〕 2014-05-10   南海高野線 駅めぐり旅 index »

- Comments
8 Comments

kyo-toさん、こんにちは、

初めてのコメント失礼します、宿はなしと申します。

似たような体験があります。
ブログではないんですが、ツイッターで人のツイートをパクる、いわゆるパクツイというのを、
最近、見ず知らずのひとにやられて、ひどく落ち込んだことがあります。

まあ、ツイッターならリツイート、
ブログならトラックバックやリンクという広め方があるのに、
なぜそれをしないのか、ただの稚拙でやっていると思います。

オリジナルに敬意を表しているのなら、
トラックバックや、リンク、コメントでひと言あるべきだと思います。

悲しいのが、そのツイートやブログが、
パクリだと知らず、パクリだと知らない一般の人から評価されていることです。

これって、けっこう引きずるんですよね、参ったものです。


追伸、
当方のブログにもkyo-toさんのブログ、敬意を表して、リンクさせてください。
お暇なときでかまいませんのでご一読下さい。

追伸2
ごめんなさい、非公開で送信してしまいました。
前のコメントは削除してください。

by 宿はなし | 08 06, 2014 - URLedit ]

「ハッ」と思わされた記事・・・kyo-to様のお気持ち察します。
私はブログを開設して2年半くらい経ちましたが「もう2年以上経ったか」と今になって改めて思いました。そして他の鉄道ブログとは違うカラーを出していこうといつも「オリジナル」を大切にしているつもりでPCに向かう毎日です。

私が崇拝している「E.YAZAWA」様ですが、現在ではかなり著作権や肖像権等の権利関係を厳格に管理しています。自身の苦い経験から現在の形になったわけですが・・・私的には、いわゆる「パクリ」に関して、その張本人は結局「オリジナル」が無いわけですよ。人の真似でしか自信を表現できない・・・逆に言えばかわいそうな人ですよね。

「オリジナル」が評価される事ってとても素晴らしいし嬉しいですよね。もし「パクリ」の人が他人の真似をしていかにも「私がやりました」見たいな顔をして世間に出てきたところで本当に本人にとって価値があるかどうか・・・もし、パクリの人がパックった記事で評価され本当に喜んでいるのなら私は逆に可哀想と思います。だってその人は本当の喜びを知らないから・・・

ちなみに私の所有してるベースギターですが「YB-70」というフェルナンデス製のベースです(インターネットで確認してみてください。なぜこれを持っているのか納得すると思いますよ)。

鹿児島交通は1983年に訪問してますが「廃止されますよ」という当日に訪問しるつもりで計画しましたが、現地ではセレモニーみたいなのは無く普段の鹿児島交通の風景でした。私の知らぬ間に廃止が延期になっていたのですね。
当時は拍子抜けしてしまいましたが、今になったらいい思い出です。その模様は私のブログに紹介しています。

http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-category-18.html

by ダイヤモンド☆トナカイ | 08 06, 2014 - URLedit ]

こんにちは

その「はっとした記事」を書いたであろうヒトのブログに
こちらのブログへのいわゆる反論(悪態?)のコトバが書かれてあったのを確認してしまいました
(ひょっとしてそうかなあ と思い 見てみたらビンゴだった)
どうあちらが反論しようとあの乱暴な書き方では「ひらきなおり」にしか読めなくて・・・紀行文書かれている人なのだからもうすこしちゃんとした言葉で書かないと読む側が受ける反感さらに倍なのに、と、なんだか残念でした  
 

「それ、僕もおんなじプラン立てて前に行きましたよー
まるっとそっくりですねー 知ってた?  ここ、あなた様はどういう思いを募らせて企画して旅しましたか?僕はこうだったんですよー」
と ひとこと、kyo-toさんがそんな記事に心当たりあるたびに、その都度なあんにもないようにあちらにコメントされてみてもよかったかもしれませんですね(したことあるかな) 
もしかしたら、そこで、あなた様の旅を参考にしたんですよーとか、なんとかというモノを見て企画してそしたらそちらと似てましたなーとか いう返事があったかもしれません

あちらのブログのほうは「自分の知ってる○○さんや他いろんな方が以前こんな旅をしていましたが・・・」と ひとことあってもよかったかもしれません(あったのかな?)
双方のブログの読者重なってるとこ多いみたいですし、その読者はそれに気づくでしょう、似てるなあとか同じとこ行ってるなあ、とか。
私ですら、「意識してないわけないじゃん」って思いますもんね まして相互リンクしてるなら余計にです
それがないって言うのは ほんとにほんとに偶然一致したか、やっちまっててもパクリの意識がもうないか、ですよ


旅をテーマにしたブログである以上、パクリであろうとなかろうと実際にしたその旅ってその人のモノではあるけれど、
あってほしいそのひと自身の「ひとこと」の意識が・・・薄かったんじゃないかなあ なんて おばちゃん、思いました


なんかお互いの事情もよくわかんないのにとりとめなくってごめんなさい 

by Jam | 08 07, 2014 - URL [ edit ]

★宿はなし さん

こんにちは。コメントありがとうございます!
足跡からは何度かお邪魔させていただいてます(苦笑)。よろしくお願いします。

宿はなしさんもそんな経験がおありなんですか…。
その悔しさは、やられた方にしか分かんないですよね。
やっぱ落ち込みますし、引きずっちゃうの共感できます。
僕もずっとモヤモヤしてたんですが、言いたいこと書いたら何かスッキリしました(苦笑)。
色々失くす覚悟だったので、もうあとは野となれ、みたいな感じです今は。

っていうか、こんな状況なのにリンクのお話、嬉しいです。
こちらからもぜひお願いします。

by Kyo-to | 08 07, 2014 - URL [ edit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんにちは。
うわー、何か沁みるコメントありがとうございます(号泣)。
特に2段、3段目のあたり…。
まったく同感ですし、僕だったら真似しても全然面白くも何ともないと思うんですが、
それは例えば音楽を通して「表現」とか「オリジナル」を意識してきたダイヤモンド☆トナカイさんや
僭越ながら僕なんかだからそう感じるんであって、
もしかしたら、何の自覚もない人もいるかもしれないんじゃないかという気もしてきました…。

ところで、フェルナンデスYB-70、検索で出た画像見て一瞬で理解しました(笑)。
キャロル時代の永ちゃんのベースだったんですね。
フェルナンデスっていうと、ボウイ時代の布袋のギター、って印象だったんですが、
永ちゃんの時代からあったんですね(笑)。

あ、ダイヤモンド☆トナカイさんのブログの南薩線の記事、
リメイク版の方、リアルタイムで拝見してました。まさに、廃線の1年前の光景ですね。
あの素晴らしかった枕崎駅さえこの目で見てない僕は、乗車までされたなんて心底羨ましいです。

by Kyo-to | 08 07, 2014 - URL [ edit ]

★Jamさん

こんにちは。
あれま…、あぁ、悪態とかそんな感じなんですか…。
ツィッターのログ貼ってあった時、ブログと人格違った気がするのでさもありなん、かも(苦笑)。
もう関わりたくないので読みに行ったりはしませんが(僕も気が短いし)、
教えて下さってありがとうございます。

いや、一度苦情めいたこと言ったことあるんですけど、意味なかったです…。
「見本」がない時はすごく雑なのに、それが見つかると内容に急に広がりが出るんだから
どう考えたって何か「参考」にしてるって結論に至ってしまうし、
そしてたとえそれが僕のネタじゃなくても、「ひとこと」がどこにもないというのは、
うーん、きっと感覚が違う方なんでしょうね。

このエントリー、元々はストラトだけの記事にするつもりが(苦笑)こんなことになっちゃって、
まぁ僕もこんな展開も予測しつつ確信犯的に書いたところがあるので、もういいや、って感じです。
Jamさんこそ、もしかしたらとばっちり受ける可能性あるのに、ホントすみません。ありがとうございます。

by Kyo-to | 08 07, 2014 - URL [ edit ]

いつも楽しく見させていただいています。
35年くらい前に、母の実家のお墓参りも兼ねて旅行した時に、
南薩線に乗りました。当時はまさか数年後には廃止になるとも知らず、
吹上浜を訪ねました。十数年前に鹿児島に旅行した時に廃線を知りました。
11年前に亡くなった母とたった一度だけ、
二人で旅行した時の懐かしい思い出です。

by たんぽぽ・ママ | 08 09, 2014 - URL [ edit ]

★たんぽぽ・ママさん

こんにちは。コメントありがとうございます!

亡くなられたお母様とのたった一度の旅の思い出に南薩線が…。
素晴らしいエピソードをありがとうございます。

このエントリー自体はつまらない愚痴になってしまって
たんぽぽ・ママさんの思い出を穢さないか心配ですが(汗)、
3年前のGWに廃線跡をバスで辿った時の僕は
乗ることの叶わなかった南薩線に少しでも触れたい一心でした。

加世田にある記念館には、当時の写真や資料も多数展示されてましたので、
機会があればぜひ訪問なさってみて下さい。
僕も今回いただいたコメントで南薩線のイメージもさらに膨らみ、また訪れたくなりました。

by Kyo-to | 08 10, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。