RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2009-08-14 #03  越後線、白新線、羽越本線  〔新潟県〕

08 26, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
090814-29.jpg
2009年8月14日(金)、5年前のお盆の旅2日目、第3回。
弥彦線(やひこせん)完乗と彌彦(やひこ)神社参拝を終え、時間の都合でタクシーで戻った吉田駅から、次はJR越後線(えちごせん)へ。
吉田駅9:17発の越後線下り135M、新潟行きに乗車。

090814-30.jpg
越後線は、柏崎(かしわざき)駅を起点に吉田駅を経て新潟駅までの83.8kmを結ぶ路線。
1912年(大正元年)に前身の越後鉄道が開業、翌1913年(大正2年)、全通。1927年(昭和2年)10月1日に国有化、現在はJR路線に。

090814-31.jpg
直通列車もあるものの、大まかに柏崎~吉田/吉田~新潟と運転系統が分かれ、このとき乗車しているのは後者の、運転頻度の高い区間。この日の旅の主題は越後平野のJR路線制覇なので、もちろん残り半分もあとで乗ります。

090814-32.jpg
9:56ごろ、寺尾(てらお)駅で列車の行き違い。このとき僕が乗車していたのは左手のE127系。この寺尾の数駅手間の内野(うちの)あたりからは宅地が増え、一駅ごとに乗客も増えてく感じでした。

090814-33.jpg
10:15、終点の新潟駅に到着。

090814-34.jpg
上越新幹線駅でもありますが、在来線だけでも4面6線とターミナルらしい規模の大きな駅。訪問はこの時が初めて。
2014年現在、何と在来線の連続立体交差化、いわゆる高架化が進められているそうです(2021年度完成予定)。

090814-35.jpg
新潟駅舎(万代口)。後ほどまた訪問することになり、全景などはその時撮ってるのでこれはとりあえずの一枚。

090814-36.jpg
なので万代口の駅前風景も雑な感じで撮ってますなぁ(苦笑)。しかし、先に述べた高架化事業に伴って、現在は駅前も変わったみたいですね…。

090814-37.jpg
さて、越後線の北半分区間制覇の次は、JR白新線(はくしんせん)へ。
新潟10:27発の白新線下り631M、新発田(しばた)行きに乗車。車両は先ほどの越後線と同じくE127系。

090814-38.jpg
11:03、終点の新発田駅に到着。
白新線は新潟と羽越本線(うえつほんせん)のバイパス的な27.3kmの路線で、特急「いなほ」や、トワイライトエクスプレスも日本海縦貫線の一環として当路線を経由しますが、普通列車の観点からは完全に生活路線のようで、やたら混んでて途中の車窓写真などが一枚もありません(泣)。

090814-39.jpg
1912年(大正元年)9月2日、信越線の駅として開業。大正3年に村上線に編入、大正14年の赤谷線(あかたにせん=昭和59年廃線)開業と共に羽越本線の駅に。
羽越本線との分岐・合流駅ですが、僕が乗って来たデンシャは白新線内折り返しホームに佇んでいました。

090814-40.jpg
確かこの2009年は冷夏で、夏の暑さがニガテな僕は過ごしやすかった記憶があり、新発田駅脇のこのヒマワリを「そういえば夏やったんや」なんて思いながら撮ったのはナゼかすごく覚えてます。

090814-41.jpg
新発田駅からは、羽越本線へ。と言っても終点の秋田方面へ北上はせず、白新線でバイパスされてちょっと不憫な区間を新津(にいつ)まで。
11:35発の126Dに乗車。車両もディーゼルカー、運転士さんが準備運動されてたりして一気にローカルムードに(笑)。

090814-42.jpg
このJR東日本のキハ110に乗ったのはこの時が初めてだったかも。セミクロスシートの、クロス部が2+1列配置なのが珍しくて撮った写真だと思いますコレ。

090814-43.jpg
何れにせよ、白新線と打って変わって終始ガラ空きの車内でした…。車窓は、どこも新潟駅付近以外はこんな感じですけど(苦笑)。

090814-44.jpg
12:04、126Dの終点・新津駅に到着。

090814-45.jpg
1897年(明治30年)11月20日、信越本線の前身・北越鉄道の駅として開業。
国有化の後、現在はJR信越本線所属の駅ですが、羽越本線の起点、磐越西線(ばんえつさいせん=郡山起点)の終点でもあります。
訪問はこの時が初、3年後の2012年7月14日、磐越西線の旅の際に再訪しています。

090814-46.jpg
新津駅前風景。昭和な感じのアーケード通りに魅かれて散策してみたいんですが、この時も、そしていまだ実現してません…。

(つづく)

撮影日:2009年8月14日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2009-08-14 #04  信越本線 東三条~新潟 〔新潟県〕 福田静二さんの写真展 『京都七条 市電通り』 »

2 Comments

白新線を記事に紹介とはかなかなか渋いですね!というより羽越本線とかいわゆる北の日本海側ってものすごく独特の哀愁を感じますね。
途中の車掌が「ひとりバックブリーカー」を敢行している新発田駅の写真・・・まさにそこのホームは私が1984年に赤谷線制覇のために降り立ったホームです。お写真拝見して全く当時のまま、一発でそれと分かりました。

確かに私も近年に訪問してるのですが、1984年の記憶はあるのに近年の記憶が全くありません。とても不思議な現象ですが・・・

新潟駅は1982年が私の初訪ですが、当時は新幹線開業直前で在来線のホームがリニューアルされていたばかりですごく綺麗な真新しいホームに降り立ったのを覚えています。
その新潟駅も高架化されるとは。更なる進化に期待を込めて・・・

by ダイヤモンド☆トナカイ | 08 26, 2014 - URLedit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんにちは。
「ひとりバックブリーカー」とか(笑)
プロレスお好きなんですねホントに。

赤谷線、僕も乗ってみたかったです(泣)。
1984年といえばもちろん僕もこの世に存在してましたが、
まったく鉄道には興味がなく、赤谷線が存在することすら知らない頃でしたので…。

新潟駅は、今後大きく様変わりしそうですね。
僕の訪問はこの旅と、2012年の上越新幹線制覇の際の2回だけだったと思いますが、
こんなことなら、もっとじっくり見とけばよかったです。
県都のターミナル駅なのに、国鉄時代を感じさせる趣きが残ってたので。
僕の場合、高架化や地下化は進化とは思えないんですよね(苦笑)。

by Kyo-to | 08 27, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)