RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-15 #03  信越本線 黒姫駅と妙高高原駅  〔長野県/新潟県〕

09 21, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
140815-28.jpg
2014年8月15日(金)、お盆休みの旅2日目・第3回。
北陸新幹線開業に伴って3セク鉄道になる信越本線、長野~直江津間の駅めぐり中。
関山駅から上り342M長野行きで3つ目の訪問駅に到着。

140815-29.jpg
黒姫(くろひめ)駅。
所在地は長野県、信濃町(しなのまち)。7:57着。

140815-30.jpg
1888年(明治21年)5月1日、官設鉄道の柏原(かしわばら)駅として開業。1968年(昭和43年)10月1日、現駅名に改称。
来春は3セクの「しなの鉄道」、北しなの線の駅となります。

140815-31.jpg
ホーム上屋に掲げられていた、昭和っぽいウェルカムボード。俳人・小林一茶の故郷だそうで、ホームにも駅前にも句碑がありました。

140815-32.jpg
待合室に像もあるナウマンゾウの化石が発掘された野尻湖(のじりこ)の最寄り駅。僕みたいなバス釣り好きには福島県の桧原湖(ひばらこ)と並ぶスモールマウスバスの聖地としても知られてます。

140815-33.jpg
黒姫駅前でひときわ目を引いたのが、この旅館「ふじのや」さんの建物!

140815-34.jpg
1910(明治43)年創業、ちょうど100年経った2010年(平成22年)には国の登録有形文化財に。いつか泊まってみたいですね。ちなみにHPなどの表記は「藤野屋旅館」となってるみたいです。

140815-35.jpg
黒姫8:20の下り2375Mで8:28着、訪問4駅目の妙高高原(みょうこうこうげん)駅。

140815-36.jpg
1888年(明治21年)5月1日、官設鉄道の田口(たぐち)駅として開業。1969年(昭和44年)10月1日、現駅名に。

140815-37.jpg
妙高高原駅舎。所在地は新潟県、妙高市。
来春は3セク鉄道、長野側の「しなの鉄道」北しなの線と、新潟側の「えちごトキめき鉄道」妙高はねうまラインの境界駅となります。駅の管理は後者となる模様。

140815-38.jpg
跨線橋で結ばれた計2面3線のホーム、特に古レールも活用した島式ホーム上屋が印象的でした。

140815-39.jpg
かつては特急「あさま」、「白山」、「みのり」(現在は全て廃止)などが停車したという、妙高観光やスキー・スノボの拠点駅。

140815-40.jpg
跨線橋の幅も団体客対応で広い。突き当りの昭和な看板を見ると、温泉もたくさんあるんですね。

140815-42.jpg
駅舎内にあった、田口駅と呼ばれていた昭和30年代の頃の駅前風景写真。

140815-41.jpg
次の駅へ向かうために乗る8:54の下り普通列車は、3321M、「妙高」1号でした。

(つづく)

撮影日:2014年8月15日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-08-15 #04  信越本線 新井駅と春日山駅  〔新潟県〕 2014-08-15 #02  信越本線 牟礼駅と関山駅  〔長野県/新潟県〕 »

- Comments
2 Comments

こんばんは。

大学生の教養時代、東京から夜行に乗り、明け方妙高高原に着き、休む間もなく燕温泉で地獄のスキー合宿に二年間参加しました。精神的にも鍛えられた気がします。とても苦しかったですが、Kyo-to様の写真を拝見して久しぶりに訪ねてみたくなりました。

by りえてつ | 09 21, 2014 - URL [ edit ]

★りえてつさん

こんばんは。コメントありがとうございます!

え!?りえてつさん、大学時代は東京にいらっしゃったんですか~。
かつては東京からも大阪からも、妙高高原行きの列車があったみたいですね。
地獄のスキー合宿(笑)は、想像するだけでもキツそうですけど、
きっとのちのち、貴重な経験として役立ってると思えるんでしょうね。
僕もそういう体験しておけばよかったなぁ…。

by Kyo-to | 09 22, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。