RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-08-16 #03  氷見線 島尾駅と雨晴駅  〔富山県〕

10 04, 2014 | デンシャ旅 -北陸(JR)

0 Comments
140816-37.jpg
2014年8月16日(土)。お盆休みの旅3日目・第3回。
降りしきる雨の中、JR氷見線の駅めぐりを続けています。
この日5つ目の訪問駅に到着。

140816-38.jpg
島尾駅。
越中国分駅から8:25の下り529Dで8:32着。

140816-39.jpg
儲かってないサーフショップみたいな、個人的には残念なタイプの駅舎…。
島尾駅は1912年(明治45年)4月5日、前身の中越鉄道が伏木駅から延伸した際、終着駅として開業。現在の駅舎に建て替わったのは1990年(平成2年)2月のことだそう。

140816-40.jpg
駅前のタバコ屋さんの建物は重厚で見応えがありました。昔は宿屋か何かだったんでしょうか。

140816-41.jpg
駅舎内の鉄骨の柱。通学生の落書きだと思いますが、どんなに時代が変わっても内容は不変なんですね。相合傘とかw

140816-42.jpg
島尾駅からは8:50の上り528Dで一つ手前の雨晴(あまはらし)駅へ。8:53着、下り531Dと列車交換。

140816-43.jpg
雨晴。こんな荒天の日にうってつけの駅じゃないですか。もっとも、義経伝説にちなんだ雨晴海岸の最寄り駅というだけのことのようですが。

140816-44.jpg
1912年(明治45年)4月5日、中越鉄道の伏木駅~島尾駅間延伸時の開業。

140816-45.jpg
雨晴駅舎。国鉄時代の古い写真では下見板張りの外壁だったようですが、基本的に大きな変化はないみたいです。

140816-46.jpg
2面2線、構内踏み切りで結ばれた相対式ホーム。左手の松林の向こうがすぐ海岸で、ロケーション、雰囲気ともに上々。晴れていればなお良し…。

140816-47.jpg
まさかの、「雨晴」とまではいきませんが小止みになったので海岸へ行ってみることに。

140816-48.jpg
果たしてそれは完全にぬか喜びでした。浜に出た途端、元のどしゃ降りに。アホを見る目でちらと振り返る二羽のカラス。

140816-49.jpg
ホーム側からは分からなかったけど、駅と浜の間に建つ民家(あるいは民宿)は、ほとんどどれも廃墟でした。

140816-50.jpg
駅のホームからも見える、雨晴海岸の女岩。空気の澄んだ晴れた日の、立山連峰をバックにした写真などでも有名ですが、もう何か、風雨に耐えて傘を差しながらカメラを構えるのすらツラい…。

140816-51.jpg
途方に暮れるも濡れたベンチに座ることもできず。てか、こんな凪ぎ用ポジションじゃ波も怖ぇよ!

140816-52.jpg
気配に駅を振り返ると、9:23の上り530Dの入線。こんな状況ならコイツでここを去ればよかったと気付くも、もう間に合わない。

140816-53.jpg
次は10:35の下り533Dまで便はありません。元々たっぷり1時間半、それでも時間が足りないかな、とか思いながら海岸や街歩きを楽しもうと計画していたのに全部パー。失意で駅へ戻ると待合室の蛍光灯まで消されてて、なお意気消沈。

140816-54.jpg
さらに追い打ちをかけるように、スマホでチェックした運行情報が、昼から訪問予定の城端線(じょうはなせん)の大雨による運転見合わせを伝えていました…。

(つづく)

撮影日:2014年8月16日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-08-16 #04  氷見線 氷見駅  〔富山県〕 2014-08-16 #02  氷見線 伏木駅と越中国分駅  〔富山県〕 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)