RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-08-16 #09 END  城端線 東石黒駅と城端駅  〔富山県〕

10 15, 2014 | デンシャ旅 -北陸(JR)

4 Comments
140816-143.jpg
2014年8月16日(土)。お盆休みの旅3日目。
午前中は氷見線、そして午後の城端線の駅めぐりも今回がようやく最終回。

140816-144.jpg
福光駅から17:50の上り344Dで17:54、城端線内8つ目の訪問駅・東石黒に到着。

140816-145.jpg
1951年(昭和26年)8月10日、国鉄城端線の駅として開業。単式ホームと待合室しかない駅です。

140816-146.jpg
待合室脇に花壇と、斜めになってるキロポスト(距離標)。城端線の起点・高岡駅から22km、を示してます。

140816-147.jpg
待合室の窓枠に、最近見なくなったアマガエルが。(ダメな人、ゴメンなさい)

140816-148.jpg
特に記してませんでしたが、氷見線も城端線も全線単線。考えてみれば、ルーツで明治30年開業の中越鉄道時代からこの2本のレールの上を、どれだけの人が行き交ったんでしょう。(踏切からの撮影)

140816-149.jpg
18:05、下り343Dがやってきました。

140816-150.jpg
時間的にも次が本日最後の訪問駅。

140816-151.jpg
18:18、この日の駅めぐり旅を締めくくるに相応しい、城端線の終着駅・城端に到着。

140816-152.jpg
1897年(明治30年)10月31日、中越鉄道の福光駅からの延伸時に終着駅として開業。国有化、国鉄分割民営化を経て現在に至る。

140816-153.jpg
起点・高岡駅から29.9km、行き止まりの終点。

140816-154.jpg
2008年以来の再訪ですが、やっぱり惚れ惚れするようなイイ木造駅舎。

140816-155.jpg
全体的に戸出駅と似た、中越鉄道初期の、あるいはこの時代の流行りの建築のようです。

140816-156.jpg
割と小柄な駅舎なのに、どっしりした造りのせいか大きく感じる駅舎です。

140816-157.jpg
ともあれ、6年前と何ら変わらぬ姿にホッと一安心。清々しい気分でこの日の駅めぐりを終えることができました。

140816-158.jpg
では、18:33発の上り346Dで高岡へ戻ります。

140816-159.jpg
19:21、高岡に帰還。そういえばこの2両ともオレンジの編成は、この日の城端線で最初に乗車したヤツじゃないか。憎い演出やね~(違)。

140816-160.jpg
今宵も高岡に、つまり連泊。午前中の大雨でどうなることかと思いましたが、幸いにして氷見・城端両線の駅めぐりは計画通りに終えることができました。ただ、城端線は全駅訪問までまだ3駅ほど残ってるんですね実は。
今回の旅の最終日となる翌朝、サクっと片付けて、なんて考えてたんですが、まさか最後の最後に落とし穴が待っていたなんて…。

(最終日の旅につづく)

撮影日:2014年8月16日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2014-08-17 #01  城端線 豪雨の東野尻駅  〔富山県〕 2014-08-16 #08  城端線 越中山田、高儀、福光駅  〔富山県〕 »

4 Comments

氷見線、城端線というと思い出すのが、唄う国鉄職員伊藤敏博です。車掌としてこの界隈で乗務していたとか。
氷見線の車内で伊藤敏博の話しをしていると地元の熱烈なファンというオヤジさんに絡まれて往生したのを思い出します。

by サットン | 10 15, 2014 - URLedit ]

7枚目の写真、郷愁を誘われる感じがしてとても好きです。
光条の出たヘッドライトが、写真に味を加えていますね~

by mcd | 10 16, 2014 - URLedit ]

★サットンさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

一瞬、伊藤博文かと思いましたが(苦笑)、伊藤敏博さんは僕はまったく存じませんでした…。

・国鉄富山車掌区の職員ながら自作の「サヨナラ模様」がヤマハ・ポプコンのグランプリを獲得
・その後も車掌を続けた
・伊藤さん目当てのファンが北陸路に殺到して話題にもなった

というようなことが検索してみて分かりましたが、まぁ伊藤さんもそのオヤジさんも、
僕がイメージする、昔の映画とかドラマに出てくるような
国鉄時代の風景には似合ってそうな気がしました(笑)。

by Kyo-to | 10 17, 2014 - URL [ edit ]

★mcdさん

こんにちは。
そんな風におっしゃっていただけてホントに嬉しいです!
その写真は、デンシャではなく木造のボロい待合室を
大胆にクローズアップした構図が(自分で言うな)
自分でも気に入ってるのでなおさら(笑)。

心情的にはモノクロとかセピアにしたくなるんですが、
複数の一枚だけ急に色調があざとく変わったりするのは嫌いなので(笑)やめました。

by Kyo-to | 10 17, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)