RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-11 #03  肥薩線 矢岳越え  〔熊本県/宮崎県〕

11 05, 2014 | デンシャ旅 -九州(JR)

6 Comments
091011-30.jpg
2009年10月11日(日)、5年前の九州「西日本パス」の旅2日目・第3回。
肥薩線の観光列車「いさぶろう」1号は大畑(おこば)駅を出発、スイッチバックのあとループ線へと入ります。

091011-31.jpg
至れり尽くせり、線路沿いに略図看板が設置されてます。ループしてるから何?ってハナシなんですが、そうまでして勾配緩和が必要だったSL時代の産物、いまも残るからこそ貴重、というワケです。

091011-32.jpg
ループを完了して高度を稼いだ暁には、先ほど停車&スイッチバックした大畑駅が眼下に。

091011-33.jpg
10:46ごろ、肥薩線最高所に位置する矢岳(やたけ)駅に到着。

091011-34.jpg
標高536.9m。

091011-35.jpg
駅舎内。

091011-36.jpg
素晴らしい木造駅舎ですが、わずかな滞在時間で味わうのは難しい…。

091011-37.jpg
SL展示館も併設されてるので、大畑駅よりは長めの停車時間をとってくれてるみたいです。

091011-38.jpg
展示館と言っても、かつて肥薩線で活躍していたというD51-170がポツンと。一緒に置かれていた8620形58654は現在、観光列車「SL人吉」牽引機として現役復帰したんだとか。

091011-39.jpg
さて、10:53ごろ矢岳駅を発った列車は間もなく日本三大車窓の一つ、えびの高原と霧島連山を望む絶景ポイントへ。

091011-40.jpg
停車してくれるのでみんな一斉に眺めます。知らずに目にしたら超サプライズな光景だろうけど、絶景ですって言われて見ると「ふーん」って感じ(苦笑)。この2年後に再訪もして都合3度目にしてますが、それでも僕は篠ノ井線・姨捨の善光寺平の眺めの方が好きかな…。

091011-41.jpg
肥薩線最大の難所、矢岳越えを終えるとあとは下り。もう一つのスイッチバック駅、真幸(まさき)が見えてきます。

091011-42.jpg
11:08ごろ、真幸駅着。さっきの写真でも駅舎のところに大勢写ってますが、地域ボランティアの方々が色んな形で歓迎してくれます。

091011-43.jpg
真幸駅。このあと肥薩線は鹿児島県へと入りますが、ここだけ一瞬、宮崎県。

091011-44.jpg
「真幸」という駅名にちなむ「幸せの鐘」が名物。
ところが駅名とは裏腹に、この先のトンネル内で53名もの復員兵が命を落とした列車退行事故や、駅ごと呑み込まれる土石流災害に見舞われる悲しい過去も…。

091011-45.jpg
11:12ごろ、「いさぶろう」1号の終点・吉松へ向け真幸駅を出発。

091011-46.jpg
11:19着予定を2分ほどオーバーして吉松駅に到着。肥薩線「山線」の旅が終わりましたが、確かに見どころの各ポイントは世界遺産級の貴重なものばかりなのに、このツアー型の観光名所めぐり的なスタイルが僕のリズムに合ってないせいか、正直に言うとちょっと期待外れな印象で、再訪までしてるのにいまも肥薩線というと何だかニガテな感触がずっと残ってしまってます…。
それはともかく、このあとは右手に控える特急「はやとの風」に乗り継ぎます。

(つづく)

撮影日:2009年10月11日
カメラ:Nikon D700 +
 Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2009-10-11 #04  はやとの風で鹿児島中央へ  〔鹿児島県〕 2009-10-11 #02  肥薩線 いさぶろう1号  〔熊本県〕 »

- Comments
6 Comments

いさぶろう・しんぺいの愛称が付いていない普通列車なら、
お客さんも少なくてのんびりできますよ~。
自分が山線に乗った時も、始発列車で終始貸切りでした。
まあ、途中駅には降りられませんけど。

九州横断特急から観光列車のオンパレードですね。
鹿児島中央から「いぶたま」なら完璧!?

by ねじまき | 11 05, 2014 - URL [ edit ]

こんにちは。

吉松駅ってことは、、、
次回の更新は、Kyo-toさんのテンションが上がること間違いなしな「あの駅」に行かれると想像します。

停車時間は短かそうですが、楽しみにしていますね。

by 宿はなし | 11 05, 2014 - URLedit ]

真幸駅と言えば国鉄時代にはホームの砂利が枯山水のように整えられていることで有名でした。ホント歩くのが申し訳ないほどでした。裏を返せばそれだけ暇な駅だったわけですが。今から30年も前の話しです。

by サットン | 11 06, 2014 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

この2年後のGW、普通列車での山線も経験してるんですけど、
その時は夕方だったからか貸し切りとまではいきませんでした。
でもフツーのキハ40のボックス席で味わう山線はやっぱ良かったです。

「いぶたま」、この時に登場してたら乗ってたかもしれません(笑)。
「西日本パス」があったからこその、
いまとなってはありえない観光列車堪能プランの旅でしたから。

by Kyo-to | 11 07, 2014 - URL [ edit ]

★宿はなしさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

「あの駅」とは、そう霧島温泉駅のことですね。
ボクって温泉に目がないから~…ってそんな記事いままで一つもないし!(笑)

もとい、嘉例川、もしくは大隅横川に決まってますよね。
いや、僕もめっちゃ楽しみにしてたしテンション上がるハズだったんですが…。
イベント会場みたいな状況で駅を見ても一つも面白くないんだな、とこのとき悟りました(苦笑)

by Kyo-to | 11 07, 2014 - URL [ edit ]

★サットンさん

こんにちは。
真幸駅のその枯山水庭園のようなホームの様子、
僕が古書で手にした1983年・山と渓谷社発行の
『日本の鉄道 国鉄幹線車窓の旅』11巻九州編の写真で見ました!

タブレット閉塞機を操作する駅員さんの写真もあります。
その頃は駅員さんが居たんですね…。

by Kyo-to | 11 07, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。