RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2015-01-12 #03  糸魚川駅 アルプス口  〔新潟県〕

02 09, 2015 | デンシャ旅 -北陸(JR)

6 Comments
150112-28.jpg
2015年1月12日(月)、今年最初の旅 最終日 第3回。糸魚川駅、529M。

150112-29.jpg

150112-30.jpg

150112-31.jpg
昨年9月に開通した南北自由通路のアルプス口。

150112-32.jpg
糸魚川駅アルプス口(新幹線)駅舎。

150112-33.jpg

150112-34.jpg

150112-35.jpg

150112-36.jpg

150112-37.jpg

150112-38.jpg

150112-39.jpg

150112-40.jpg

150112-41.jpg
糸魚川駅 日本海口駅舎。

150112-42.jpg

150112-43.jpg
初代の糸魚川駅舎(自由通路開通記念写真展の一部)。

150112-44.jpg

150112-45.jpg


8:22着の糸魚川(いといがわ)駅で36分間の停車。ガラガラの車内の座席にバックパックを置いて駅の外へ。改札を出ると、昨年夏には行き止まりだった自由通路のアルプス口(新幹線駅舎側、南口)が開通していた。いい暇つぶしになる、と迷わずそちらへ出てみる。各種資料やアナウンスには「日本海と北アルプスをイメージ云々」と謳われていても、写真でも見ないときっと思い出せないようなご立派な新幹線駅舎も完成している。

その出入口部分が悲しい。世界遺産級の歴史的価値があったと言っても過言でない、あの赤レンガ車庫がアーチ開口部のある正面だけ書き割りのように加工されて立っている。動物の剥製、それももっと趣味の悪い、応接間のシカの首だけのものを見せられているようだ。これならいっそ、永久に消えてくれた方がよかった。

その奥には展示の目玉らしい、大糸線を引退したキハ52が仕舞われていた。一度だけ僕が乗ったヤツかと思ったが、車番から現役当時は朱色一色だったのをツートンに塗り直したもののようだ。ナゼかこの一瞬だけ日が差し、照らされたキハ52が外へ出たがってるように見えた。もちろんただの偶然と、僕の感傷的な解釈に過ぎない。

自由通路を通り直して、北口の日本海口へも出てみる。駅前の古い旅館だったか店だったかのあった場所はすっかり更地になっていた。糸魚川は僕にとっては何も見るべきものがない駅になってしまった。

8:58、到着時と変わらずガラガラの529Mが再び走り出す。行く手はまた暗雲が立ち込め、海も荒れてきた。

(つづく)

撮影日:2015年1月12日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2015-01-12 #04  北陸本線 有間川駅  〔新潟県〕 2015-01-12 #02  北陸本線 泊~糸魚川  〔富山県~新潟県〕 »

6 Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 02 09, 2015 - [ edit ]

★鍵コメさん

ご丁寧にありがとうございます。
僕もこれまで5匹のワンコとさよならしてきましたが、
何度お別れしても慣れることなんてありませんし、
ツラいですよねこればっかりは…。
お気持ちお察しいたします。

by Kyo-to | 02 10, 2015 - URL [ edit ]

最近雑誌か何かで、展示されたキハ52を見ましたが、きっとここのことでしょうね。
今はこうなってるんですね、糸魚川駅。

今回の題名のアルプスロ、『あるぷすろ』って読んじゃいました…(恥)
駅裏の住民にとっては便利になったことでしょうね。
確かに赤レンガの扱いは、劇的ビフォーアフターで思い出の品を容赦なく切り刻んでしまう匠を彷彿させます。
何とも言い難い複雑な気持ちです。
胸中、お察しします。

by ねじまき | 02 10, 2015 - URL [ edit ]

おはようございます。
昨日のコメント、変な言葉を使ってしまいすみません。「全体を総合しての雰囲気」といった意味で書きました。お写真はいつもの素敵なお写真なのに、文体や文章の配置を変えられたことで、随分と雰囲気が変わって、連載のエッセイを読んでいる気分です。
業界とは広告やウェブの制作などでしょうか。
私自身は、広告と関わりが密な別の分野で仕事をしています。(答えになっていませんね…興味があれば聞いて頂ければと…)
さて、つまらない話はおいておき、糸魚川駅、このようになってしまったのですね…残念の一言です。
初めて赤煉瓦の車庫を見かけたとき、停まっていた古い気動車の風情を含め、時間の蓄積を美しいと感じたものでした。
一度でも駅を降りて、近くへ見学に行っておけばよかったと悔やんでいます。
お写真を拝見して、もう今の姿を知ってしまいましたので、敢えて行こうとは思わなくなってしまいました。
このような残し方、個人的には意義を感じられません。むしろ、赤煉瓦の車庫をモチーフとして、新しい建物に昇華させてくれる方が、余程小気味良いですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

by 風旅記 | 02 10, 2015 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんにちは。
アルプス口=あるぷすろ(笑)。
音楽ユニットで、□□□(くちろろ)っていうのがあるんですよ。
こういう言葉遊びは好きなんですけど、PC上の文字で区別するのは実際難儀ですよね…。

糸魚川、別に貶めたいワケじゃないんですけど、
僕にとっては悲しい駅になってしまいました…。
せめて新幹線開業後、ジオパークとして賑わってくれることを望みます。

by Kyo-to | 02 11, 2015 - URL [ edit ]

★風旅記さん

おはようございます。
いえ、興味はありますけど特にこれ以上深く詮索するつもりはございませんので(笑)。

赤レンガ車庫については僕も同じように後悔してます…。
これだけ当時を知ってるような口ぶりですが、その実、大糸線のホームから眺めただけなので。
でも、たったそれだけでも心に深く響く存在感を放っていたのがあの車庫でした。
保存活動をされていた方々などは現在の状況をどう感じてらっしゃるんでしょうね…。

by Kyo-to | 02 11, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)