RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2015-02-07 #01  復活・信楽高原鐵道  〔滋賀県〕

02 16, 2015 | 信楽高原鐵道

2 Comments
150207-1.jpg
2015年2月7日(土)。
一昨年9月の台風18号による豪雨災害から昨年11月に復活した信楽高原鐵道を訪問。

150207-2.jpg

150207-3.jpg

150207-4.jpg

150207-5.jpg

150207-6.jpg

150207-7.jpg
豪雨で流出、架け替えられた杣川(そまがわ)橋梁

150207-8.jpg
橋梁通過時の車内から

150207-9.jpg

150207-10.jpg

150207-11.jpg

150207-12.jpg

かつての国鉄信楽線を3セク方式で継承した信楽高原鐵道。2013年9月16日の台風18号の豪雨災害により、杣川橋梁の流出をはじめ、沿線各所で土砂崩れや路盤流失が発生。以来、全線で運休を余儀なくされ、一時は復旧費用の問題から廃線さえ検討されながらも何とか国からの補助を受け、翌2014年11月29日に運行再開を果たした。

ニュースでは知っていたものの何のアクションも起こさず、2008年の初訪問以来の再訪という僕が何かを述べる資格はないけれど、小川と言っていい規模の杣川が鉄橋を橋脚ごと流してしまう昨今の豪雨の破壊力と恐怖は、新しくなった橋梁を実際に見て初めて想像できたような気がした。近場の鉄道なのだから、災害発生時からもっときちんと受け止めておけばよかった。

(つづく)

撮影日:2015年2月7日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2015-02-07 #02  SKR全駅 貴生川、紫香楽宮跡  〔滋賀県〕 2015-01-10~01-12  福鉄再訪、北陸本線惜別の旅 index »

2 Comments

 こんにちは

昨年12月30日に運行再開された信楽高原鉄道に乗りました。
初めての乗車で 貴生川駅からずっとビデオ撮りしていましたが これが被害にあった杣川橋梁?って にわかには信じられませんでした。
もっと 山間部の渓流沿いなのかと思ってました。
kyo-toさんのおっしゃる通り小川程度の杣川で橋梁が流されるなんて 昨今の集中豪雨には神様の人類への警告みたいなものを感ぜずにはいられません。

廃線にならずに運行再開されてよかったと心から思います。

by オバ鉄 | 02 16, 2015 - URL [ edit ]

★オバ鉄さん

こんにちは。

そういえば、昨年末にこちらへいらっしゃってたんでしたね(笑)。
おっしゃる通り、杣川は貴生川を発ってすぐに現れる、
ここがホントに!?ってビックリするような小規模な河川ですよね。
象徴的だったので杣川橋梁ばかりが取り上げられますが、
信楽駅付近の川岸も、いまだに改修工事の真っ最中でした。

ホントに信楽高原鐵道の復活は喜ばしいものですが、
もう無邪気に鉄道の旅を楽しめる時代は遠い昔のことになってしまったのかもしれません…。

by Kyo-to | 02 17, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)