RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2008-02-10 #03  伊予鉄道高浜線 山西、梅津寺、高浜  〔愛媛県〕

02 25, 2015 | 伊予鉄道

0 Comments
080210-33.jpg
2008年2月10日(日)。伊予鉄道高浜線。

080210-34.jpg
山西(やまにし)駅。

080210-35.jpg

080210-36.jpg

080210-37.jpg
梅津寺(ばいしんじ)駅。

080210-38.jpg

080210-39.jpg

080210-40.jpg

080210-41.jpg

080210-42.jpg
梅津寺パーク。

080210-43.jpg
当時、郊外線のフリー切符はなかったのでIC乗車券で周った。

080210-44.jpg

080210-45.jpg
終点・高浜駅。

080210-46.jpg

080210-47.jpg

080210-48.jpg

080210-49.jpg

080210-50.jpg

初の四国、松山で真っ先に駆け付けた三津駅は去り難い場所だったが、せっかく来たのだからとこのあと伊予鉄道郊外線を乗りつぶすつもりでいた。そして目ぼしい駅には降りてみる。
三津駅から市駅方面へ一駅戻って、山西。ホームしかないような駅で、いまとなってはナゼ訪問したのか自分でも分かりかねるが、多分、三津駅同様に自転車であふれる生活感いっぱいの駅の周りの雰囲気が気に入ったんだろう。

再び三津駅を通り過ぎ、次は梅津寺。浜辺に建つ、気持ちのいい駅だった。ホームに「東京ラブストーリー ロケ地」の文字。いまから四半世紀近く前のドラマで、近年CSで放送されたのを僕も観たが、ここ梅津寺が確かに最終回の舞台となっていた。劇中、この駅で主人公の二人が一足違いで別れることになるのだが、実際に訪れて単線の盲腸線であることや駅の位置関係が判るとその設定に矛盾があることに気付き、可笑しくなってくる。かように鉄道なんかに詳しくなるとドラマひとつ単純に楽しめなくなる。もっとも、東山の寺を出た次の一瞬でそこは嵐山、というような京都が舞台の映像作品も山のようにあるから、鉄道に限った話ではないけれど。
ともあれ、その「東京~」にも映っていてこの時僕も目にした、駅の傍の遊園地「梅津寺パーク」も、この翌年2009年に閉園してしまったのだそうだ。

梅津寺の北隣の駅が高浜線の終点、高浜駅。戸籍上は起点らしいが、松山市中心部から見れば高浜線の北の果てだ。三津駅と同時期の建築と云われる駅舎が素晴らしい。駅前は瀬戸内の島へ渡る船乗り場で、寅さんか金田一耕助がふらりと現れてもおかしくないような昭和な空気が流れていた。この時点で僕はもうすっかり伊予鉄が好きになっていた。

(つづく)

撮影日:2008年2月10日
カメラ:Canon IXY DIGITAL 900IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 売り切れる時刻表 2008-02-10 #02  伊予鉄道 三津駅  〔愛媛県〕 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)