RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-14  江若鉄道 近江今津駅舎  〔滋賀県〕

03 18, 2015 | デンシャ旅 -関西(私鉄・三セク)

2 Comments
150314-1.jpg
2015年3月14日(土)。
江若(こうじゃく)鉄道、近江今津駅舎。
大正10年開業、昭和44年に廃止された江若鉄道、唯一の忘れ形見。

o_i.jpg
現役時代の近江今津駅。

150314-2.jpg

150314-3.jpg

150314-4.jpg

150314-5.jpg

150314-6.jpg
たまたま出会ったおじさんが現役時代の駅の様子を話してくださった。

150314-7.jpg

150314-8.jpg

150314-9.jpg

150314-10.jpg

150314-11.jpg

150314-12.jpg

150314-13.jpg

150314-14.jpg

150314-15.jpg
JR湖西線の車窓。


まったく予定もしていなかった江若鉄道の近江今津駅舎を訪問することになった。というか、駅舎の存在すら知らなかったのだが、大津市歴史博物館で開催中の企画展『江若鉄道の思い出』を見に行き、京都市電の写真展に何度かお誘いいただいている福田静二さんの「江若、最後の二日間を追って」という講演も拝聴していたところ、現在唯一残る江若鉄道の遺構である近江今津駅舎も近々取り壊されると耳にした、とおっしゃったからだった。

江若鉄道は僕の生まれる前に既になくなっていた鉄道なので実際に目にしたことはないし、廃線跡は現在のJR湖西線とほぼ重なっていて当時を偲ばせるものも皆無と言っていい。それでも、浜大津から近江今津までの長い距離をせいぜい2両ほどの気動車がのんびり走っていたという事実は僕の心を惹きつけて止まない。そのたった一つの遺構が駅舎という確かな形で残っていて、しかも間もなく消える運命にあると聞いては行かずにはいられない。本来の予定を不意にして往復2時間は少々ヘビーな気もしたが、大津京駅から湖西線に乗ってJRの近江今津駅へ向かった。

JR駅から徒歩数分で特徴的な三角屋根を持つ江若鉄道近江今津駅舎に辿り着く。正直、ずいぶん昔に潰れた趣味の悪い喫茶店か何かにしか見えず、知らずに通りかかっていても駅舎とは気付かなかっただろう。それでもスマホの画面に表示させた往時の写真と比べてみると意外に「そのまま」なことが分かって面白かった。結局、小一時間ほど滞在、昭和6年からここに建つ貴重な歴史的建築物の喪失を惜しむ気持ちでいっぱいになったのだが、通り過ぎる地元の人々は視線をちらりと向けることさえなく誰も気に留めていない様子だった。


撮影日:2015年3月14日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 19日放送の「和風総本家」に写真を使っていただいた 回想 僕のJR北陸本線 2011-2015 »

- Comments
2 Comments

住んでいる人達から必要とされなくなったものは残酷ですがやがて消えゆく運命にあります。
自分の客観的が評価が中々出来ないのと同じで、普段目にしてる建物などの価値というものは分からないものです。
kyo-toさんのように第三者的目線で街を記録していく行為は大変意義のある事だと思います。
私は作品としての写真を撮りたいと日々精進しているのですが、実は記録としての写真の方がずっと価値があるのではないかと思い始めました。

by しろまめ | 03 19, 2015 - URL [ edit ]

★しろまめさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

役目の終わった駅舎に対するしろまめさんの考察、正におっしゃる通りですね。
僕もアタマでは分かってるつもりなんですが、そうしたモノへの執着心ばかり強くて…(汗)。

「記録」スタイルの僕自身も、素晴らしい「作品」には敬意を表しますが、
中には被写体を単に「作品」のためのネタとしか考えてないんじゃないか、
というような写真も見受けられ残念な思いをすることもあります。
というか、写真スタイル云々より被写体とどう向き合うか、が大切な気がしますが、
日々考察を重ねておられるしろまめさんは真摯に写真を撮られる方だと思います。

by Kyo-to | 03 20, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。