RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-20 #02  飯田線 湯谷温泉、野田城  〔愛知県〕

03 25, 2015 | デンシャ旅 -東海(JR)

6 Comments
100320-21.jpg
2010年3月20日(土)。
5年前のJR飯田線の旅、第2回。

100320-22.jpg
9:31、湯谷温泉(ゆやおんせん)駅。

100320-23.jpg
1923年(大正12年)2月1日、私鉄の鳳来寺(ほうらいじ)鉄道により湯谷停留場として開業。昭和18年の国有化を経てJR化後の1991年(平成3年)12月14日、現駅名に改称。

100320-24.jpg

100320-25.jpg
駅前の、営業してなさそうだったホテル。この翌年(2011年)に解体されたらしい。

100320-26.jpg
豊川(とよがわ)水系の宇連川(うれがわ)。

100320-27.jpg

100320-28.jpg
10:01、上り528M。

100320-29.jpg
119系電車内のドア開閉ボタン。

100320-30.jpg
鳥居~長篠城(ながしのじょう)間、豊川を渡る。

100320-31.jpg
10:29、東新町駅停車中。

100320-32.jpg
10:38、野田城(のだじょう)駅。

100320-33.jpg
1918年(大正7年)1月1日、豊川鉄道の駅として開業。

100320-34.jpg

100320-35.jpg

100320-36.jpg
駅前風景。

100320-37.jpg

100320-38.jpg

100320-39.jpg
下り517Mが到着、無人駅のため車掌さんが集札業務を行う。


新城駅での列車交換の後、奥三河と呼ばれる山間部にある3つ目の訪問駅、湯谷温泉に到着。線内の名駅舎として割と知られた駅なので楽しみにしていた。が、実際に目にしてみると全面板張りの誰が見ても古い木造駅舎なのに、武骨で何とも捉えどころがない。というか、そもそも駅舎に見えない。私鉄の鳳来寺鉄道が開業した当時は直営の宿として営業していたらしいが、車寄せがあったと思わしき部分が雑にトタンで覆われているのと、窓という窓が全部閉まっているのが建築物としてのバランスを壊しているのかもしれない。とにかく僕は何だかモヤモヤした感覚だけが残った。

駅舎はあまり熱心に撮らず、残り時間は周辺を散策した。宇連川沿いに宿が建ち並び、昭和な温泉郷の風情を感じさせるけれど、どこも廃墟のようにしか見えない。特急「伊那路」の停車駅なので現在も温泉地としてそれなりの名目を保っているんだと思うが。
10:01、上りの列車で豊橋方面へ引き返す。同じ時間で一つでも多く駅を巡ろうと思ったら上りと下りの便をうまく組み合わせるしかない。同じところを何度も行ったり来たりすることになるが、そのぶん路線の記憶は濃くなる。

4つ目の訪問駅、野田城は10:38着。この駅舎は一目で気に入った。

(つづく)

前回「2010年1月号のコンパス時刻表を参照」と記したが湯谷温泉駅からの528Mのダイヤが合致しない。3月のダイヤ改定で変化しているようだ。そういえばこの旅の最初、豊橋駅で中部版の小さな時刻表を買ったのだった。捨ててはいないハズだが見当たらないので止むを得ず2011年10月号のコンパス時刻表を代用する。


撮影日:2010年3月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D、Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2010-03-20 #03  飯田線 新城、本長篠  〔愛知県〕 2010-03-20 #01  飯田線 牛久保、三河一宮  〔愛知県〕 »

- Comments
6 Comments

湯谷温泉の町並み、行く度に少しずつ寂しくなっていくのが残念です。

by ぞうまさ | 03 25, 2015 - URLedit ]

こんばんは、

実は総集編で見ていて、気になっていた旅行記です。
50mmF1.4のレンズだけで旅に出たという伝説の旅行記ですね。
ましてや、飯田線という、ローカル線の中のローカル線ですから。

僕も最近単焦点レンズを購入したんですが、50mmという焦点距離に苦戦した感じがなんとなく感じられます。

個人的なことを言うと、近い将来、湯谷温泉の方に転勤の話しがあるとか?ないとか?
旅に出るには難しい場所になるなぁ、、なんて思っています。

続きも楽しみにしています。

by 宿はなし | 03 25, 2015 - URLedit ]

★ぞうまささん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

やっぱりそうなんですね。この記事を書くにあたって湯谷温泉駅について調べてたら、
駅前のホテルが跡形もない写真を見つけて、そんなことですら僕もちょっとショックでした。

by Kyo-to | 03 27, 2015 - URL [ edit ]

★宿はなしさん

こんばんは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

「50mmF1.4のレンズだけで~」って、書いた当人すら忘れてたような
すんげ~マニアックなポイントに注目して下さってるんですね!(笑)

いま写真を見てると、これはこれでイイかな、とか思ったりもするんですが、
50mm(D700はフルサイズなので額面通り)という画角は僕には狭く感じるので、
場所や状況を説明するには向いてない気がしてこの旅ではかなりイラっとしたものでした。
不自然なパースが付かない、俗に言われる「見たまま」に写る点は好きです今も。

ところで湯谷温泉に転勤?宿はなしさんって板前さんとかボイラーマン?(笑)
何れにせよ確かに鉄道旅の拠点には厳しい場所ですよね…。

by Kyo-to | 03 27, 2015 - URL [ edit ]

こんばんは。
飯田線の旅の様子を楽しませて頂いています。
元私鉄らしく、明らかに国鉄の幹線とは違って短い距離にたくさんの駅があり、ローカル線の中でも独特な路線ですね。
一つ一つの駅の記憶はあまり残っていませんが、山深くを走り、また南アルプスの山並みを眺めながら、小さな駅に何度も繰り返し停まっていったのを覚えています。
今では、走る電車もより新しいものになり、鉄道の見た目としては雰囲気が変わったことと思います。
お写真を拝見していますと、行きたくなりますね。
車掌さんが切符を回収しているお写真、ローカル線を旅しているときのリアリティーがあるように感じられて、好きです。自然体の車窓ですね。
今日も、楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 07 28, 2016 - URLedit ]

★風旅記さん

お返事が遅くなって申し訳ありませんでしたが、コメントありがとうございます。

秘境駅ばかりクローズアップされがちな飯田線ですけど、
当然、地元の方がフツーに利用されている駅の風景も
ちゃんと存在してるんですよね。
天邪鬼な僕としてはそっちの方が興味があるっていうか、
ご指摘の写真なんかはそういう面を捉えることができて良かったと思ってます。

by Kyo-to | 07 31, 2016 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。