RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2010-03-21 #02  飯田線、完乗  〔長野県〕

04 06, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

8 Comments
100321-25.jpg
2010年3月21日(日)、5年前のJR飯田線の旅2日目、第2回
飯田駅から11:30の1427Mで飯田線の旅を再開

100321-26.jpg

100321-27.jpg
11:39、元善光寺

100321-28.jpg
市田(いちだ)~下平(しもだいら)

100321-29.jpg
山吹(やまぶき)~伊那大島(いなおおしま)

100321-30.jpg
伊那大島駅付近

100321-31.jpg
上片桐(かみかたぎり)~伊那田島(いなたじま)

100321-32.jpg
12:17、七久保駅

100321-33.jpg
伊那本郷~飯島(いいじま)

100321-34.jpg
13:04到着の伊那市(いなし)駅で下車

100321-35.jpg
伊那市駅
1912年(明治45年)5月14日、伊那電気鉄道の伊那町駅として開業

100321-36.jpg
高校駅伝みたいなのが開催されていた

100321-37.jpg
伊那市駅から14:07の1431Mで伊那北駅 列車交換待ち時間での訪問

100321-38.jpg
14:33ごろ、伊那松島駅

100321-39.jpg
伊那松島~沢  天竜川

100321-40.jpg
14:37ごろ、沢駅

100321-41.jpg
沢~羽場(はば)

100321-42.jpg
14:47ごろ、飯田線終点の辰野(たつの)駅に到着

100321-43.jpg
15:00ごろ、1431Mの終点、岡谷(おかや)駅

100321-44.jpg
岡谷駅跨線橋から 雪が舞っている


飯田の町歩きの間に霧によるダイヤの乱れも解消されたようで、飯田駅から11:30の下り1427Mで飯田線の旅を再開。ひたすら南信地方、伊那谷とも呼ばれる天竜川沿いを北上する。途中、伊那市駅で下車して1時間ほど過ごしているのだが、不本意に乗り継ぎ待ちが生じるような運転系統の変わる駅でもないし、いまとなっては動機は不明。駅前からアーケード商店街がひろがる昭和な町の雰囲気を当時何かで見て、寄ってみたいと思ったのかもしれない。もっとも、町は高校駅伝(いま調べてみたら「春の高校伊那駅伝」という、かなり知られた大会らしい)で大賑わいで、ゆっくり町歩きを楽しめるような状況ではなかったのだけれど。

伊那市駅から次の下り1431Mで再び飯田線の旅に戻る。この1431Mは、理由は不明だが撮影データと当時の時刻表が合致しないので遅れていたと思われる。何れにせよそれから1時間もしないうちに飯田線の終点・辰野駅に辿り着き、あっさりと飯田線の旅は終わりを告げた。列車自体、ほぼすべての便が中央本線に乗り入れて岡谷まで直通しており、僕もそのまま岡谷まで乗ったものだから、心の区切りをつけたり達成感を味わう間もなく、余計にそう感じた。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

« 2010-03-21 #03  ミニエコーで辰野支線  〔長野県〕 2010-03-21 #01  飯田の町歩きと飯田線 桜町、鼎  〔長野県〕 »

8 Comments

辰野駅の写真に写っている123系電車も過去のものになってしまいましたね。

by ぞうまさ | 04 06, 2015 - URLedit ]

こんばんは。

飯田線・・・良い秘境駅が多々ある路線ですから、一度は行ってみたい路線ですけど、なかなか縁がないですなぁ。
大井川鐡道の井川線の再訪共々、ぜひ行ってみたいものなんですが。

ところで・・・。
今さらですけど、最近少し文面が変わりましたよね。
何というか、淡々とした感じになったというか。
以前からすると感情の抑揚が感じられなくなった気がします(それが悪いというわけじゃないですよ)。
そのせいか、飯田線完乗も淡々と感動なく終わった感が伝わってきます。
コメントと本文では、随分違って感じますよ(苦笑)。

by LM | 04 07, 2015 - URL [ edit ]

★ぞうまささん

こんにちは。
さすが、見逃しませんでしたね123系(笑)。
この旅で一度乗っただけでしたが、忘れがたいデンシャでした。残念です。

by Kyo-to | 04 07, 2015 - URL [ edit ]

★LMさん

こんばんは。

文体、2月には変えてたんですけど(苦笑)。
理由は「ひさびさ嵐電」っていう回でちょっと触れてます。
http://camkyo.blog46.fc2.com/blog-entry-1614.html

お忙しいんだと思いますけど、読んでもらえてなかったんですね(泣)しくしく。
…っていうようなのが自分でもイヤになっちゃって(笑)。
さすがにせっかくありがたく頂いてるコメントのレスまで本文の調子でやっちゃうと
オマエ何様っ!?ってことになるので、まぁそこは割り切ってます(苦笑)。

by Kyo-to | 04 07, 2015 - URL [ edit ]

こんばんは。

いや、もちろん文面が変わったきっかけは知っていましたよ?
その回の記事もちゃんと記憶してます。
だから「今さらですけど」と書いているでしょう。
リアルに変わったときはコメントできなかったから(苦笑)。

ただ、言葉たらずだったとすれば、そのころからしてもまた変わったなという感じ。
何と言えばいいのかな・・・読んでいてふと「鉄道の旅が楽しくなくなったのかな?」と感じることがたまにありましたから。
いわく言い難いけれども、何となく「違和感」のようなものを覚えることが最近何度かあったので、あえて文体のことを蒸し返しました。
今日の松本の記事は、書き方自体は変わらなくとも松本への愛着が感じられたから、余計にそう感じましたよ。

まあでも、文体なんて書き手が書きやすいようにやればいいと思います。かくいう私も、リンク先でそちらが掲げられた方針と精神はまったく同じで、ですます調をやめたいけどできない軟弱者です(汗)。

by LM | 04 08, 2015 - URL [ edit ]

kyo-to様、こんばんは。なんて気取った挨拶から始まりましたが・・・LM様とkyo-to様のやり取りを拝見しましてちょっと私も酸化、いや参加させていただこうかなとコメントさせていただきたくキーボードを叩いている次第です。

私もkyo-to様の文体の変化に気づいてましたが、特に気にすることなく拝見していました。というよりむしろ自身に対して素直な表現をしているのではないかと目を引く場面が増えた感じがしたのも事実です。
私の場合は、なんというか「他のブログとは違うカラー」を出したいというのが前提でありますが、それより自身が思った通り、素直に表現しています。もちろん、世代柄「宮脇」「種村」的な要素がどこかに隠れている事は否定できませんが、中学時代には「鉄道研究クラブ」という部活動に所属し「季刊誌班」という班で年に4冊鉄道誌を発行してました。そしてその季刊誌の編集長は私がやっていました関係上、今になって今の時代、「ブログ」という文化においては、いわゆる「表現」としての絶好の場であると感じています。
今のkyo-to様のブログの記事は、私的な感想ですと、やはり「素直」的な部分がすごく伝わってきます。思ったまま・・・かつての装飾が多く施されたkyo-to様ではなく、素のkyo-to様を垣間見るような・・・的な。実にシンプルさが伝わってきます。いいと思いますよ。変に飾らず素のままがいいです。うどんだって、下手に揚げ玉やかまぼこ、わかめなどを入れるより、だしつゆとうどんのみの方が素材の味がダイレクトに伝わってきますよね?今のkyo-to様はそんな感じです。そう、ネットで調べればわかる事を自身のブログに載せるよりも、自身の見たこと感じた事をそのままブログで表現する方がとっても魅力に写ります。これからもずっとブログを続けてくださいね。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 04 08, 2015 - URL [ edit ]

★LMさん

こんばんは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

お互い、若干の齟齬が生じたみたいですが(笑)、
貴重なご意見、ありがとうございます。
そうした違和感みたいなの、多分ほかにも感じてる方はいると思いますけど、
ネットって嫌だと思ったら見に来なくなるだけなので(苦笑)、
正直に伝えていただけるのはホントにありがたいです。

そうですね、確かに何を見ても新鮮だった、旅を始めた頃のようなテンションはもうないので
どうしても一歩引いたような、冷めたものの捉え方が文章に反映されてると思います。
ただ、デンシャの旅にはいまだ魅かれ続けてるので、どうでもいい演出を排して
できるだけ率直に綴っていけば、それがナゼなのか浮き彫りになるかもしれない、とかも考えてます。

まぁ記事を書くその日の気分とかも混じったりすることもあり(苦笑)、
色々まだまだ迷いながら手探りの状態ですので、生温かく見守っていただけたら幸いです。

by Kyo-to | 04 10, 2015 - URL [ edit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんばんは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

ダイヤモンド☆トナカイさんも貴重なご意見ありがとうございます。
てか、ダイヤモンド☆トナカイさんの来歴というかバックグラウンド的なものもよく分かりましたが、
長文ビックリです!(笑)
冒頭、とくに気取ってるとは思いませんし、「酸化」とか要らないと思いますが(笑)。

いやはや、でも内容はホントに嬉しい限りです。
僕も文章の洗練度がまだまだ全然足りてませんし、文体というか体裁のために
取り繕ったりする装飾をくわえてる面も否定できませんが、
今後もこの方向でやっていこう、という自信になりました。
改めてありがとうございました。

by Kyo-to | 04 10, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)