RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2015-04-11 #09 END  丹鉄 丹後由良駅と由良川橋梁  〔京都府〕

05 07, 2015 | 京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道)

2 Comments
150411-152.jpg
2015年4月11日(土)、京都丹後鉄道(丹鉄)の旅 初日最終回
西舞鶴駅から17:36発の宮舞線下り241D(左)に乗車

150411-153.jpg

150411-154.jpg
四所(ししょ)駅で列車交換 対向の上り334Dは与謝野駅に停まっていた丹後あおまつ用車両だった

150411-155.jpg
再び由良川橋梁を渡る

150411-156.jpg
由良川河口

150411-157.jpg
17:57、丹後由良駅で下車
左手に写っているのは当地の宿の方 欧米からの外国人宿泊客を迎えに来られていた

150411-158.jpg

150411-159.jpg
1924年(大正13年)4月12日、 国鉄宮津線の駅として開業 丹鉄になってからも駅名に変更はナシ

150411-160.jpg
丹後由良駅舎

150411-161.jpg
駅前風景

150411-162.jpg

150411-163.jpg
由良川河口へ向かって歩き、途中の踏切から見た丹後由良駅

150411-164.jpg
由良川橋梁

150411-165.jpg
上り236D

150411-166.jpg
下り243D

150411-167.jpg
19:20の上り238Dに乗るため丹後由良駅へ戻る

150411-168.jpg
19:40、再び西舞鶴駅

150411-169.jpg

150411-170.jpg
ホテルのTV KBS京都放送、J2第7節 対V・ファーレン長崎戦…


チェックインした西舞鶴駅前ホテルを出て再び丹鉄に乗る。余った中途半端な、でも好きな夕暮れ時の時間を、由良川橋梁を渡る丹鉄でも眺めて過ごそうと思ったのだ。最寄りの丹後由良駅へ向かうため西舞鶴駅ホームへ戻ると、到着時と違う列車が発車を待っていた。1面1線ホームだしダイヤ的にも着いた時の車両が折り返すと思っていたが、西舞鶴には丹鉄の車両基地・西舞鶴運転区があるから何らかの都合で入れ替えたのだろう。コウノトリやらカニやら、丹後の名物で賑やかなラッピングが施されているのに、どういうセンスかカラーリングがエヴァ初号機のようだ。意味が解らん。もっとも、この旅で見た限り、すべての車両のカラーリングやスペックは北近畿タンゴ鉄道時代のもので、丹鉄オリジナルの要素はまだ何も見受けられなかった。

丹後由良駅から由良川橋梁は、徒歩10分もあれば着く。前回2008年に訪れた時は駅に地元有志の方の無料のレンタサイクルがあったのだけれど、駅には人影もなく自転車はもう1台も置かれていなかった。野良ネコもたくさんいたのに、影も形もなかった。7年も経ったとはいえ、寂し過ぎる変わりようにちょっと心が塞ぐ。由良川橋梁も、上りと下りの列車を1本ずつカメラに収めたものの、光量不足とどんよりした雲とであまり爽快感や夕暮れの情緒は味わえず、結果的には無駄足だった気がしないでもなかった。

そんな気分を引きずったままホテルへ帰り、つけて観たTVのJリーグ中継で贔屓のクラブが大敗。どうにも冴えない初日の終わりだった。どうでもいいことだが、久々に府内に宿泊したため、TVのチャンネル番号も放送局も家で観るのと何ら変わらず、逆に妙な気がした。旅に出て、よその土地の知らない局のオリジナル番組やCM、地図上では馴染みのない区分けの天気予報を見るのは、いつの間にか僕にとってひとつの楽しみとなっていたようだ。

(2日目の旅に続く)

撮影日:2015年4月11日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2015-04-12 #01  丹鉄 西舞鶴~峰山  〔京都府〕 2015-04-11 #08  丹鉄 与謝野~西舞鶴  〔京都府〕 »

2 Comments

こんばんは。
京都丹後鉄道のお写真、楽しませて頂いています。
高速バスの新興企業が大赤字の第三セクターのローカル線の営業をするという、聞いたことのない事例ですが、個人的にはチャレンジして成功して欲しいと願っています。
民間企業の創意工夫の努力と知恵がこの地域交通の会社にも進化をもたらすのではないかとは思っています。
古き良きものの維持と、将来につながる変化は、なかなか両立が難しいものだと思いますので、趣味的な目線では寂しく感じることもありますね。
旅の続きも楽しみにしています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

by 風旅記 | 05 16, 2015 - URLedit ]

★風旅記さん

こんばんは。
一応、地元京都の鉄道でもあり、僕も丹鉄(WILLER TRAINS)には期待してるので、
風旅記さんのような応援メッセージをいただけると嬉しい気持ちになります。

社長業を一般公募する3セク鉄道は既にいくつかあって
特に元鉄道好きの鳥塚さんが就任された「いすみ鉄道」なんかは
成功といっていいんじゃないかと思える例に挙げられますけど、
丹鉄は果たして。これからも動向を注視していきたいと思ってます。

by Kyo-to | 05 18, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)