RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-06 #02  堀江駅と仁堀航路の堀江港  〔愛媛県〕

06 17, 2015 | デンシャ旅 -四国(JR)

6 Comments
150506-14.jpg
2015年5月6日(水)、GW5年ぶりの四国旅最終日第2回
6:53、堀江(ほりえ)駅で最初の途中下車

150506-15.jpg
1927年(昭和2年)4月3日開業

150506-16.jpg
"堀江は松山から三つ目の駅で、ここから呉(くれ)線の仁方まで国鉄の連絡船が出ている。"
宮脇俊三 著/『最長片道切符の旅』(1979年刊)より抜粋
(色付き文字は以下同じ)

150506-17.jpg
"堀江は無人駅であった。駅舎も改札口もあるが駅員はいない。"
現在も無人だが宮脇さん(故人)が昭和53年に旅された当時の駅舎はもうない

150506-18.jpg
北海道でよく見るような、廃貨車を再利用した簡易駅舎

150506-19.jpg
駅前風景

150506-20.jpg
旧駅舎の遺構? 古い駅舎の軒先によくある坪庭の跡だろうか

150506-21.jpg
"(無人の駅舎内に)「近距離切符は駅前の西村商店でお求めください」とあり、待合室の壁には堀江桟橋への道順を示した地図が掲げてある。"

150506-22.jpg
現在は切符販売は行っていないらしい

150506-23.jpg
堀江港まで歩いてみる

150506-24.jpg
"それ(待合室の地図)に従って国道を渡り、突き当たって左に曲がると、呉行のフェリーと国鉄航路の乗船場が並んでいた。"

150506-25.jpg
国鉄連絡船仁堀航路は1982年(昭和57年)7月1日廃止
フェリーの発着も2009年に終了、海の駅「うみてらす」が建っているだけ

150506-26.jpg
堀江港

150506-27.jpg
"まだ瀬戸丸は入港していない。岸壁に腰を下ろして海を見る。油の浮いていないきれいな海水である。"

150506-28.jpg
"海を見るだけでは時間を持て余すので、食堂と雑貨屋が一緒になったような店を覗く。"
列車との接続が悪く1時間以上連絡船を待たされた宮脇さんが立ち寄られた店だろうか

150506-29.jpg
左手奥に「仁堀航路跡」の碑があるのだが、この時は気付かなかった

150506-30.jpg
古びた浮き桟橋が国鉄連絡船の桟橋だったそうだ

150506-31.jpg
そんな当時のことを教えて下さった、近所の方

150506-32.jpg
駅への復路は違う道を通った 風情のある港町で気に入った


6:53、松山を発って10分、いきなり途中下車を堀江駅にて敢行。ここは国鉄時代、対岸の広島県・呉線は仁方(にがた)駅とを結ぶ「仁堀航路」の連絡船乗換駅だった。航路を利用したこともなければ、そもそも訪問の計画さえなかったのだが、この旅の初日に当駅前の「西村商店」の看板を目にしたことで急遽旅程に組み入れた。というのも、僕のデンシャ旅のバイブル、故・宮脇俊三氏の名著「最長片道切符の旅」にその商店の名が記されているのを覚えていて、国鉄時代からまだあるのか!と驚き、立ち寄らずにはいられなくなったのだった。

まだ朝の7時、西村商店は開いてないようだし、宮脇さんの頃の駅舎はもう存在しないが、それなりに色んな駅を訪問してきた経験から、駅前風景も含めた駅の佇まいというものはほとんど不変なのではと思える。昭和53年当時の氏と同じ場所に身を置いている感慨がじわりと湧いてくる。次のデンシャは40分後、もちろん堀江港にも足を伸ばしてみた。数人の釣り人がいるだけの静かな港だった。国鉄時代はこの仁堀航路と宇高(うこう=宇野・高松)航路が四国と本州を結ぶ鉄道扱いの懸け橋だった。仁堀航路の追体験はおろか、入口も出口も瀬戸大橋しかなくルートが重複する現在、氏のような四国を含めた最長片道切符の旅も不可能になってしまった。

(つづく)

撮影日:2015年5月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2015-05-06 #03  予讃線 堀江~菊間  〔愛媛県〕 2015-05-06 #01  松山を去る  〔愛媛県〕 »

- Comments
6 Comments

私の四国初上陸仁堀航路経由でした。
夜だったのですが真っ暗だったことしか記憶に残っていません。
乗船したのは瀬戸丸、すいていました。昭和54年夏のことでした。

by ぞうまさ | 06 17, 2015 - URLedit ]

なるほどー、当時は鉄道扱いの航路なので、片道切符の行程に含めることができたんですね。奥が深いですね。

by mcd | 06 19, 2015 - URLedit ]

★ぞうまささん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

四国初上陸の手段が仁堀航路経由なんてシブいですね~(笑)。
昭和54年ということは、宮脇さんが「最長~」の旅の翌年ですね。
夜だったのはちょっと残念ですが、何れにせよ
フェリーもなくなって追体験も叶わない僕には羨ましい限りです(泣)。

by Kyo-to | 06 19, 2015 - URL [ edit ]

★mcdさん

こんにちは。
そうなんです、宮脇俊三氏が「最長片道切符の旅」をされた昭和53年当時、
青函連絡船をはじめ、宇高、仁堀などの国鉄連絡船は鉄道路線扱いが可能で、
ゆえに壮大な片道切符の旅が可能だったんです…。

コアな鉄ちゃんでなくとも楽しめるとても興味深い旅の記録なので、
「最長片道切符の旅」、ぜひ一読をおススメします!

by Kyo-to | 06 19, 2015 - URL [ edit ]

こんばんは。
前にコメントを入れさせて頂いた猪谷駅のように(関東の私には南小谷が一番近いでしょうか)、JRに移行したことで新たに生まれた結節点もあれば、交通を結ぶ役割を終えた場所もあるのですね。
仁堀航路、こちらを拝見し初めて知りました。そしてもはや、文字の変換も出てきません。時代と共に過去に過ぎ去り、国鉄と共に忘れられてゆく存在なのだろうと思います。
他の方のコメントを拝見しまして、この連絡船で四国に渡ったと、リアルな体験をされている方がいらっしゃることを知りました。
この航路が、その存在があった時には皆が知るものだったのか、それとも宇高連絡船の方がメジャーで知らない人も多い存在だったのか、私には分かりませんが、その記憶を今に受け継ぎ、語れるのは大切なことのように感じます。
JRの大くくりのエリアで分けた時に、四国はよく旅していて私が初めて全線に乗った場所でした。
今振り返って、そしてこうして新たな魅力にも接して、もう一度、旅したいと思う日々です。
今日も楽しく、興味深く拝見しました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 06 15, 2016 - URLedit ]

★風旅記さん

コメントありがとうございます。

仁堀航路ですが、『最長片道切符の旅』(1979年刊)で宮脇さんご自身も
「地元の人でもない限り、知っているほうが恥ずかしくなるくらい誰も知らない」
と書かれているように、当時から相当マイナーな航路だったようですよ(笑)。
その割には結構紙面を割いておられるので、ぜひ誌上での追体験もおススメします。

by Kyo-to | 06 17, 2016 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。