RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-06 #08  ことでん 高松築港~琴電屋島  〔香川県〕

06 25, 2015 | 高松琴平電鉄(ことでん)

6 Comments
150506-125.jpg
2015年5月6日(水)、GW5年ぶりの四国旅最終日 第8回
それ自体が目的ではないが、高松築港(たかまつちっこう)駅から「ことでん(高松琴平電鉄)」に乗る
13:00発の琴平線下り29列車

150506-126.jpg
高松築港駅 JR高松駅の東、徒歩10分ほどのところにある
1948年(昭和23年)12月26日、築港駅として開業

150506-127.jpg
ホームは玉藻公園(たまもこうえん、高松城址)の堀端

150506-128.jpg
そのまま堀端を走る

150506-129.jpg
片原町(かたはらまち)駅

150506-130.jpg
13:05、瓦町(かわらまち)駅着

150506-131.jpg
イケメンすぎる那須与一(平安末期の武将)

150506-132.jpg
瓦町駅から分岐する志度線(しどせん)に乗り換える

150506-133.jpg
上り1042列車が志度線ホームに入線

150506-134.jpg
折り返し13:26発の下り1045列車になる

150506-135.jpg
松島二丁目駅で上り1044と列車交換

150506-136.jpg
車窓左手、徐々に存在感を増してくる屋島

150506-137.jpg
13:41、琴電屋島(ことでんやしま)駅に到着

150506-138.jpg
琴電屋島駅
1911年(明治44年)11月18日、東讃電気軌道の屋島駅として開業

150506-139.jpg
1929年(昭和4年)竣工の二代目駅舎

150506-140.jpg

150506-141.jpg

150506-142.jpg
駅前風景 眼前に屋島
これからその山上を目指す


JR高松駅に到着。旅の最後に、どうしても屋島に寄っておきたかった。JR高徳線(こうとくせん)でも行けるし、せっかくフリー切符もあるのだが、屋島山上への連絡バスと時間が合わないので私鉄の「ことでん」で向かう。「ことでん」は2009年11月に全線全駅訪問を果たしに来て以来だから6年ぶりになる。懐かしさと同時に、当ブログの訪問記が琴平線だけであとの2路線はお蔵入りしたままなのも思い出した。さてどうしたものか。
瓦町駅での乗り換え待ちで時間を取られたものの、実質20分ほどで屋島登山口の琴電屋島駅に到着。築90年近いレトロな味わいのイイ駅舎なのに、正気とは思えないファンシーな色に塗られている。2009年の初訪問時は大いに脱力したものだった。おまけに雨で傘まで壊れて、駅裏手のユニクロまで折り畳み傘をとぼとぼ買いに歩いた。

(つづく)

撮影日:2015年5月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2015-05-06 #09  屋島山上へ  〔香川県〕 2015-05-06 #07  予讃線 伊予土居~高松  〔愛媛県~香川県〕 »

- Comments
6 Comments

こんにちは。

ことでん去年乗りました志度線はかつて名古屋で走ってた
黄色い地下鉄の車両がいるので親近感が湧きますね。

琴電屋島駅は大正時代に建てられたのがわかり
駅舎内の吊り下げられた照明も素敵です。
ことでんの途中下車可能のシステムの存在を
去年乗る前に知ってたら降りてたかもしれなかったのですが
またの機会にします。

by burning s | 06 25, 2015 - URLedit ]

こんにちは

ことでんはネット上での写真でしか見たことありませんが 気になってきました
四国は(どうでしょうで見るぐらいしか)なかなか興味がわかず 未知の存在です

……なすのよいち
昨今のよくわからんイケメン戦国武将が
いいかげんゲンナリに思うのは私だけでしょうか
なすのよいちまで………苦笑いしかないです(^^;

by Jam | 06 25, 2015 - URL [ edit ]

香川にはいたことないですが、電車がレトロで雰囲気がいいですね。
ファンシーな色の駅ですが、写真を拝見して私は意外とすんなりと受け入れてしまいました。経年で色がさめているからかもしれませんが、大正から昭和初期の建物に良くあるモダンな色に塗られたものかと思ってしまいました。
それにしても、内部の装飾とかも凝った駅ですね。

by mcd | 06 26, 2015 - URLedit ]

★burning sさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

僕は車両についてはホントに疎いので意識してませんでしたが、
志度線の車両は元名古屋市営地下鉄のものだったんですね。

ただ、駅舎についてはウルサいですよ僕(笑)。
大正時代に建ったのはJRの方の屋島駅じゃないでしょうか。
琴電屋島は志度線のルーツ・東讃電気軌道の駅として開業しましたが、
その頃よりちょっと東側に移転した昭和初期に建てられたのが現在の駅舎だそうです。
いずれにしても訪問する価値のある駅舎なので、次回はぜひ!

by Kyo-to | 06 27, 2015 - URL [ edit ]

★Jamさん

こんにちは。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした!

イケメン戦国武将、まぁ歴史に興味をもつキッカケにはいいとは思いますが、
そない流行るか!ってぐらい勢いが続いてますよね(笑)。
さすがに僕も那須与一には苦笑させられました。
てか、戦国武将の美化ぐらいならまだ笑ってられますけど、
最近は国を挙げて歴史の美化に躍起になってて、
ホンマに気持ち悪いったらないですなぁ…。

by Kyo-to | 06 27, 2015 - URL [ edit ]

★mcdさん

こんにちは。
ことでん、これでもレトロに見えるかもしれませんが、
以前は下記URLの写真のような車両がゴロゴロ走ってたそうです。
http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2013/07/post_991.html

琴電屋島駅の色、mcdさんはセーフですか(笑)。
多分、おっしゃるように経年による褪色が功を奏してる(?)んだと思いますが、
過去写真を見る限りやっぱりこんな色じゃなかったみたいです。
http://www.my-kagawa.jp/kfc/location_spots/detail/164
てか、昔の建築物って随所に凝ってて楽しいですよね見てて。

by Kyo-to | 06 27, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。