RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰してます

01 09, 2016 | その他

13 Comments
160104-102429.jpg

もう投稿の手順も忘れるほど長きにわたって
ブログをお休みして申し訳ありませんでしたが、
実は昨秋、一緒に仕事をしていた親父を肺癌で亡くし、
すっかり生活が変わってしまいました。

昨年GW以降、旅には出れてませんし、
今後もこれまでのようにはいかないと思います。
よってブログも、(もし続けるとすれば)形を変えざるをえない状況です。
どうするか、只今思案中です…。

松の内が明けたので、ひとまずご報告でした。
前回の休止告知に対するコメント、拍手、メールなど下さった方々、
本当にありがとうございました。



« 2007年1月7日    岡山電気軌道 ブログ休止のお知らせ »

- Comments
13 Comments

こんにちは、伊予鉄の記事にコメントしたものです。
IYOTETSUチャレンジプロジェクトが着々と進行中でして、旧駅看板や駅名標は全て簡素な新タイプのものに変わってしまい、ついに横河原駅も取り壊されてしまいました。

なので、このブログを拝読していると古き良き時代を思い出すことが出来るので一言お礼を言いたくてコメントさせていただきました。

いろいろご都合もあり、更新は難しいかと思いますが、どうかこのブログは閉鎖せずこのまま公開しておいていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

by もりちぃ | 01 09, 2016 - URL [ edit ]

 お久しぶりです。

ずっと kyo-yoさんが更新を再開してくださるのを待っていました。
自分の中で もしかしたらkyo-toさんのご両親が患っているのかもしれないと感じてましたが まさかお父様が他界されていたとは・・・何てお悔やみを申したらよいのか言葉が見つかりません。
私の母は2年前に77歳で肺癌で鬼籍に入りましたが
kyo-toさんのお父様ならまだお若かったでしょうに残念です。 kyo-toさんご一家が仲良く黒部観光をしている記事が思い起こされて切ないです。

お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げ
kyo-toさんの新しいブログの再開を待ち望んでいます。

by オバ鉄 | 01 09, 2016 - URL [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 01 09, 2016 - [ edit ]

こんにちは

ブログはご自分のお気持ちのままに ご自分のリズムでなさればいいと思いますよ 閉じるも保つも開くも急ぐことなくお気持ち整えてください

kyo-toさまとそのご家族の皆様のおこころおからだ どうかたいせつに 
ゆっくり思うだけ時間かけておいたわりくださいませ

あらためまして お父様のご冥福をお祈り申し上げますとともに おいそがしいなか、kyo-to様のお心づかいに感謝します

by Jam | 01 09, 2016 - URL [ edit ]

こんにちは

久しぶりの記事の更新を見られて、大変嬉しく思います。

ふとした瞬間に「ブログってなんなんだろう?」って考えるときがあります。
旅は好きなんですけど、記事の更新の方は、生活を削ってまですることかな?なんて思ったりします。
いつかは破綻するんだろうな、と思いつつ、なにかやめられないドラッグのような、おかしな感覚です。
誰もが生活は別にあるわけで、そのなかで余裕があるときに更新していければいいかなと思っております。

個人的にはkyo-toさんの文章が好きなので…マイペースでかまいません。
ブログの再開を切望いたします。

末筆になりましたがお父様のご冥福をお祈りいたします。

by 宿はなし | 01 10, 2016 - URLedit ]

ブログ休止とのことで色々思いを巡らせつつ
それでも定期的にのぞかせていただいたりして。
またこうしてkyo-toさんの言葉を見ることが出来てよかったです。

お父様のご冥福をお祈りいたします。
また旅が出来ると良いですね。

by シトロン | 01 11, 2016 - URL [ edit ]

こんばんは。
そのようなご事情だったのですね。
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
旅や写真、文章を生み出すことに、再びお気持ちが向くときもあるかもしれません。その時が来るまでは無理をされませんように。くれぐれもご自愛ください。

by 風旅記 | 01 11, 2016 - URLedit ]

ご無沙汰しております。
休止なさってからも、定期的にアクセスさせて更新されていないか確認しておりました。
ご家族にご不幸があられたということで、ご冥福を申し上げます。
また、別の形でも再開されることがありましたら、また訪問させていただきたいと思います。

by mcd | 01 11, 2016 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 01 12, 2016 - [ edit ]

kyo-toさま、お父さまがお亡くなりになったのですね、
お悔やみ申し上げます。
お仕事もご一緒とのことならなおさらご多忙な毎日をお過ごしのこと、
お若いとは思いますがお身体を大切にお過ごしください。
今後の記事も過去の記事も楽しみに見させていただきます。

by たんぽぽ・ママ | 01 12, 2016 - URL [ edit ]

おはようございます。
私もお父様と同じ立場なのでこう考えます。
悲しみも仕事も少しずつ乗り越えて行くことでしょうか
父親の気持ちとしては「残念」の一言ですが、いつまでも生きていけないのも真実です。
環境の変化もあるでしょうが、やはりらしさでぼちぼちやられることが一番かと思います。
父親としては、世に存在しなくなっても家族や息子に「いつもと変わらずに」が本心だと思っています。

焦らず、気負わず元のスタンスに戻られることを楽しみにしています。

by 気まぐれpapa | 01 16, 2016 - URLedit ]

すっかり出遅れてしまいまいたが・・(^^;
おかえりなさい(^^)
今後もKyoちゃんの思うままにぼちぼちとやっていけるといいですね。
改めてお父様のご冥福をお祈りいたします。

by uo | 01 17, 2016 - URL [ edit ]

こんちは

写真が言葉がまたあったこと
多少自分のことのようにほっとしましたです

お父さんのこと 順番だからね 仕方のないことだと
少しおだやかに思えるようになったらいいね

そちらのこと 状況もよくわからないことだから
えらそうなこと書けませんが

僕も36歳の時に父を亡くしました
まだ67歳 ・・・ 癌でした
父は社長 僕は従業員(笑)
なんだか似てますね

病名が病名だけに会社を引き継ぐことでの質問も出来ずに
その日を迎えることになりました

しかし皮肉なことに
その日までの不安や辛さ
そしてその日からの過重労働と勉強
それが今の僕の財産になっています

お父さんはかならずあなたや残した家族を見てますよ

えらそうなこと すみませんです


お父さんの御冥福を心からお祈りいたします

by タブレット | 01 20, 2016 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。