RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

ONGAKU

02 16, 2016 | その他

0 Comments
20160215.jpg

ブログ再開以降、毎回末尾に好きな音楽の動画/音源を貼り付けてます。お察しの通り、僕は洋楽好きです。別に邦楽がニガテとかいうワケではないんですけど、そもそもギターという楽器の面白さに目覚めて音楽にのめり込んだようなものなので、それこそ当初はギターしか耳に入ってなかったぐらい、僕の音楽の聴き方というのは音そのものを楽しんでいる感じです。

だから変に歌詞の意味とかに引きずられたりしない洋楽の方がより楽しめる、という感覚でしょうか。今でこそほとんど差はなくなりましたが、僕が思春期で一番音楽に燃えていた8~90年代はまだ洋邦のサウンドクオリティーに厳然と違いがあり、劣化コピーのような邦楽の音を聞いてるんだったらモノホン聴くよ、みたいな中二病的な考えの名残りもあるかもしれません。

趣味の範疇ですがバンド活動なんかも通してそれなりに耳も肥え、現在では特定の楽器(まぁギターはやっぱり好きです)やジャンルにこだわったりもしなくなり、メロディー、声や音の感触、アレンジも含めた曲の構成、コード進行とか、曲全体を楽しめるようにはなりました。予想もつかない展開や音世界を提示してくれるアーティストに出会ったときは震えるような喜びを感じます。
ブログを見て下さった中のどれだけの方に音楽も聴いていただけてるか分かりませんが、一人でも、何かの偶然のタイミングでもいいから、そんな体験を味わっていただけてたら、こんな嬉しいことはありません。

ただ、いまだにどれだけ好きな誰のどんな楽曲でも、歌詞だけはちゃんと聞けてないんですよね僕(苦笑)。僕にとって音楽はカラオケで唄うためでも詞の世界に浸るためのものでもないので、歌声も音としての認識しかできてないんですね多分。何かの拍子に歌詞の意味を知って、「深ぇー!こんなこと歌ってたの!?」と驚いたりすることがままあります。
僕の音楽との接し方はある意味、まだまだ表層的に過ぎないのかもしれません。


撮影日:2016年2月14日
カメラ:Panasonic LUMIX DMC-GM1K
Adobe Photoshop Lightroomでレタッチ



ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS
" (What's So Funny 'Bout) Peace Love and Understanding "

そんな僕の胸にも、ずっとこの詞は突き刺さって抜けません。
「愛と平和と相互理解の、何が可笑しい?」
今こそ響かせたい、エルヴィス・コステロ初期の名曲。原曲はコステロの盟友ニック・ロウ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2007年7月22日 #1   京阪本線 駅めぐり I 2007年7月8日 #5   JR奈良線 駅めぐり III »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)