RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年7月22日 #1   京阪本線 駅めぐり I

02 17, 2016 | 京阪電気鉄道

2 Comments
20070722-1.jpg
2007年7月22日。
京都府内の鉄道駅を全部訪問してやろう、という試みの第2弾を
京阪電鉄に舞台を移して実行した日。
僕が子供のころから一番慣れ親しんでいるのが京阪で、
デンシャ、というと真っ先に思い浮かぶのは実は京阪なのです。
それはともかく、まずは大阪の淀屋橋と京都の三条を結ぶ京阪本線から。

20070722-2.jpg
橋本(はしもと)駅   京都府八幡市
隣の樟葉駅は大阪府なので当駅から開始

20070722-3.jpg
八幡市(やわたし)駅   京都府八幡市
一時期ここに住んでいたので懐かしい駅 2011年に若干リニューアルされました

20070722-4.jpg
ここでいきなり寄り道、八幡市駅に隣接する男山ケーブル(京阪鋼索線)へ

20070722-5.jpg
男山山上にある石清水八幡宮への参拝客向けケーブルカー

20070722-6.jpg
終点・男山山上(おとこやまさんじょう)駅

20070722-7.jpg
本線に戻って 淀(よど)駅   京都市伏見区
2011年に高架駅となってしまいました

20070722-8.jpg
中書島(ちゅうしょじま)駅   京都市伏見区
京阪宇治線が分岐  寺田屋へはこちらから

続く。


撮影日:2007年7月22日
カメラ:Canon IXY 900IS
Adobe Photoshop Lightroomでレタッチ



CROWDED HOUSE " Don't Dream It's Over "

U.K.っぽい音ですがオーストラリアのバンド、クラウデッド・ハウス。86年リリースの彼らの最大のヒットチューン。もう30年も前の曲になりますが、今でもTVなんかのBGMで流れてたりするのでどこかで耳にした方もおられるのでは。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2007年7月22日 #2   京阪宇治線 駅めぐり ONGAKU »

- Comments
2 Comments

八幡市駅の写真なんかは特に感じるのですが、昭和の雰囲気を感じさせる味のある写真ですね~
自動車が写ってしまうと、一気に時代感がでて、平成の写真になってしまいますが、Kyo-toさんの写真はそれが少ないので、味が出ますね。
まあ、40年後になれば、今の車の写真も味のある古い車になるんでしょうが。。

by mcd | 02 17, 2016 - URLedit ]

★mcdさん

コメントありがとうございます。

この当時はまだこんなブログを作るとは夢にも思わず(笑)、
メモ程度に撮ってただけなので、アングルとか撮り直したい写真ばっかなんですけど、
そんな風に言っていただけると嬉しいです。

そうですね、当時も今も駅舎を撮る時は人はいくらいても構わないんですが
クルマだけは存在感が大き過ぎて邪魔だと感じるので、
いないタイミングを見計らうか、はけるまで待ったりします。
おっしゃるように、時が経てば時代性も感じさせる、
クルマ自体はとてもイイ被写体なんですけどね(笑)。

by Kyo-to | 02 18, 2016 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。