RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2007年8月13日 #2   JR山陰本線 駅めぐり I

03 20, 2016 | デンシャ旅 -関西(JR)

2 Comments
20070813-7.jpg
2007年8月13日。
京都府内全駅訪問プロジェクト第4弾、
JR東海道線に続いて再び京都駅から今度はJR山陰本線(園部までは通称嵯峨野線)へ。
起点・京都駅の山陰本線ホームにこんなデンシャが発着してたなんて、
やっぱ9年も経つと時代を感じます。

20070813-9.jpg
丹波口(たんばぐち)駅   京都市下京区
来月(2016年4月29日)、京都駅と当駅間に京都鉄道博物館がオープンします
数年先ですが新駅も設置される予定

20070813-8.jpg
二条(にじょう)駅   京都市中京区
京都市営地下鉄東西線の二条駅と連絡

20070813-10.jpg
円町(えんまち)駅   京都市中京区

20070813-11.jpg
花園(はなぞの)駅   京都市右京区
駅前すぐのところに法金剛院があります

20070813-12.jpg
太秦(うずまさ)駅   京都市右京区
太秦映画村とはちょっと離れてます
今年春に嵐電の「撮影所前駅」が近くにできる予定

続く。

撮影日:2007年8月13日
カメラ:Canon IXY 900IS
Adobe Photoshop Lightroomでレタッチ



A Tune For Today


TODD RUNDGREN " I Saw the Light "



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2007年8月13日 #3   JR山陰本線 駅めぐり II 2007年8月13日 #1   JR東海道線 駅めぐり »

2 Comments

こんばんは。
山陰本線も、今は昔の新快速で走っていた車両に変わっているのでしょうね。
私は山陰本線には一度きり、短区間しか乗ったことがないのですが、京都駅を出発した後の印象は「常磐線みたい」でした。
有名で、長距離を結んでいる幹線である山陰本線も、京都駅を出てすぐに単線になるなど、さらに大規模な幹線である東海道本線との対比で見れば、線路や設備が小さかったりローカルムードが漂っていたりします。
常磐線も重要な幹線ですが、東北本線の4複線(東北本線・高崎線・山手線・京浜東北線)と比べると、日暮里駅から複線の急カーブで枝分かれしていく様子は、どこか支線のような“か細さ”を感じさせます。
沿線の文化も風土も全く違うのですが、それぞれの地域を貫く東海道本線や東北本線が大き過ぎて、近しいものを感じたりしていました。
山陰本線は、京都府内の駅を巡るだけでも、豊かな景色に出会えそうですね。いつか、ゆっくりと旅したい路線です。
今日もお写真、楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 05 19, 2016 - URLedit ]

★風旅記さん

コメントありがとうございます。

山陰本線、この記事のすぐ後には嵯峨野線区間が複線化され、
車両もステンレス車が増えたりと近代化(?)が進んではいるものの、
本線とは名ばかりの、おっしゃるようにローカルテイストの濃い路線ですね。
それゆえに旅情が残っているというか、京都から30分も乗れば旅の感覚が味わえて、
ふらっと乗りに行きたくなる魅力がまだあります。
風旅記さんもまた、ぜひゆっくりお越し下さい。

by Kyo-to | 05 20, 2016 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)