RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-01 #3   東尋坊

07 06, 2016 | デンシャ旅 -北陸(私鉄・三セク)

0 Comments
150501-11.jpg
2016年5月1日(日)、丸1年ぶりのデンシャ旅2日目、第3回。
東尋坊(とうじんぼう)。

150501-12.jpg

150501-13.jpg

150501-14.jpg

150501-15.jpg

東尋坊へは身を投げに来た。というのは悪い冗談だが、そのつもりがなくても簡単に転落しそうな断崖に、高所がニガテな僕は戦慄を覚える。同時に、諸事ヒステリックに安全管理と責任問題が叫ばれる昨今、柵の一つもない観光地というのは愉快な気もする。ともあれ、東尋坊訪問は子供の頃の家族旅行以来2度目で、思い出の追体験をしに来たというわけだった。親父が死んで感傷的になっているせいもあって、当時の写真も持参したのだけれど、同じ景色の中で若い親父が微笑んでいるだけで、まるで何も覚えていない。怖いもの知らずの子供だったのと、時が経ち過ぎたせいだと思う。

(つづく)

撮影日:2016年5月1日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO



A Tune For Today


THE BEACH BOYS " God Only Knows "



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます



« 2016-05-01 #4   the other side of 東尋坊 2016-05-01 #2   三国駅から東尋坊へ »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。