RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-01 #4   the other side of 東尋坊

07 10, 2016 | デンシャ旅 -北陸(私鉄・三セク)

0 Comments
150501-16.jpg
2016年5月1日(日)、丸1年ぶりのデンシャ旅2日目、第4回。
東尋坊の続き。

150501-17.jpg

150501-18.jpg

150501-19.jpg

150501-20.jpg

持参した過去の家族旅行写真と同じ撮影場所が、最初はどこか分からなくて結構捜し歩いた。どこも似たような安山岩の柱状節理が続いているからだ。その途中で、廃屋になっている飲食店跡を見つけた時はまだ笑っていられたが、松林の中にひっそりと建つ「投身自殺横死之供養塔」に遭遇したときは、霊的なものを特に感じたり信じたりしない僕も少しゾッとしてしまった。いわゆる自殺の名所、というのが現実として迫って来たからだろう。
昭和な匂いプンプンの東尋坊タワーは最後まで悩んだが、登頂料金500円で肝心の東尋坊は見えない脱力スポットとのことで結局やめた。

(つづく)

撮影日:2016年5月1日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO



A Tune For Today


ZABADAK " 遠い音楽 "

ZABADAKの中心人物、吉良知彦さんの突然の訃報に驚きました…



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


« 2016-05-01 #5   越前松島 2016-05-01 #3   東尋坊 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。