RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰本線完全制覇の旅 【12】  米子~倉吉~鳥取  〔鳥取県〕

10 23, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
san-in61

つべこべ言ってないで更新します(笑)。
夏の青春18きっぷでJR山陰本線673.8kmを西から乗り通す旅、第12回。
境線を往復して米子(よなご)から再び山陰本線を東へ。倉吉(くらよし)を経て鳥取まで。

san-in62

san-in63

san-in64

san-in65

1枚目=天気が不安定な山陰で、ついに雨。赤碕(あかさき)駅で特急の通過待ち。
2枚目=ホームに出て写真を撮っていると、「僕も撮ってくださいよ」とこの駅から乗ってきた若者。
 カップルだったのですがカノジョさんの方には遠慮されてしまいました(泣)。でもありがとう!
 (タバコを手にされてますが、この場所は喫煙コーナーでした)
3枚目=米子からは1両編成のキハ126。座席が埋まって座り損ねました。
4枚目=風力発電機の風車が林立する所がありました。大山口(だいせんぐち)~名和(なわ)間。
5枚目=鳥取駅。倉吉からは2両編成のキハ126。

撮影日:9月7日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

■米子 9:27~倉吉 10:46

米子からの停車駅は次の通り。
東山公園→伯耆大山(ほうきだいせん)→淀江(よどえ)→大山口(だいせんぐち)→名和(なわ)→御来屋(みくりや)→下市(しもいち)→中山口(なかやまぐち)→赤崎(あかさき)→八橋(やばせ)→浦安(うらやす)→由良(ゆら)→下北条(しもほうじょう)→倉吉(くらよし)。

本文には「境線を往復」と書きましたが、復路は米子まであと一駅という博労町(ばくろうまち)で降りてちょっとだけ米子の街を歩いてみました。酒蔵のある古い商家などもあってもっと見て歩きたい気がしましたが山陰線の発車時刻が近付いているので米子駅へ。
そんな寄り道をしていたので倉吉行き236D列車、たった1両編成のキハ126の座席は埋まってしまってました。
出雲か松江あたりから複線電化されていた山陰本線も、伯備(はくび)線との分岐点・伯耆大山を過ぎると再び非電化の単線に。雲行きも怪しくなって名和あたりから雨。車窓にそれなりの変化はありますが、ひとつもカーブが無かったんじゃないかと思うぐらい、倉吉までは直線の区間でした。

kurayoshi

■倉吉 10:49~鳥取 11:46

倉吉からの停車駅は次の通り。
松崎(まつざき)→泊(とまり)→青谷(あおや)→浜村(はまむら)→宝木(ほうぎ)→末恒(すえつね)→鳥取大学前→湖山(こやま)→鳥取。

倉吉では3分の連絡で向かいのホームに停まっていた鳥取行きの238D列車に。2両編成になってゆったり座れるようになりました。
しかし、レールは内陸部へ入ってしまって海は見えないし天気は悪いしで何となくつまらない気分に。
高架の鳥取駅へ到着する頃になると急に晴れてきました。ほんとにコロコロ天気が変わります。
鳥取発の次のデンシャの発車時刻は12:17。30分ほどあるので、昼飯タイムにします。
鳥取は山陰本線の西の起点・幡生(はたぶ)から443.5km、ほぼ3分の2の区間を乗ったことになります。

tottori

tottori_s
(つづく)

« 山陰本線完全制覇の旅 【13】  鳥取~浜坂~城崎温泉~福知山  〔鳥取県~兵庫県~京都府〕 京都の紅葉はまだです »

- Comments
3 Comments

Kyo-toさんが撮られると、雨に濡れた車窓も、いい感じですね。

町を散策して帰ってくると既に電車は止まっていて席が埋まっているって事ありますね。
このあたりでは、、電車が止まって待っているという事がないので、電車旅を始めた最初の頃は驚きました。

鳥取からの山陰線は何度か乗っているのでこれからは、私の見た風景が出てくるのかな?
楽しみです。

by yume | 10 23, 2008 - URLedit ]

鳥取は何度か訪れたことがありますが、北陸とは一味違った、優雅?な空気感を感じます。
僕は誰が何と言おうが、人が写った写真が好きなので、2枚目なんかのシチュエーションはクラッと来ます。
「撮ってください」と言ってもらえる雰囲気が重要ですね。見習います!

by shockatz | 10 25, 2008 - URLedit ]

>yumeさん
蛇足ですが、デンシャが「止まる」はアクシデントを感じさせるので
停車の意味で「停まる」の方ががいいと思いますよ(笑)。

期待していただいて申し訳ないんですが、
兵庫県に入ってからは既知区間ということで
眠ってしまったりしてあまり写真がないんですよ(汗)。

>shockatzさん
同じ日本海側でも北陸と山陰の印象は違うもんですね。
僕自身は今回、山陰の中で鳥取が一番、何というか捉えどころのない感じがしました(笑)。
何でかな??

「こんな何もない駅で何を撮っとんねん」
と半分からかい気分だったのかもしれませんよ多分(笑)。
でもあんまりその土地の人との出会いのなかった乗り倒しの旅では貴重なふれ合いで嬉しかったです。

by Kyo-to | 10 25, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。