RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰本線完全制覇の旅 【13】  鳥取~浜坂~城崎温泉~福知山  〔鳥取県~兵庫県~京都府〕

10 25, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

4 Comments
san-in66

今回はものすごくシュールな光景からお届けしてますが、
夏の青春18きっぷでJR山陰本線673.8kmを西から乗り通す旅も終盤。
鳥取から浜坂(はまさか)・城崎(きのさき)温泉を経由していよいよ京都府へ入ります。

san-in67

san-in68

san-in69

san-in70

1枚目のカニのオブジェ、2枚目の駅入り口の暖簾(のれん)など、
兵庫県に入ると「いや、そう来るか」とツッコミのひとつも入れたくなる
慣れ親しんだ「関西」のニオイがもう否応なしに漂ってきます(笑)。

1枚目=香住(かすみ)駅で。城崎~浜坂あたりは冬のカニで有名なんですけども。
 オブジェの左手のコピーは 『きちゃったネ…香美町(香住駅のある町の名)』 とあります。
 いや、確かにキてますが…(´A`)
2枚目=浜坂駅の入り口。「大将、活きのイイ切符一枚!」と入場するのが正しい…ワケないですが
 駅前の昭和な感じはいいです。浜坂/湯村温泉への起点でもあります。
3枚目=ご存知、余部(あまるべ)鉄橋。通過中の車内から。
4枚目=窓が開けられる車両(キハ47)だったので一瞬カメラを出して撮ってみました。
 この先にトンネルもあるので身を乗り出すのは危険です。
5枚目=城崎温泉駅で。ここから終点・京都までは電化されています。この旅、初めて乗る「電車」。

amarube
余部鉄橋。この写真のみ昨年12月に訪れた際のもの。

撮影日:9月7日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

■鳥取 12:17~浜坂 13:04

鳥取からの停車駅は次の通り。
福部(ふくべ)→大岩(おおいわ)→岩美(いわみ)→東浜(ひがしはま)→居組(いぐみ)→諸寄(もろよせ)→浜坂。

kiha126

532D列車で鳥取を出発。1両編成の、またしてもキハ126。朝に松江を出て以来、境線のキハ40以外、ずっとキハ126…。しかしこのデンシャ(気動車ですが)が兵庫県まで走っているとは知りませんでした。
18きっぷシーズンに大きな駅(街)から出る限られたダイヤの1両編成のデンシャの混みようはヒドイ。この列車が正にそうでした。車窓風景は海はもちろん山あり田園風景ありと悪くないのですが、僕の視界に入るのはほとんど、カブリつきで終始ニッコ~っと運転席と前方を凝視するお方。山陰本線をここまで乗ってきて一番「キッツいなぁ…」と感じた区間でした。
ちなみに、岩美を過ぎると兵庫県に入ります。

■浜坂 13:19~城崎温泉 14:26

浜坂からの停車駅は以下の通り。
久谷(くたに)→餘部(あまるべ)→鎧(よろい)→香住(かすみ)→柴山(しばやま)→佐津(さつ)→竹野(たけの)→城崎温泉。

kiha47

浜坂からは174D、2両編成のキハ47形。浜坂で降りた方も多かったのか駅前をブラブラしたあと発車間際に乗り込んでも余裕でボックスシートを独占できました。
この区間はやはり、何と言っても余部鉄橋。昨年12月に訪れて列車で渡ったり下から眺めたりしてはいたものの、やっぱりワクワクします。架け替え工事が進んでいるそうなので心配もありましたが、餘部駅周辺が影響で結構ゴチャっとしてる以外、橋自体、そして壮大な眺めは健在でした。
餘部駅からドッとお客さんが増えて、橋の通過中はみんな海側へ集まるのでちょっとスリルも味わいました。

山陰本線、これまでは京都から兵庫県の居組まで何度か乗ったことがあるので、もう既に既知区間です。兵庫へ入るまでは一瞬たりとも未知の風景を見逃すまいと頑張ってきましたが、香住を過ぎた辺りで疲れが出たのか眠りに落ち、気付くと城崎温泉駅に到着していました。

■城崎温泉 14:43~福知山 16:15

kinosaki

城崎温泉からの停車駅は次の通り。
玄武洞(げんぶどう)→豊岡(とよおか)→国府(こくふ)→江原(えばら)→八鹿(ようか)→養父(やぶ)→和田山(わだやま)→梁瀬(やなせ)→上夜久野(かみやくの)→下夜久野(しもやくの)→上川口(かみかわぐち)→福知山(ふくちやま)。

城崎温泉から京都までは電化区間。松江あたりも電化されてはいましたが、18きっぷで乗れる普通列車の電車にはお目にかかれず、なんと九州・小倉~下関以来の正真正銘「電車」の旅の再開です。
それにしてもこの城崎駅発のデンシャは、特急で帰らない温泉客も相まっていつも混みます。この時の440M列車、2両編成の(多分)115系電車もそうでした。辛うじてドア横の2人掛けの席のオバさんの隣が空いていたので、座らせてもらいました。
何でも、神戸の三宮から一人で18きっぷで温泉に入りに来られたそう。陽気な方だったので楽しくお話させていただきましたが、阪神大震災に遭われたり、息子さんが離婚されたことなどもあっけらかんと話されるのでナゼか「女の人ってやっぱ強いなぁ」とか思いました。
さて、上夜久野からはついに僕の故郷、京都府です。
(つづく)

« 山陰本線完全制覇の旅 【14】  福知山~京都  〔京都府〕 山陰本線完全制覇の旅 【12】  米子~倉吉~鳥取  〔鳥取県〕 »

- Comments
4 Comments

今回の記事は中身満載でスゲーいい感じです。
香住の「カニ柱」痺れます。浜坂駅の「のれん」も最高。餘部・香住・城崎あたりはまだ訪れたことのないので、今年の冬にでも行かなきゃなりません(断言)。
こちらのブログ、ありがちな観光サイトよりよっぽど集客効果あるw

by shockatz | 10 25, 2008 - URLedit ]

「カニ」といい「暖簾」といい、あちらのセンスにはついていきづらいですなぁ。。

窓の開く車両は楽しいですね。
季節は限定されますが、それでも自然の風、その土地の空気を吸うコトができるのは良いことだと思うのです。
密閉して空調(エアコン)する方が効率は良いのでしょうが、効率一辺倒というのも味気ない・・・。

車内で隣り合わせる人との語らいも面白いものですね。
なかなか良い出会いがあったようで、なによりです。

山陰本線の旅、そろそろ終盤でしょうか。
次回の更新を楽しみにしていますよ~

by 二枚橋 | 10 26, 2008 - URLedit ]

どもども。

カメラ持ってたら、あのカニは見逃せませんなー(笑)
残念なことに関東には、そういう面白いのがないんですわ。

by まさとん | 10 27, 2008 - URLedit ]

>shockatzさん
当初の「シンプルに」という方針がどんどん崩れ、
ゴチャゴチャ書くようになって気が咎めてましたが
楽しんでいただけてたら幸いです。
まっとうな観光スポットも含めて(笑)見どころの多い地域なので、ぜひともお越しください。

>二枚橋さん
too muchな感覚がやっぱり「関西」なんでしょうかね(苦笑)。

車内の温度管理以外にも事故への配慮などもあるんでしょうけど、
やっぱり窓が開く、っていうのは生理的にも自然な感じがするし、
二枚橋さんの「その土地の空気を吸うコトができる」っていう考え方もイイですね。

>まさとんさん
やっぱり関東の方はクール?
逆に、大阪・道頓堀の有名なカニ料理店の巨大カニ模型看板で免疫があるせいか、
関西人はこのカニの手にはほとんど無反応というか(苦笑)

by Kyo-to | 10 27, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。