RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州デンシャ旅【5】 松本電鉄 新村駅での夢のひと時 〔長野県〕

12 07, 2008 | 松本電鉄

4 Comments
松本電鉄 新村駅

信州デンシャ旅の目的は松本電鉄だけではなかったので、
松本電鉄で過ごした時間はわずかだったのですが、
中でも新村(にいむら)駅での出来事は忘れられないものになりました。

駅長さんがとても気さくな方で、何と駅長室へ入れていただけたんです!
デンシャの旅が好き、というだけの鉄道歴2年(というのもおこがましい)の僕には大事件です。

新村駅の駅長さん

駅長室に入れていただきました!

新村駅 駅長室で

新村駅の松電5000系

古い駅舎が好きな僕は、この新村駅もその一つとして訪れてみただけだったのですが、
駅長室からふとのぞいているタブレット(通票)をカメラにおさめていたところ、
「撮れた?他にも中に入って撮ったらいいよ」と駅長さん自ら中へ招いてくださったのでした。

思いもよらなかった展開に舞い上がってしまい、夢中でシャッターを切るばかりで
今思えばもっと色々話を伺えば良かったと後悔しきりなのですが、それでも言葉の端々に
この大正生まれの駅舎や駅でのお仕事に誇りを持たれていることがひしひしと伝わってきて、
その歴史のほんの一瞬でも僕が関われた幸せをかみしめた夢のようなひと時となったのでした。

※確認もせず駅長さん・駅長室と呼んでいますが(誤りなら遠慮なくご指摘ください)、
仔細が異なったとしてもこの時感じたことは何ら変わるものではありません。

1枚目=新村駅の玄関(?)部分
2枚目=本当にありがとうございました駅長さん
3枚目=テキパキと業務をこなされるお姿
4枚目=こんな光景がずっと続くことを願わずにはいられません
5枚目=新村駅には車庫もあり、引退した5000系車両(元・東急5000系)も保存されていました

撮影日:11月22日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

タブレット
このタブレットが目に入ったんです。
今も使われているのか、お聞きするのを失念…。

硬券(厚紙の切符)がズラリ
硬券(厚紙の切符)が今も大活躍。僕も記念に入場券を購入しました。

大正10年開業当時の窓ガラスなのだそうです
大正10年築の新村駅舎。
「これと、これが開業当時のまま」と、待合室の窓ガラスを指差して駅長さんが教えてくださいました。
そのうちの1枚。タテに筋が入っているガラスです。

「5000系を縁側に」というイベント開催中でした
静態保存されている5000系、地元の方の活動で色々イベントなどに活用されているようです。
この日は「5000形電車を地域の縁側にしよう!!」というイベントが開催中でした。

5000系車内で遊ぶ親子
古いデンシャの中は、ホントに縁側のようにたくさんの親子が遊ぶやわらかい時間が流れていました。
(つづく)

« 信州デンシャ旅【6】 松本市内を小一時間歩く 〔長野県〕 信州デンシャ旅【4】 松本電鉄 上高地線 〔長野県〕 »

- Comments
4 Comments

うわっ、すごい!!!!
良かったですね、駅長室に入れてもらえるなんてっ!!
きっと滅多にあることじゃないですよ、それ。
私も入ってみたいなぁ(て私は鉄道趣味じゃないんでした。笑
でも鉄道とかよく分からない私でも入ってみたい場所ですよ。
素敵な被写体ですし。笑
旅、いよいよ行きたくなってきました。ぇ

そういえばKyo-toさんの鉄道趣味ってまだ2年だったんですね!!
うちの兄のヲタ歴の方が長いと思うと何だか複雑です。(何で
もっと長いかと思ってました。。
という私の写真なんて今年の春からなんですけどね~笑

by lunny | 12 08, 2008 - URL [ edit ]

いつかどこかでお願いして中を見せていただけたらな、
とは思ってたんでけど、あまりに急にあっさり入れてもらえたので
「ホンマにいいんですか!?え?ホンマですか?」
と何回も聞いてしまいました(笑)。

多分、僕は乗りテツという部類に入るんでしょうけど、
まだそれでも正確には2年「目」なんですよ(笑)。
分からないことばっかりなんですが、一応こうして公開している限りは
名称などできるだけ調べて誤りのないようにしたいとは思ってます。

かくいうlunnyさんの写真だって、数ヶ月のキャリアとは思えない上達ぶりですよ(笑)。

by Kyo-to | 12 09, 2008 - URLedit ]

松本電鉄も「博物館」ですね。
近頃ではICカードの普及で、切符すら使われなくなりつつあるというのに、今も硬券が使われているのですね。

松本なら日帰り圏だな・・・。

by 二枚橋 | 12 09, 2008 - URLedit ]

なんか今カブってますね二枚橋さんと(笑)。

そうなんですよ、古い駅舎が残ってても
無人の改札口にICカードリーダーだけはしっかり、
ってパターンも多くなってると感じるんですが、
やっぱり厚紙の切符っていいですね。
別にコレクションの趣味もないのに、
終点までの切符も無効印をもらって記念にいただきました。

by Kyo-to | 12 09, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。