RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南モノレール  〔神奈川県〕

02 19, 2009 | 湘南モノレール

2 Comments
smr1

08年12月23日、小田急・片瀬江ノ島駅に着いた僕は、徒歩で湘南モノレールの湘南江ノ島駅へ。
「何がしたいねん…」って感じですが(苦笑)、要するに藤沢から18きっぷで京都へまっすぐ帰るのが惜しくて、
ちょっと寄り道です。

smr2

smr3

smr4

smr5

湘南モノレールは湘南江ノ島駅~大船駅を結ぶ6.6km、駅数8のモノレールの路線。
関西にはモノレールは大阪にしかなく、しかも懸垂式と呼ばれる
車両がぶら下がってるタイプのものに乗るのは初めてなので結構ワクワクでした。
でも、もっと色んな写真を撮りたかったのに途中から車内は満員で写真どころではなく、
あっという間に大船に着いてしまったのは残念でした…。

1枚目=何かすごく昭和なデザインのモノレール。好みです。
2枚目=湘南モノレール、湘南江の島駅。ビルの4階が切符売り場、5階がホームです。
 ちなみに江ノ電・江ノ島駅と目と鼻の先の距離です。
3枚目=駅のホームで。
4枚目=単線なので、駅で上り下りの行き違いがあります。
5枚目=大船駅到着。JRへの乗り換え時間が数分だったので、とりあえず撮っただけの写真(泣)。

撮影日:08年12月23日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« トラブル… 小田急電鉄 片瀬江ノ島駅  〔神奈川県〕 »

- Comments
2 Comments

自慢ではないですが私は「湘南ボーイ」の為、超「地元チック」な路線で、私のブログでも紹介してます。乗っていてもかなりの迫力ですが、列車の外からでもものすごくダイナミックです。ほぼ、旧・京浜急行専用道路の上を走ってますが「西鎌倉」ではスーパーマーケットの真上に駅があり、買い物帰りに見上げたら・・・迫力満点です!
湘南深沢では本社と車庫がありますが、かつてはスーパーマーケット「マルエツ」が入居、確か最上階にはボウリング場が併設されてます。その昔、私はこの辺りに勤務していた事があり、仕事帰りによくボウリングをしたりしてました。
もし再訪の際は、是非「外観」から撮影する事をお勧めいたしますよ。きっとダイナミックな絵になる事でしょう。

by ダイヤモンド☆トナカイ | 11 10, 2013 - URLedit ]

★ダイヤモンド☆トナカイさん

こんばんは。
いや、「湘南ボーイ」て(笑)
でもこんな過去の記事までご覧いただいてありがとうございます。

そうですか、湘南モノレール沿線の方だったんですねダイヤモンド☆トナカイさん。
湘南モノレールは江ノ電訪問の帰りにただ乗り通しただけだったので
ぜひ再訪したいと思いつつも、もう3年も経ってしまってました(泣)。

「デンシャ」を外から撮影する趣味のない僕も、
湘南モノレールはぜひそうしてみたいと思える被写体の一つです。
地元の方ならではの視点まで教えていただいて、なお一層その思いが強まりました!

by Kyo-to | 11 11, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。