FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

九州デンシャ旅 【9】  JR若松線 若松駅  〔福岡県〕

04 07, 2009 | デンシャ旅 -九州(JR)

6 Comments
9states-50

九州デンシャ旅、第9回。
折尾駅から北東へ10kmばかり伸びている盲腸線、
JR若松線(筑豊本線の一部)が気になったので、乗ってみることにしました。

wakamatsu-map

9states-51

9states-52

9states-53

9states-54

1枚目=若松駅のホームで、乗ってきたデンシャ(電化されてないので気動車ですが)を見送ります。
2枚目=何だか70年代テイストの若松駅エントランス。
3枚目=駅の東側は公園というか広い敷地が残っていて、その一角に
 かつてこの路線で活躍していたらしいSLが保存されて静かにたたずんでいました。
4枚目=SLの側に操車場跡の碑。
 筑豊炭の輸送が盛んな頃に日本一の貨物取扱駅操車場があった、と記されていました。
5枚目=駅からすぐのところに若松港。赤い大きな若戸大橋のたもとに、レトロな建物があったりして
 いつかゆっくり訪ねてみたい場所でした。

撮影日:1月24日
カメラ:Nikon D700
レンズ: Ai AF Nikkor 35mm F2D
     TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD (1、5枚目)
イラストマップ:Corel Painter9.5 + wacom Intuos2 で作成
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
※この若松が、以前からお世話になっている へから夫人さんの故郷と
コメントでうかがったので写真を追加しました。

w1
JR若松駅全景

w2
若松駅改札口

w3
若松港と若戸大橋

w4
駅の北東へちょっと足を伸ばしてみました

w5
上の写真のホテルの先にあるアーケード商店街

« 九州デンシャ旅 【10】  雪の筑豊電鉄  〔福岡県〕 九州デンシャ旅 【8】  折尾駅 6・7番のりば  〔福岡県〕 »

6 Comments

九州デンシャ旅もいいですね。
実はKyo-toさんは妻の両親の実家の最寄り駅を通過しておりまして、
私もその駅止まりで先に行ったことがないので興味深く拝見しています。
人との交流あり、趣き深い駅あり、
いつものようにバーチャル旅行?を愉しませていただいております。

久々にKyo-toさんのイラストも拝見できて一粒で二度美味しい気分です。

by pltr0 | 04 07, 2009 - URLedit ]

レスが遅くなってすいませんでした。
大して変化もない、私的な旅のアルバムのようなモノを見に来てくださってる方々へ、
少しでも楽しんでもらえたらと路線図をイラストにしてみたんですが、いかがでしょうか。

その昔は大陸との交流拠点でもあったためか、
色んなものが ごった煮のように混ざり合っているようで、
でもそれぞれが自然に存在してるような余裕もあって
北九州は何だか居心地のいい場所だと僕は思います。

by Kyo-to | 04 10, 2009 - URLedit ]

まぎれもなく、わが故郷若松です。
あの赤い若戸大橋は、「ああ、故郷へ帰ってきた」と、京都人の京都タワーの様な感覚を想起させるものなんです。

橋の下には、渡船があり、私がまだ若松に住んでいた頃(15年くらい前)の運賃は
大人で片道20円でした。
今は50円くらいに値上げしています。
(30円の値上げだけど、倍以上ですよ!)

橋の下のレトロな建物は、たしか大正時代のものだったと思うのですが、
映画などに登場したこともあります。

今はすっかり寂れている若松も、昔は「若松の駅長」といえば、出世頭だったそうで、
明治かそのくらいの時代には、炭鉱の町として、八幡に新日本製鉄所が出来てからは、機械の町として、大そう栄えていたそうです。
うちの父親なんかは、まさに、機械の町として栄えていたころ、若松に出てきた世代です。

若松駅の裏の駐車場は、一日車とめても400円らしく、1時間600円という京都市内中心部からは想像もできない安さですよね。

今は、たまに帰省しても、なんか街を歩いているのが、おじいちゃんおばあちゃんばかりだったり・・・。
高齢化の波です。
私の、兄、姉夫婦、そして両親は今もこの若松で元気に暮らしていますが。

若松駅の「東筑軒」の“かしわめし”は、お勧めでしたが・・・。

「言うの遅いわ~!!」よね。
(後で「折尾」の分を読んで、東筑軒のかしわめしもご賞味されたそうで、安心(?)しました)


なんか、仕事で疲れて元気のない夜でしたが、この写真でいっきに元気が出てきた感じです。

本当にありがとうございます。(^-^)Kyo-toさん。

by へから夫人 | 04 10, 2009 - URL [ edit ]

お返事が遅くなってすいませんでした。
思いのほか喜んでいただけたようで
行ってみた甲斐がありました(笑)。

僕はいつも下調べせずに旅に出るし、
知識があったとしてもお住まい(だった)の方の
思い入れなどには及ぶべきもない表面的なものでしょうから
やはりこういう話はホントに面白いです。
こちらこそありがとうございました。

感謝と、若松という街に敬意を込めて
写真を追加してみました。

by Kyo-to | 04 14, 2009 - URLedit ]

写真の追加、ありがとうございます。
涙チョチョ切れそうです。

本町とか明治町とかの商店街ですが「銀天街」と名前が付いているんです。
旦那が「銀天街って・・・。人、全然おらんやのに、銀天街!?」と
突っ込んでました。


私が子供のころまでは、結構居たんですけどね。人。

この本町にある「金豊堂」というお店に、よくCDを買いに行きました。
お店のおっちゃんと仲良くなって、ポスターもらったり・・・。

私の心を高校生時代まで戻してくれる写真たちでした。

ルートインは、最近できたホテルです。
なんか、周りにマッチせず、新しいでしょ。(笑)

「誰が泊まるんやろうなぁ。」と、この前帰省した時思わず突っ込んでしまいましたが。

by へから夫人 | 04 14, 2009 - URL [ edit ]

早速見に来ていただいて感謝!です。

確かに商店街、人影はまばら(雪の日だったのもあります)でしたが、
少なくともアーケードの方はシャッター通りじゃなかったのが
僕は救われた感じがしましたよ。
「町のレコード屋さん」的エピソードも微笑ましくてイイですね。

折尾駅を密着取材(?)するなら
若松のルートインでよかったやん!
と、僕なんかはこの時地団駄踏んだんですけど(笑)。

by Kyo-to | 04 15, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)