RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州デンシャ旅 【12】  九州鉄道記念館  〔福岡県〕

04 15, 2009 | デンシャ旅 -九州(JR)

5 Comments
9states-68

九州デンシャ旅、第12回。
旅の2日目、計画にはなかったのですがJR門司港駅から歩いて数分のところにある
九州鉄道記念館へ寄ってみることにしました。

1枚目の車両の窓に映るレンガ造りの建物。
それが下の写真、九州鉄道記念館の本館です。
9states-69
元は明治21(1888)年に九州最初の鉄道会社として設立された「九州鉄道会社」の本社屋だそう。

9states-70
1枚目の写真は車両展示場に保存されている、この国鉄キハ07 41号の側面。1937年生まれです。

9states-71
キハ07 41の運転台。車内には自由に出入りできます。

9states-72
キハ07 41の車内。案外広く感じるのは座席が小さいから?これに揺られて旅してみたかったです…。

9states-73
車内の窓枠部分。木の使い込まれた感じがたまりません。
樹脂やアルミじゃただ汚れるだけでこんな「味」が出ませんよねやっぱり。いいなぁ…。

9states-74
4枚目の運転台からチラっと見えていたのは国鉄クハ481 603号。
特急「にちりん」や「かもめ」「有明」として活躍したそうです。これも乗ってみたかった…。

9states-75
SLも何両か保存されてますが、国鉄時代のデンシャと比べて「わぁ!」という感じがなく
「動輪デケぇ」とかそんなピンポイントな反応しかできなくなってる自分がいます(苦笑)。

9states-76
本館の中は、鉄道黄金時代の資料が多数展示されていました。

9states-77
本館の館内。手前の明治時代の客車やショップ、カフェなどもあり結構楽しめます。
入館時に確認しましたが、特別企画展示ブース以外は撮影可能でした。

【開館時間】
9:00~17:00(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
第二水曜日(但し、8月は除く) 7月は第二水・木曜日
【観覧料】
大人:300円 中学生以下:150円 4歳未満は無料

撮影日:1月25日
カメラ:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

他にもいろんな車両が展示されてました。SLや電気機関車以外は基本的に車内にも入れます。

9states-78
寝台電車特急「月光」 クハネ 581 8号

9states-79
電気機関車 ED72 1号機

9states-80
関門トンネル専用機として活躍したEF10 35号機

9states-81
はるばる東北の米坂線からやってきたという9600型、59634号機

9states-82
本館の館内に展示されているヘッドマーク群

9states-83
本館の窓から望む、JR門司港駅

« 九州デンシャ旅 【13】  平成筑豊鉄道 油須原駅  〔福岡県〕 九州デンシャ旅 【11】  JR門司港駅  〔福岡県〕 »

- Comments
5 Comments

木枠が飴色になるまで車両や煉瓦の建物内って、長い間佇んでいたくなる安心感がありますよね。
地方に行くと昔使われていた煉瓦造りの地方銀行が資料館となっていたりして、そんななかに昼間ひとりでいると時間がたつのを忘れてしまうことがあります。

by かっちん | 04 16, 2009 - URLedit ]

かっちんさん、コメントありがとうございます!
いやー、まったく同感です。
年を重ねるごとに木や煉瓦の温もりみたいなものに
細胞レベルで歓びを感じている自分がいます(笑)。

開館直後で他に誰もいなかったので、
ホントにいつまでも佇んでしまいそうでヤバかったです。

by Kyo-to | 04 17, 2009 - URLedit ]

こんなスポットが北九州に会ったことを知りませんでした。

ささやかな反省と、少しばかり大きな驚き・・・。です。


なんか、「月光」で、月光仮面を思いだしたんですけど、
ちょうどそのくらいの時代に活躍してそうだな。
なんて・・・・。

by へから夫人 | 04 19, 2009 - URL [ edit ]

クハネ581「月光」・・・。
これの側面方向幕の文字がオリジナルとは違(以下略

キハ07も車内に入れるんですね。
これは確か運転席にクラッチペダルがあったと思うのですが、ご覧になりました?

by 二枚橋 | 04 20, 2009 - URLedit ]

お返事が遅くなってすいませんでした。

>へから夫人さん
「門司港行くんか。なんもないばい」と
おっしゃられる方もおられるようですが(笑)、
門司港レトロ、結構楽しめますよ。
お子さん向けのアトラクションもあるので
鉄道記念館、オススメします。

「月光→月光仮面」…そのまんま過ぎますがな(笑)

>二枚橋さん
側面方向幕「博多⇔新大阪』って一応写真も撮ってましたが
改めて見返すとフォントとかそういえば昭和っぽくないですね(笑)。
何でご存知なんですか!?

すいません、キハ07のクラッチペダルまでは…。
僕の場合やはりディテールへの興味はせいぜい客席近辺止まりです(泣)。

by Kyo-to | 04 22, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。