RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下電廃線跡の旅【6】  琴海駅跡  〔岡山県〕

05 08, 2009 | 下津井電鉄 廃線跡

5 Comments
shimotsui-30
Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

下電=下津井電鉄の廃線跡をたどる旅、第6回。
瀬戸内の海を見晴らす素晴らしいロケーションの琴海(きんかい)駅跡です。

shimotsui-31
Ai AF Nikkor 35mm F2D

shimotsui-32
Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

shimotsui-33
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

shimotsui-34
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

1枚目=現存する琴海駅ホームと、廃線跡が風の道として整備されてから建てられた駅名看板。
2枚目=瀬戸内海と漁村が見下ろせます。
3枚目=列車の行き違いのあった駅で、乗客は交換待ちの停車中に海を眺めるのを楽しみにした、
 と「レールのあった街」は伝えています。
4枚目=下津井電鉄は「ナローゲージ」という、一般の鉄道より線路の幅の狭い鉄道だったので
 廃線跡も信じられないぐらい細いのですが、こうして見ると線路はなくなっても
 あのカーブを曲がってデンシャがホームへ滑り込んで来そうな気がしてきます。
5枚目=風の道を散歩中だった地元のおじいさん。下電が栄えていた頃のお話などして下さいました。

shimoden-map2
(クリックで拡大)

撮影日:3月7日
カメラ:Nikon D700
イラストマップ:Corel Painter9.5 + wacom Intuos2 で作成
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 下電廃線跡の旅【7】  鷲羽山駅跡  〔岡山県〕 下電廃線跡の旅【5】  児島~備前赤崎~阿津  〔岡山県〕 »

- Comments
5 Comments

廃線跡をたどる、という発想すらない私には新鮮な旅です。
確かに四枚目の写真は、電車が滑り込んでくるイメージが浮かびます。
歴史や物語を知ると、いまは無いものでも
写真を見て有るようにイメージできるのは、とても面白いですね。

ところで、24mmF2.8Dは前からお持ちでしたでしょうか。
このレンズに興味を持っているので、これからも写真を期待しております!

by pltr0 | 05 08, 2009 - URLedit ]

ああ、下津井電鉄の跡地は遊歩道になっているんですね。。
残されている架線柱が良い味を出していますね。

メリーベル号の投入など、営業努力もかなりしていた会社でしたが・・・。
今ひとつ「観光鉄道」になりきれなかったようです。。

by 二枚橋 | 05 08, 2009 - URLedit ]

>pltr0さん
今回は廃線跡めぐりなどというさらにマニアックな旅に
お付き合いありがとうございます(笑)。
でも本筋の方からすれば、これほど整備されて
分かりやすい廃線跡など廃線跡めぐりの範疇でないようですが…。

24mmF2.8Dは、この旅(3/7)の直前に手にしました。
買う前にネットで調べた通り、絞り開放から周辺光量落ちは激しいし、
被写界深度が深い感じでボケを活かす画づくりに向いてない気がしますが
フツーによく写ると思うので僕なんかには十分で(苦笑)、
スペースのない場所で駅全景を収めたりするのに重宝しています。

>二枚橋さん
そうなんです、下電の廃線跡は特にこの91年廃止区間は架線柱付の
ノスタルジックで分かりやすく整備された良い道になっていました。
地元の方やサイクリングの方々が大勢利用されてて
「生きてる」感じもよかったです。

観光鉄道云々もあるとは思うんですが、
やはり瀬戸大橋の開通がすべて、だったような気がします…。

by Kyo-to | 05 09, 2009 - URLedit ]

風の道、海を見下ろしながら自転車なんかで走ると、気持ちいでしょうね。

なんか、ジブリの作品とかに出てきそうな風景です。

そして、登場する地元のおじさん。

たまりませんね。

by へから夫人 | 05 28, 2009 - URL [ edit ]

風の道、割とアップダウンの激しい道ですけど
確かに自転車で走ると気持ち良さそうですし、
実際にサイクリングをされてる方も多く見受けられましたよ。

土地の言葉で話される地元の方と過ごす時間は
ホントに楽しいひとときです。

by Kyo-to | 05 29, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。