FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

下電廃線跡の旅【8】  東下津井駅、そして終点・下津井駅  〔岡山県〕

05 11, 2009 | 下津井電鉄 廃線跡

6 Comments
shimotsui-41
Ai AF Nikkor 35mm F2D

茶屋町からたどってきた下電=下津井電鉄の廃線跡をめぐる旅もいよいよ終わり。
東下津井を経て、終点・下津井駅跡に到着です。

shimotsui-42
Ai AF Nikkor 35mm F2D

shimotsui-43
Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

shimotsui-44
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

shimotsui-45
Ai AF Nikkor 35mm F2D

1枚目=東下津井駅跡。
2枚目=「風の道」として整備されながらも現存するホームの中で、
 この東下津井駅のものが最も土に還ろうとしているホームでした。
3枚目=瀬戸大橋越しに見る終点・下津井の町。
4枚目=旅の最後は、僕にとっては衝撃的な光景が待ち受けていました。
 2000年放送の「レールのあった街」では、フェンスに囲まれながらも残っていた下津井駅の駅舎が、
 土台(写真左手の白い部分)以外は跡形もなくなってしまっていました…。
5枚目=ホーム跡で朽ちていた水道の蛇口。

shimotsui-46

そして、この写真は85年に父が撮った下津井駅です。
鉄道ファンでも何でもない父が一人で撮りにくるハズもないので、
24年前、家族旅行で連れられた僕も間違いなくここに立っていたのです。

しかし24年の歳月はあまりにも長すぎました。
いくら当時は鉄道に興味がなかったとはいえ、現地の空気に触れれば何か思い出すだろう
という目論見はあっさり崩れ去り、あまりにも何も覚えてないことに愕然としたまま、
ハッキリとした証拠写真はあるのに何もなくなってしまった終点・下津井駅跡で
僕は立ち尽くすしかありませんでした。

撮影日(6枚目除く):3月7日
カメラ:Nikon D700
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 下電廃線跡の旅【最終回】  下津井駅車庫跡の奇跡  〔岡山県〕 下電廃線跡の旅【7】  鷲羽山駅跡  〔岡山県〕 »

6 Comments

Kyo-toさん、こんばんは。
お父様が撮影された下津井駅の写真、貴重ですね。
下津井駅がなくなった写真は本当に衝撃的です。
どこかに移築されているといいのですが・・・。

by りえてつ | 05 11, 2009 - URLedit ]

オジャマ致しま~ッす!!
  {^盃^}/

それにしても下電の廃線跡、
レールも枕木も全く無いようで
完全に「鉄道の沿線」とは別の風景に
生まれ変わってしまった様子ですねぇ。。。
  /{゜驚゜;}.....

さすがにこれだけガラッと変わってしまうと
記憶を掘り起こせないのも
無理ないのでは…???
  /{´й`;}

幼少の頃の記憶が薄れた…ということは、
逆にそれだけKyo-toさんの
「今、現在」が充実しとる証なのかも
しれませんよォ~ッ!
  {^希^}/ ~ ★

by 風来坊 | 05 11, 2009 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 05 11, 2009 - [ edit ]

>りえてつさん
いつもありがとうございます。
下津井駅の駅舎、下津井みなと電車保存会さんの活動記録によると、
残念ながら解体されてしまったようです…。
http://shimoden.fc2web.com/hozon/ekisya/index.htm
ちゃんと下調べしていけば、ショックも少なかったんですが(泣)。

>風来坊さん
コメントはご無沙汰してますけど、いつもパワフルな活動記録、
楽しみに拝見させてもらってますよ。

風来坊さんの温かいお言葉に今回の旅のショックも
少しは和らいだ気にさせていただきましたが、
デンシャ旅で色んな土地の風土に触れて充実してるのは確かなのですが、
早くもボケがはじまってるんじゃないかと密かに憂いているのも事実です(苦笑)。

>鍵コメさん
わざわざご連絡ありがとうございます。ちょっと残念な気もしますが了解しました。
また拝見にうかがいます。

by Kyo-to | 05 12, 2009 - URLedit ]

すごい結末でしたね。
9年前には確かにあったものまでなくなっている。

さみしい結末ですが、それなりの感動があったのでは?と思います。

こんな結末だっただけに、インパクトも大きいですね。

by へから夫人 | 05 28, 2009 - URL [ edit ]

探偵ナイトスクープだったらどうオチをつけるかな(笑)、
ってぐらいホントにショッキングな結末でした。
諸行無常を身に染みて感じた瞬間でしたね。

by Kyo-to | 05 29, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)