FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

山陽デンシャ旅 #4  原爆ドーム Atomic Bomb Dome 〔広島県〕

05 27, 2009 | デンシャ旅 -中国(JR)

9 Comments
sanyou16

まさかこんなタイミングで原爆ドームの写真を載せることになってしまうなんて。

sanyou17

sanyou18

sanyou19

この『ヒロシマ』の象徴に、「僕らは未だに愚かなままです」としか言えません。

sanyou20
奥に架かる橋は、原爆投下目標にされた相生橋。

撮影日:3月20日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 山陽デンシャ旅 #5  広島電鉄の旧京都市電  〔広島県〕 山陽デンシャ旅 #3  JR可部線  〔広島県〕 »

9 Comments

まるで影絵のように空の色が美しい写真ですね。
年々風化が進んできて昼間見るととても痛々しい原爆ドーム
原爆時計も昨日リセットされてしまいましたね。
人間ってほんとうに...どうしたらわかるんでしょう。

広島には5年住んでいました。
こちらへも学校行事の付き添いで行ったり、いろいろ想い出がございます。

by ゆみるん | 05 27, 2009 - URL [ edit ]

これほどまでに心を打つ原爆ドームの写真を観たことはありません!
特に一枚目は、北の指導者に見せ付けたいくらいです。何も変わらないでしょうけど、、、

by ステファン@Art Of Life | 05 27, 2009 - URLedit ]

初めて広島に行って(実は民生のコンサートだったのですが)
原爆ドームの佇まいに圧倒されました。
ただ建っているだけなのに、明らかにただの廃墟ではない。
何とも言えない、神妙な気持ちで祈らずにはいられませんでした。

そして、一枚目の写真は、まさにKyo-toさんの祈りが形になった一枚なのだと思いました。

by pltr0 | 05 27, 2009 - URLedit ]

皆様もおっしゃってますが
1枚目の写真・・・・・・衝撃的ですね。

もう、どうしたらこんなシーンに出会えるんだろうと思うような空の色にシルエットのドーム。
この写真が1枚目にきて・・・
そして2枚目、3枚目へとクローズアップされていくkyo-toさんの演出に思わず唸ってしまいました。

少ない言葉のなかに、少ない言葉だからこそ、思わず立ち止まり考えてしまう、そして祈らずにはいられない。。。今日はそんな気持ちになりました。





by halfmoon | 05 27, 2009 - URLedit ]

>ゆみるんさん
原爆ドームが朽ちるか、人が滅びるかどちらが先?
なんて考えてしまう状況はホントに変りませんね…。
胸を張って原爆ドームと向き合える日は
果たして来るのでしょうか。

それにしても広島は本当に、訪れる度に懐に深く何かを残してくれる
素敵な街だと思います。

>ステファンさん
ステファンさんにそこまでおっしゃっていただけるなんて
信じられないぐらい嬉しいです!

そして正に、ステファンさんらしいRockな精神。
ただ、僕も かの国の愚かな独裁者へ
怒りをぶつけたい気持ちは同じなんですが、
一国の問題で片付けようとしても、この世界の
無数の核兵器の存在を前にただ愕然とするばかりで…。

>pltr0さん
ホントにおっしゃる通りで、原爆ドームを前にすると
祈らずにはいられなくなる、どうしても素通りなんてできないような
圧倒的な存在感がありますね。

1枚目は、最初はドームのシルエットのみに
注目して撮影にのぞんだのですが、
ファインダーをのぞいた時に枯れた樹木が
まるでこの世界にヒビが入ったというか、
ドーム自体から怒りの触手が伸びたようにも見えて
ちょっと怖いような気持ちでシャッターを切ったのを覚えています。

>halfmoonさん
1枚目、実は空の色は少し大げさに色を調整してしまってるんです。
でも撮影時の僕の心象風景みたいな感じで受け取っていただけたら幸いですが、
それも含めて、halfmoonさんのおっしゃるように
確かに言葉を極力排してはいますが写真数枚を使って
「演出」してしまってます。

もし見てくださった方の心に何か喚起されるものを感じていただけたなら
それでもただ漫然と写真を並べるよりはよかったかな、とは思うものの
大事だと思えることをもっと自然に表現できるようになれれば、と思います。

by Kyo-to | 05 28, 2009 - URLedit ]

このシリーズを、どうも見逃しているようだと、
今さらパラパラとページをめくっている気分なのですが・・。

1枚目の写真

これは、素晴らしいです。


バックの空の色のグラデーションの美しさもさることながら、
シルエットで浮かびあがる樹木と原爆ドームが醸し出す雰囲気が、なんとも・・・・。

ホラーです。


これは、かなり印象に残りますね。

by へから夫人 | 06 09, 2009 - URL [ edit ]

褒めていただけて嬉しいし受け取り方は自由ですが、
原爆ドームをまさか「ホラー」に仕立てる意図は
僕にはまったくなかったし
面白半分であんな風に撮影したワケじゃないので
そんな風に見えてしまうんだとしたら非常に残念でなりません…。

by Kyo-to | 06 10, 2009 - URLedit ]

「ホラー」=恐怖感を煽って楽しむために撮られたもの

ということなんで言葉を誤りました。
本当に申し訳ありません。


しかしながら1枚目の写真、こちらに迫ってくる何かがある写真で、
その「迫ってくるもの」が「怖い」と受け取ってしまった私でした。

畏敬の念
大地の怒り
人類への警告・・・・というか・・・。

なんか、怖いんです。美しいからなおさらに。

すみません・・・。

素晴らしい写真だと思いつつ、言葉でうまく表現できなくて。

by へから夫人 | 06 10, 2009 - URL [ edit ]

いや、原爆ドームを単にモニュメントとして被写体にしたワケじゃなく、
2年前に原爆資料館も訪れて原爆の悲惨さを学んだ、
という身勝手な自負もあって、「原爆ドームをホラーだなんて」と
正直 落胆してしまったんですが、
自分の意図どおりに写真を見てもらえるとは限らない、
という当たり前のことに気付かされた
貴重な経験をさせていただきました。
おっしゃることは十分に伝わりましたのでもう気になさらないで下さい。

by Kyo-to | 06 11, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)