FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

西日本パスの旅 2日目 #11 JR久大本線の旅の終わり  〔大分県〕

08 27, 2009 | デンシャ旅 -九州(JR)

4 Comments
JRの企画切符「西日本パス」での九州の旅2日目、第11回。
久大本線最後の寄り道は、湯平(ゆのひら)駅。
そして終点・大分で久大本線の旅が終わります。

n-pass117
湯平駅、由布院方面のホームで。
シールが剥がれかかってますが「縁結びのベンチ」と書かれています。
その由来は、というと。

n-pass118
この駅と湯平温泉街でロケが行われた昭和57(1982)年の映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で
実際に撮影に使用されたベンチで、この作品での共演をきっかけに沢田研二さんと田中裕子さんが
結婚されたことにちなんだものだそうです。

n-pass119
そんなワケで、このホームには「寅さん思い出の待合所」があり、撮影時の写真の展示や
記帳ノートが置かれてたりします。
…とかいっても、僕は寅さんシリーズは1作たりとも観たことがないのですが(苦笑)。

n-pass120
湯平駅から、久大本線の旅最後のデンシャに乗り込みます。
普通列車で、しかも座席が空いてなくて大分まで立ちんぼの冴えない終わり方でしたが(泣)。

n-pass121
さようなら久大本線。ホントに車窓の緑が美しい路線でした。

n-pass122
大分駅に近づくと、線路は高架に。

n-pass123
大分到着。日豊(にっぽう)本線、久大本線、それに豊肥(ほうひ)本線の駅ですが、
この高架のホームは久大/豊肥本線専用みたいでした。

次回、ようやく最終回。


撮影日:6月28日
カメラ:Nikon D700 + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ いつもありがとうございます

« 西日本パスの旅 2日目 #END  旅の終わり  〔大分県~京都府〕 西日本パスの旅 2日目 #10  JR久大本線 豊後中村駅と特急「ゆふ」  〔大分県〕 »

4 Comments

おはようございま~す
寅さんゆかりの撮影地なんですね^^
男はつらいよはいいですよ^^
日本全国の少し錆びれた懐かしい感じの場所が登場して今では廃墟になった場所も出てますからね。
ノスタルジーと郷愁に浸りたいならいい作品ですね^^
ぽち!

by sakura | 08 27, 2009 - URLedit ]

じゃあ、ローカル線や古い駅舎好きの、
ノスタルジーと郷愁という言葉に弱い僕には
うってつけの映画なんですね寅さんって(笑)。

京都が舞台の作品なんかもあるみたいですし、
今はもう見られない風景と出会えるいい機会かもしれませんね。
この湯平温泉街の当時の様子も見てみたいし、
今度、寅さんシリーズに挑戦してみることにします。

by Kyo-to | 08 28, 2009 - URLedit ]

あ、デザインが変わっている!!!
今更気づいてごめんなさいね。
相変わらずまとめて閲覧しにくるワタシです。

寅さんゆかりの地がこんな所にも!
てか寅さん見た事ないんだ・・・?

・・・実はワタシもないですが・・・

こないだ友達に怒られた。
地元なのに信じられない、と。

た、確かに。

大分駅に近づくと、車窓からの眺めが随分ガラっと変わるのだね。

by Mika | 09 04, 2009 - URL [ edit ]

ぜひとも「まめに」閲覧しにきていただきたいものですが(笑)、
ともかく、どうでしょう班が全国津々浦々に
足跡を残したように、寅さんもこんな所にまで
人の情けを置いて行かれたのですよ。

今こそ我々もそれに報いるべき時が来たのではないでしょうか!
(要するにお互い いい加減、寅さんシリーズを見ようということです)

by Kyo-to | 09 05, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)